92件中 81 - 90件表示
  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見た東ヨーロッパ

    ニューヨークでデンマーク系の父と東欧系ユダヤ人移民の母との間に生まれた。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見たニューヨーク

    米国のニューヨーク州ニューヨークで双子の姉として生まれた。名前の由来は『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラ。父親はデンマーク系の建築家、母親はアシュケナジム・ユダヤ系の映画製作者。両親の出会いの地はデンマークで、自身もデンマーク国籍を有している。13歳の時に両親は離婚、ニューヨークとロサンゼルスを行き来する生活をしていた。2002年にプロフェッショナル・チルドレン・スクールを卒業。姉(ヴァネッサ)と双子の弟(ハンター)も俳優をしている 。他に兄弟は兄(エイドリアン)と異母弟(クリスチャン)がいる。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見た英国アカデミー賞

    2003年公開の『ロスト・イン・トランスレーション』、『真珠の耳飾りの少女』での演技が高く評価され、この年のヴェネツィア国際映画祭ブレイク女優賞やロサンゼルス映画批評家協会賞ニュー・ジェネレーション賞を受賞、英国アカデミー賞では両作品で主演女優賞のダブル候補となり、前者の作品で共演のビル・マーレイとともに受賞。ゴールデングローブ賞においても前者の作品でミュージカル・コメディ部門に、後者の作品でドラマ部門の候補となった。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見たデンマーク人

    スカーレット・イングリッド・ヨハンソン(Scarlett Ingrid Johansson、1984年11月22日 - )は、アメリカ合衆国の女優、歌手。身長160cm。左利き。日本で多く見られる「ヨハンソン」という表記は父方のデンマーク系の読み方である。他の表記としては「ジョハンソン」、「ジョハンスン」などがある。アメリカでは〔〕“ヂョウハンサン”、イギリスでは〔〕“ヨハンサン”と読まれることが多い。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見た建築家

    米国のニューヨーク州ニューヨークで双子の姉として生まれた。名前の由来は『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラ。父親はデンマーク系の建築家、母親はアシュケナジム・ユダヤ系の映画製作者。両親の出会いの地はデンマークで、自身もデンマーク国籍を有している。13歳の時に両親は離婚、ニューヨークとロサンゼルスを行き来する生活をしていた。2002年にプロフェッショナル・チルドレン・スクールを卒業。姉(ヴァネッサ)と双子の弟(ハンター)も俳優をしている 。他に兄弟は兄(エイドリアン)と異母弟(クリスチャン)がいる。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見たニューヨーク州

    米国のニューヨーク州ニューヨークで双子の姉として生まれた。名前の由来は『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラ。父親はデンマーク系の建築家、母親はアシュケナジム・ユダヤ系の映画製作者。両親の出会いの地はデンマークで、自身もデンマーク国籍を有している。13歳の時に両親は離婚、ニューヨークとロサンゼルスを行き来する生活をしていた。2002年にプロフェッショナル・チルドレン・スクールを卒業。姉(ヴァネッサ)と双子の弟(ハンター)も俳優をしている 。他に兄弟は兄(エイドリアン)と異母弟(クリスチャン)がいる。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見た真珠の耳飾りの少女 (映画)

    2003年公開の『ロスト・イン・トランスレーション』、『真珠の耳飾りの少女』での演技が高く評価され、この年のヴェネツィア国際映画祭ブレイク女優賞やロサンゼルス映画批評家協会賞ニュー・ジェネレーション賞を受賞、英国アカデミー賞では両作品で主演女優賞のダブル候補となり、前者の作品で共演のビル・マーレイとともに受賞。ゴールデングローブ賞においても前者の作品でミュージカル・コメディ部門に、後者の作品でドラマ部門の候補となった。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見たノース 小さな旅人

    幼い頃から演劇教室(リーストラスバーグ・シアターインスティテュート・フォー・ヤングピープル)に通い、8歳のときにオフ・ブロードウェイの舞台『Sophistry』でデビュー。1994年に『ノース 小さな旅人』で映画デビュー。『のら猫の日記』でインディペンデント・スピリット賞主演女優賞にノミネート、『ゴーストワールド』でトロント映画評論家協会の助演女優賞を受賞し、注目を集めた。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見たママの遺したラヴソング

    2004年公開の『ママの遺したラヴソング』で再びゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)の候補となった。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンから見たプランド・ペアレントフッド

    アメリカ人工妊娠中絶推進(プロチョイス)団体であるプランド・ペアレントフッド(全米家族計画連盟)のPRビデオに出演している。スカーレット・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

92件中 81 - 90件表示

「スカーレット・ヨハンソン」のニューストピックワード