127件中 91 - 100件表示
  • スノーホッケー

    スノーホッケーから見たノルディックスキーノルディックスキー

    2007年は、2月22日から始まるノルディックスキー札幌大会に併せ、2月21日から3月4日まで大通公園で「札幌にぎわいまつり」が行われた。2丁目会場ではステージイベントとウィンタースポーツの紹介があり、その1つに「チャンピオンシップ・スノーホッケー大会」があった。スノーホッケー フレッシュアイペディアより)

  • ラハティスキーゲームズ

    ラハティスキーゲームズから見たノルディックスキーノルディックスキー

    ラハティスキーゲームズ( Lahti Ski Games/ Salpausselän Kisat )はフィンランド南部ラハティ市で1923年から行われているノルディックスキーの国際大会。ラハティスキーゲームズ フレッシュアイペディアより)

  • FISワールドカップ・グランドファイナル

    FISワールドカップ・グランドファイナルから見たノルディックスキーノルディックスキー

    FISワールドカップ・グランドファイナルは、国際スキー連盟(FIS)が主催するアルペンスキー、ノルディックスキー、テレマークスキー、フリースタイルスキー、スノーボードのワールドカップの最終戦を密集したエリアに集めて行うものである。FISワールドカップ・グランドファイナル フレッシュアイペディアより)

  • ノルディックスキージュニア世界選手権

    ノルディックスキージュニア世界選手権から見たノルディックスキーノルディックスキー

    ノルディックスキージュニア世界選手権は国際スキー連盟(FIS)が主催する、ノルディックスキーの20歳以下の選手による世界選手権。毎年開催される。ノルディックスキージュニア世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬弥太郎

    渡瀬弥太郎から見たノルディックスキーノルディックスキー

    渡瀬 弥太郎(わたせ やたろう、1960年10月10日 - )は、北海道留萌市出身のノルディックスキージャンプの元日本代表選手、スキージャンプ日本代表女子チームの監督、神戸クリニック女子ジャンプチーム監督。駒大岩見沢高校時代は、会沢仁康そして田中信一と共に駒沢三羽トリオと呼ばれ、当時指導にあたっていた駒大岩見沢校スキー部顧問の松本や北海道岩見沢地区で若手ジャンパーを育成していた真所勝昭などにさらに才能を磨かれ、日本のジャンプ界を代表する選手となる。1990年代中盤ころよりスキージャンプの技術的な変化、用具の変化、そしてV字型の空中フォームの導入などにより長身のジャンパーが圧倒的に有利になったが、渡瀬が活躍していた1980年代は必ずしも長身選手有利という時代ではなく、小柄な渡瀬も数々の優秀な成績を残している。日本代表の渡瀬雄太(雪印乳業)、渡瀬あゆみ(サッポロスキッド)は実子。渡瀬弥太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小林範仁

    小林範仁から見たノルディックスキーノルディックスキー

    秋田県阿仁町 (現在の北秋田市) に生まれ、父親の影響を受けてノルディック競技を始めた。ジュニア時代から頭角を現し、2001年ノルディックスキージュニア世界選手権で優勝。2003年ユニバーシアードではノルディック複合個人、スプリント、団体の3種目で優勝した。2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックと2大会連続でオリンピックに出場。クロスカントリーを得意とし、ジャンプの実力上昇と共にW杯での上位進出回数が増加。2009年世界選手権では個人戦で5位入賞、そして湊祐介、加藤大平、渡部暁斗とともに出場した団体戦では前半5位から距離で抜き返し金メダルを獲得、小林は距離に強い「新しい複合ニッポン」の象徴的存在となっている。2010年、バンクーバーオリンピックに出場。個人(ノーマルヒル)では後半距離の終盤で一時トップに立つ健闘を見せ7位入賞。。小林範仁 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァル・ディ・フィエンメ

    ヴァル・ディ・フィエンメから見たノルディックスキーノルディックスキー

    ノルディックスキーの国際大会開催場所としても知られており、1991年、2003年、2013年にノルディックスキー世界選手権が開催された。ヴァル・ディ・フィエンメ フレッシュアイペディアより)

  • サラ・ヘンドリクソン

    サラ・ヘンドリクソンから見たノルディックスキーノルディックスキー

    サラ・ヘンドリクソン(Sarah Hendrickson、1994年8月1日 - )は、アメリカ合衆国のノルディックスキー(女子スキージャンプ)選手。サラ・ヘンドリクソン フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・キヴ

    クリスティアン・キヴから見たノルディックスキーノルディックスキー

    ルーマニアの南西部に位置するレシツァに生まれる。父親は地元のCSMレシツァでコーチを務めていた人でもあり、キヴ自身もCSMレシツァで競技生活をスタートさせる。自然が広がるレシツァで子供の頃はノルディックスキーも好んで親しんでいた。クリスティアン・キヴ フレッシュアイペディアより)

  • 1966年ノルディックスキー世界選手権

    1966年ノルディックスキー世界選手権から見たノルディックスキーノルディックスキー

    1966年ノルディックスキー世界選手権大会は1966年2月17日から2月26日までの10日間、ノルウェーの首都オスロで開催されたノルディックスキーの世界選手権。同地での開催は1930年、1952年オスロオリンピックに次いで3回目である。10種目(クロスカントリースキー7種目、ノルディック複合1種目、スキージャンプ2種目)が行われた。1966年ノルディックスキー世界選手権 フレッシュアイペディアより)

127件中 91 - 100件表示

「スキー」のニューストピックワード