182件中 81 - 90件表示
  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見た不死鳥

    旧エニックスの由来は、世界初のスーパーコンピュータと言われている「ENIAC」(エニアック)と不死鳥「PHOENIX」(フェニックス)を足したものである。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見た絶版

    主に旧エニックスで展開されていた、1988年より開始したドラゴンクエストシリーズの公式ガイドブックやノベライズ作品・ファンブック・ゲームブックの出版が始まりで「ドラゴンクエストIII 新たなる伝説」に掲載された栗本和博の4コマ漫画が好評だった事からドラクエシリーズの「4コママンガ劇場」を1990年に発刊。翌年には漫画雑誌『月刊少年ガンガン』を創刊した。2007年現在は「アルティマニア」等、デジキューブ(2003年11月倒産)が行っていた旧スクウェア系の公式ガイドブックなどの出版物の発行も受け継いでいる。デジキューブ倒産に伴い絶版となっていた一部の書籍や音楽CDも、スクウェア・エニックス名義で再版されている。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見たライブ・ア・ライブ

    ファミリーコンピュータ、スーパーファミコン全盛時代、スクウェアとエニックスの2社は任天堂のサードパーティーとして重要な位置にあった。特にスクウェアは、任天堂との絶大な信頼関係を持っていた小学館(ゲーム・オン!編集部)との合同企画として『ライブ・ア・ライブ』を製作したり、『スーパーマリオRPG』を共同開発するなど、お互いに強い信頼関係を持っていた。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見たゲームソフト

    株式会社スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX CO., LTD.)は、スクウェア・エニックス・ホールディングス傘下の日本でのゲームソフト制作・開発会社、出版社である。略称はスクエニ、あるいはSQEX。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見たスーパーマリオRPG

    ファミリーコンピュータ、スーパーファミコン全盛時代、スクウェアとエニックスの2社は任天堂のサードパーティーとして重要な位置にあった。特にスクウェアは、任天堂との絶大な信頼関係を持っていた小学館(ゲーム・オン!編集部)との合同企画として『ライブ・ア・ライブ』を製作したり、『スーパーマリオRPG』を共同開発するなど、お互いに強い信頼関係を持っていた。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見たファブラ ノヴァ クリスタリス ファイナルファンタジー

    現在、この下記のような事業部制は無くなっており、「FABULA NOVA CRYSTALLIS」、「FRONT MISSION PROJECT」、「World of MANA」、「イヴァリースアライアンス」、「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」、「COMPILATION of FINAL FANTASY VII」、「ファイナルファンタジー生誕二十周年企画」などといったプロジェクトごとにチームが結成されている。旧エニックス社員も旧スクウェアソフトのチームに開発スタッフとして名を連ねている事もあり、特にニンテンドーDSタイトルを早期に複数開発できたのはスクウェア・エニックスの合併の大きな成果と言われている。またファイナルファンタジーシリーズをはじめ旧スクウェアのシリーズタイトルにおいても一部開発を外部デベロッパーに委託する作品が見受けられるようになっている。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見たコミックバウンド

    コミックバウンド エニックス時代に刊行スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見たENIAC

    旧エニックスの由来は、世界初のスーパーコンピュータと言われている「ENIAC」(エニアック)と不死鳥「PHOENIX」(フェニックス)を足したものである。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見た携帯型ゲーム

    翌年、エニックスは『ドラゴンクエストVII』のPSでの開発、発売を発表する。エニックスはPS参入後も任天堂ハード用のソフトを販売した。スクウェアの映画事業における失敗から、既にソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)の資本参加を受ける事を決定したものの、任天堂との断絶した関係の回復のために山内溥社長(当時)との交渉を行った。当時の任天堂は、据え置き型ハードのシェアは不振だったが、携帯型ゲーム機とソフトウェア販売の業績は好調であった。そのため、デジキューブで任天堂商品が扱えない事が株主総会で問題となり、「土下座してでも任天堂と和解しろ」という意見に、デジキューブ染野取締役(当時)が「土下座してなんとかなるものなら、いくらでもしますよ」と答えた事もあった。この段階では交渉は決裂していた。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

  • スクウェア・エニックス

    スクウェア・エニックスから見た南国少年パプワくん

    かつては、「魔法陣グルグル」「南国少年パプワくん」「まもって守護月天!」などの人気作で一世を風靡した連載作家陣のうちの主力作家の一部が、いわゆる「エニックスお家騒動」(担当社員によるマッグガーデン設立およびスタジオDNAによる一賽舎設立への参加)により『月刊ガンガンWING』を中心に多数の所属作家を失うというトラブルもあったが、直後に連載開始された「鋼の錬金術師」が大ヒットし、誌面の弱体化は解消している。スクウェア・エニックス フレッシュアイペディアより)

182件中 81 - 90件表示

「スクウェア・エニックス・ホールディングス」のニューストピックワード