前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2317件中 1 - 10件表示
  • ドラッグオンドラグーン

    ドラッグオンドラグーンから見たスクウェア・エニックススクウェア・エニックス

    『ドラッグオンドラグーン』(DRAG-ON DRAGOON)は、2003年9月11日にスクウェア・エニックスから発売されたPlayStation 2用アクションRPG。2008年9月4日にはスクウェア・エニックスのアルティメットヒッツシリーズとして廉価版も発売された。また、2004年4月19日にはスクウェア・エニックスが提供していたサービス「スクウェア・エニックス ポケットアクション」にて携帯電話用ゲームとしても配信されていた。ドラッグオンドラグーン フレッシュアイペディアより)

  • 武田みか

    武田みかから見たスクウェア・エニックススクウェア・エニックス

    『スーパーコミック劇場ToHeart2』イラスト(スクウェア・エニックス武田みか フレッシュアイペディアより)

  • アルティメット人狼

    アルティメット人狼から見たスクウェア・エニックススクウェア・エニックス

    主宰の児玉健とイシイジロウが第1部に引き続き出演。人狼TLPTからは、自由人メイソン(石井由多加)と菓子職人デイジー(寺島絵里香)が「6」に引き続き出演。医師マドック(松崎史也)は「闘会議2016」以来、大崎初音(人狼TLPTとしては「女主人ヒルダ」)は「5」第1部以来の出演。配達人ハイラム(澤田拓郎)は初出演。ゲームクリエイター人狼会からは、安西崇(スクウェア・エニックス)、大野聡(B.B.スタジオ)、森本茂樹(ゲームフリーク)が「6」に引き続き出演。将棋棋士・女流棋士からは、中田功、村中秀史、香川愛生が「6」に引き続き出演。アルティメット人狼 フレッシュアイペディアより)

  • 黒執事

    黒執事から見たスクウェア・エニックススクウェア・エニックス

    『黒執事』(くろしつじ)は、枢やなによる日本の漫画作品。『月刊Gファンタジー』(スクウェア・エニックス刊)にて、2006年10月号から連載中。作者にとって初の長期連載作品。当初は短期連載作品の予定であり、1巻収録分(1話 - 4話)は短期連載版、2巻収録分(5話 - )からが長期連載版ということが、担当編集者のインタビュー記事により明らかにされた。2014年12月現在、全世界累計2000万部を突破している。黒執事 フレッシュアイペディアより)

  • ながされて藍蘭島

    ながされて藍蘭島から見たスクウェア・エニックススクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスの雑誌『月刊少年ガンガン』2002年1月号に読み切り「ながされて☆藍蘭島」を掲載。同年6月号から「ながされて藍蘭島」として連載化された。また、『ガンガンパワード』でも2002年秋季号から2009年4月号における同誌の休刊まで「ながされて藍蘭島 外伝」として本作の番外編となる短編が連載されていた。ながされて藍蘭島 フレッシュアイペディアより)

  • ファンタジーアース ゼロ

    ファンタジーアース ゼロから見たスクウェア・エニックススクウェア・エニックス

    2015年11月現在、開発はソフトギア(旧フェニックスソフト)、運営・ライセンス元はスクウェア・エニックスファンタジーアース ゼロ フレッシュアイペディアより)

  • 一週間フレンズ。

    一週間フレンズ。から見たスクウェア・エニックススクウェア・エニックス

    『一週間フレンズ。』(いっしゅうかんフレンズ)は、葉月抹茶による日本の漫画作品。『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)で2011年9月号で読み切り掲載、2012年2月号から2015年2月号まで連載された。4コマ漫画とストーリー型式漫画のミックスで、主に後半がストーリー型のレイアウトとなっている。2014年7月現在、累計100万部を突破している。一週間フレンズ。 フレッシュアイペディアより)

  • ニーア オートマタ

    ニーア オートマタから見たスクウェア・エニックススクウェア・エニックス

    『ニーア オートマタ』(NieR:Automata)は、スクウェア・エニックスより発売されたPlayStation 4用アクションRPG。日本では2017年2月23日に発売。2017年3月7日に米国で、10日には欧州で発売された。ニーア オートマタ フレッシュアイペディアより)

  • とある魔術の禁書目録

    とある魔術の禁書目録から見たスクウェア・エニックススクウェア・エニックス

    2017年10月現在、電撃文庫(KADOKAWA)より、既刊44巻(本編43巻、短編集1巻)が刊行されている。また、スクウェア・エニックスの『月刊少年ガンガン』2007年5月号より連載されている漫画版は2018年1月現在、単行本が20巻、ガイドブックが2冊発売されている。とある魔術の禁書目録 フレッシュアイペディアより)

  • CHAOS RINGS

    CHAOS RINGSから見たスクウェア・エニックススクウェア・エニックス

    『CHAOS RINGS』 (ケイオスリングス) は、メディア・ビジョンが開発し、スクウェア・エニックスより発売された、スマートフォン/タブレット端末用のコンピュータRPG。2010年4月20日にiOS版がiPhone/iPod touch用アプリとして発売された。2010年8月12日にはiPad版が、2011年12月1日にはAndroid端末向けの移植版が発売。CHAOS RINGS フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2317件中 1 - 10件表示

「スクウェア・エニックス・ホールディングス」のニューストピックワード