182件中 71 - 80件表示
  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見たファイナルファンタジーシリーズ

    エニックスは『ドラゴンクエストシリーズ』以外のタイトルの知名度が低いが、スクウェアは『ファイナルファンタジーシリーズ』以外のタイトルも期待度が高いといった補完関係スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見たファミリーコンピュータ

    ファミリーコンピュータ、スーパーファミコン全盛時代、スクウェアとエニックスの2社は任天堂のサードパーティーとして重要な位置にあった。特にスクウェアは、任天堂との絶大な信頼関係を持っていた小学館(ゲーム・オン!編集部)との合同企画として『ライブ・ア・ライブ』を製作したり、『スーパーマリオRPG』を共同開発するなど、お互いに強い信頼関係を持っていた。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見たドラゴンクエストVI 幻の大地

    合併前の旧・株式会社エニックスには、ドラゴンクエストシリーズを制作するためだけの専門部署として「ドラクエ課」が存在した。正式名称は「ドラゴンクエスト課」ではなく、「ドラクエ課」が正しい。かつて『ドラゴンクエストVI 幻の大地』が発売された頃にテレビの特集で放送されたことがあり、課の表札も「ドラゴンクエスト課」ではなく「ドラクエ課」となっていた。後年の「第9開発事業部」にあたる。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見たドラゴンクエスト

    合併前の旧・株式会社エニックスには、ドラゴンクエストシリーズを制作するためだけの専門部署として「ドラクエ課」が存在した。正式名称は「ドラゴンクエスト課」ではなく、「ドラクエ課」が正しい。かつて『ドラゴンクエストVI 幻の大地』が発売された頃にテレビの特集で放送されたことがあり、課の表札も「ドラゴンクエスト課」ではなく「ドラクエ課」となっていた。後年の「第9開発事業部」にあたる。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見たドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

    翌年、エニックスは『ドラゴンクエストVII』のPSでの開発、発売を発表する。エニックスはPS参入後も任天堂ハード用のソフトを販売した。スクウェアの映画事業における失敗から、既にソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)の資本参加を受ける事を決定したものの、任天堂との断絶した関係の回復のために山内溥社長(当時)との交渉を行った。当時の任天堂は、据え置き型ハードのシェアは不振だったが、携帯型ゲーム機とソフトウェア販売の業績は好調であった。そのため、デジキューブで任天堂商品が扱えない事が株主総会で問題となり、「土下座してでも任天堂と和解しろ」という意見に、デジキューブ染野取締役(当時)が「土下座してなんとかなるものなら、いくらでもしますよ」と答えた事もあった。この段階では交渉は決裂していた。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見たドラゴンクエスト モンスターバトルロード

    ドラゴンクエスト モンスターバトルロードMOBILE(i:2008年3月11日/EZ:2008年10月2日、カードゲーム)スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見たFRONT MISSION2089

    FRONT MISSION2089(i:2005年3月7日/EZ:2005年10月27日、シミュレーションRPG)スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見たロムカセット

    しかしその関係は、任天堂が容量の制約が厳しいカートリッジROMの採用に固執したため、『スーパーマリオRPG』の開発以前から関係に支障をきたし始めていた。『スーパーマリオRPG』以降、信頼関係が崩れ始め、『トレジャーハンターG』を最後に任天堂ハードへのソフトの供給およびNINTENDO64用に開発していた約10タイトルのソフトの開発を中止する。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見た月刊少年ガンガン

    主に旧エニックスで展開されていた、1988年より開始したドラゴンクエストシリーズの公式ガイドブックやノベライズ作品・ファンブック・ゲームブックの出版が始まりで「ドラゴンクエストIII 新たなる伝説」に掲載された栗本和博の4コマ漫画が好評だった事からドラクエシリーズの「4コママンガ劇場」を1990年に発刊。翌年には漫画雑誌『月刊少年ガンガン』を創刊した。2007年現在は「アルティマニア」等、デジキューブ(2003年11月倒産)が行っていた旧スクウェア系の公式ガイドブックなどの出版物の発行も受け継いでいる。デジキューブ倒産に伴い絶版となっていた一部の書籍や音楽CDも、スクウェア・エニックス名義で再版されている。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見た会社分割

    2008年10月1日 - 商号を株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスに変更。会社分割により、ゲーム事業・コンテンツ事業・出版事業などを承継する(新)株式会社スクウェア・エニックスを設立し、持株会社体制へ移行した。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

182件中 71 - 80件表示

「スクウェア・エニックス・ホールディングス」のニューストピックワード