357件中 51 - 60件表示
  • 長野日報

    長野日報から見たスケートスケート

    1901年(明治34年)6月15日、月刊紙『諏訪新報』として長野県諏訪郡上諏訪町(現・諏訪市)で創刊した。翌1902年、競合紙の『信濃新聞』を合併して『南信評論』と改題し、のち旬刊から週刊発行に変更。1904年、修文館印刷所(上諏訪町角間)に本社を置いたあと、同町末広町に本社屋を新築し移転。週刊から月6回発行とした。1905年、『南信日日新聞』(なんしんにちにちしんぶん)に改題。1908年2月には、日本初のスケート競技大会となった「諏訪湖一周スケート大会」を開催した。長野日報 フレッシュアイペディアより)

  • スケート靴

    スケート靴から見たスケートスケート

    スケート靴(スケートぐつ)、スケートシューズとは、氷上を滑走(スケート)する際に着用する履物で、ブーツ状の靴(アッパー)と、靴底につけられたブレード、その両者をつなぐソールからなる。ブレードが氷に接する面をとくにエッジと呼ぶ。スケート靴 フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエレ・ミュンター

    ガブリエレ・ミュンターから見たスケートスケート

    ガブリエレ・ミュンターは1877年2月19日、3子の末っ子としてベルリンに生まれた。一家は一年の後にヴェストファーレン地方のヘアフォルトへ、そしてその後コブレンツへと引っ越した。馬術、スケート、ダンス、サイクリングに熱中して過ごした子供時代の記憶はミュンターの心に色濃く残った。また彼女は音楽を好み、楽譜を読み、聴き、演奏して楽しんだ。数曲の歌曲も作曲している。1886年、父が他界。学校時代からすでに芸術的才能を示していた彼女は、兄コンラートの勧めもあって1897年春にはデュッセルドルフにある女子芸術学校の門をたたいた。当時は国立芸術院への道は女性に閉ざされていたのである。彼女はしかし、自身の芸術的才能を開花させるためというよりむしろ絵画技法を身につける目的で絵の勉強を始めたのであった。 同年11月には母も亡くなり、勉強を一時中断しなければならなかったが、学校に退屈していた彼女はむしろこの機会を前向きにとらえた。両親の残した金銭的遺産に依ることなく、翌1898年彼女は姉とともにアメリカに住む親類のもとを訪ねた。二年にわたるアメリカ旅行で彼女たちは、ミズーリ、アーカンソー、そしてテキサスを訪れた。ミュンターは旅の様子を、たくさんの印象深い写真で克明に記録している。また人物や風景、植物を数多くデッサンした。1900年10月、ミュンターはコブレンツに戻った。ガブリエレ・ミュンター フレッシュアイペディアより)

  • 田子池

    田子池から見たスケートスケート

    田子池では、「長野市における“スケート発祥の地”といえるほど、さかんにスケートが行われた」という。冬、結氷した湖面が長野市民のスケートリンクとして開放され、スケート大会も開催された。地元では『田子池スケート歌』が制作され、大会に出場した地元出身選手への応援歌として歌われた。1952年(昭和27年) - 1953年(昭和28年)にはオリンピック出場経験もあるフィギュアスケート選手の稲田悦子が当地を訪れて演技を披露したこともある。しかし、暖冬の影響で湖面が結氷しにくくなり、屋内スケート場が開設されたことや、スケート以外の娯楽が増えたこともあって、田子池におけるスケートは衰退した。田子池 フレッシュアイペディアより)

  • 佐田武夫

    佐田武夫から見たスケートスケート

    スポーツ界に大きく貢献し、日本のスポーツ界を側面から支援したことでも知られる。自社にスケート部を設立し、楠瀬志保・石井奈緒らに活躍の機会を与えた。また、陸上競技100mハードル日本記録保持者の金沢イボンヌを受け入れ、陸上競技部を設立した。群馬県体育協会会長・群馬県空手道協会会長・日本倶楽部バスケットボール連盟会長・前橋体育協会会長などを歴任したが、2004年の佐田建設社長辞任に伴い、道義的責任を取って一切の公職を辞した。現在は日本クラブバスケットボール連盟名誉会長・群馬県体育協会名誉会長・群馬県空手道連盟名誉会長である。佐田武夫 フレッシュアイペディアより)

  • ハスベルゲン

    ハスベルゲンから見たスケートスケート

    ハスベルゲンの旧教会では、郷土協会が朗読会や、歌、キャバレー、映画の夕べなどを開催している。また、サッカークラブのSCハスベルゲン、卓球のTTCハスベルゲン、テニスのTSVハスベルゲン、ケーゲルのKSCハスベルゲン、スケートクラブ・ハスベルゲン、射撃クラブ、体操のMTVハスベルゲンと、様々な種目のスポーツクラブがある。ハスベルゲン フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ブレーキストン

    トーマス・ブレーキストンから見たスケートスケート

    12月25日 - スケートの日。1861年に函館でブレーキストンがスケートをしたことによる。トーマス・ブレーキストン フレッシュアイペディアより)

  • トゥームストーン

    トゥームストーンから見たアイススケートスケート

    1879年にトゥームストーンは正式な町になった。この町は銀の鉱山町として急速に発展を遂げ、翌々年の1881年には人口1,000人に達し、市に昇格した。市に昇格すると、今度は1年経たないうちに人口5,000-15,000人にまで増え、新しく成立したコチセ郡(Cochise County)の郡庁所在地になった。市には冷蔵施設ができ、アイスクリーム店やアイススケートリンクまでもができた。水道施設が整えられ、電報や電話も開通した。コーンウォールやヨーロッパ出身の資産家・実業家たちはこの地に移民として流入してきた。中国系移民によってサービス業も発達した。トゥームストーン フレッシュアイペディアより)

  • アントン・コワレフスキー

    アントン・コワレフスキーから見たスケートスケート

    1985年3月9日、キエフで生まれる。1989年にスケートを始めた。2005-2006シーズン、ウクライナ選手権で初優勝し、トリノオリンピックに出場した。アントン・コワレフスキー フレッシュアイペディアより)

  • トーランス (カリフォルニア州)

    トーランス (カリフォルニア州)から見たスケートスケート

    トーランスには24の公園がある。中心となるのは大規模なピクニック施設と、近代的な体育館、スケート・リンク、およびローラーホッケー・リンクを含むスポーツ施設を設置した、44エーカーの広さを持つウィルソン公園(Wilson Park)である。この公園では毎年アメリカ独立記念日に花火大会が実施される。トーランス (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

357件中 51 - 60件表示

「スケート」のニューストピックワード