92件中 41 - 50件表示
  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見たゴーストワールド

    幼い頃から演劇教室(リーストラスバーグ・シアターインスティテュート・フォー・ヤングピープル)に通い、8歳のときにオフ・ブロードウェイの舞台『Sophistry』でデビュー。1994年に『ノース 小さな旅人』で映画デビュー。『のら猫の日記』でインディペンデント・スピリット賞主演女優賞にノミネート、『ゴーストワールド』でトロント映画評論家協会の助演女優賞を受賞し、注目を集めた。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見たブラック・ダリア (映画)

    2006年にはトム・クルーズ主演の『M:i:III』にも出演する予定であったが、製作の遅れに伴い降板。一説ではクルーズにサイエントロジー入信を迫られたためとも報道された(ちなみにスカーレットが演じる予定だった役にはケリー・ラッセルが起用された)。また、同年公開された『ブラック・ダリア』では批評家からミスキャストと評された。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見たレイ・マイ・ヘッド

    2008年5月20日にトム・ウェイツの楽曲10曲をカバーしたアルバム『レイ・マイ・ヘッド』で歌手デビューした。同アルバムはデヴィッド・ボウイもボーカルで参加している。アメリカのビルボードチャートでは初登場126位、イギリスのアルバムチャートでは初登場63位を記録。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見たインディペンデント・スピリット賞

    幼い頃から演劇教室(リーストラスバーグ・シアターインスティテュート・フォー・ヤングピープル)に通い、8歳のときにオフ・ブロードウェイの舞台『Sophistry』でデビュー。1994年に『ノース 小さな旅人』で映画デビュー。『のら猫の日記』でインディペンデント・スピリット賞主演女優賞にノミネート、『ゴーストワールド』でトロント映画評論家協会の助演女優賞を受賞し、注目を集めた。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見たキャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

    2012年、『アベンジャーズ』にブラック・ウィドウ役で出演し、世界各国の興行収入を塗り替える大ヒットとなった。続く『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』にも同役で出場。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見た無神論者

    スカーレット自身はユダヤ人だが、無神論者である。受賞時に神に感謝することは考えられないと発言している。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見たロスト・イン・トランスレーション

    2003年公開の『ロスト・イン・トランスレーション』、『真珠の耳飾りの少女』での演技が高く評価され、この年のヴェネツィア国際映画祭ブレイク女優賞やロサンゼルス映画批評家協会賞ニュー・ジェネレーション賞を受賞、英国アカデミー賞では両作品で主演女優賞のダブル候補となり、前者の作品で共演のビル・マーレイとともに受賞。ゴールデングローブ賞においても前者の作品でミュージカル・コメディ部門に、後者の作品でドラマ部門の候補となった。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見たアイオワ州

    民主党支持者である。2004年の大統領選挙ではジョン・ケリー候補を支持した。2008年の大統領選挙ではバラック・オバマ候補を支持しており、2008年1月2日にアイオワ州にてオバマ候補の推進運動を行った。また、ウィル・アイ・アムがオバマ候補を応援する歌「Yes We Can」のミュージック・ビデオに出演した。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見たアイランド (2005年の映画)

    2005年には『アイランド』で初のサマーシーズンの大作映画でユアン・マクレガーと共に主演を務めるが、作品は興行的に奮わず失敗作となり、フィルムメーカーから失敗の責任を押し付けられてしまった。一方、同年公開の低予算で作られたウディ・アレン監督作の『マッチポイント』ではゴールデングローブ賞 助演女優賞の候補となった。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見た風と共に去りぬ

    米国のニューヨーク州ニューヨークで双子の姉として生まれた。名前の由来は『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラ。父親はデンマーク系の建築家、母親はアシュケナジム・ユダヤ系の映画製作者。両親の出会いの地はデンマークで、自身もデンマーク国籍を有している。13歳の時に両親は離婚、ニューヨークとロサンゼルスを行き来する生活をしていた。2002年にプロフェッショナル・チルドレン・スクールを卒業。姉(ヴァネッサ)と双子の弟(ハンター)も俳優をしている 。他に兄弟は兄(エイドリアン)と異母弟(クリスチャン)がいる。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

92件中 41 - 50件表示

「スカーレット・ヨハンソン」のニューストピックワード