312件中 61 - 70件表示
  • 沼影市民プール

    沼影市民プールから見たアイススケートスケート

    冬季は、アイススケート場として180平方メートルのリンクが開放される。沼影市民プール フレッシュアイペディアより)

  • 銀盤カレイドスコープ

    銀盤カレイドスコープから見たスケートスケート

    カトリック系の名門高校、聖トゥーランド女子学園に通っているが、性格は高慢・高飛車で自らを「100億ドルの美貌」と称し、その生活態度は品行方正とはほど遠い。そのためマスコミや世間一般、さらにはスケート連盟からも「氷上の悪夢」と呼ばれ、目の敵にされている。また本番においてはクジ運が悪いことが多く、6点満点採点形式の時にはショートプログラムで基準となる1番になってしまい、後に滑るスケーターの得点が大幅に抑えられるという事態になってしまったこともある。趣味はアイスホッケーの観戦、漫画・アニメの鑑賞で特に『ONE PIECE』がお気に入り。銀盤カレイドスコープ フレッシュアイペディアより)

  • 東綾瀬

    東綾瀬から見たスケートスケート

    地区の中央に区画の大半を占める東京都立東綾瀬公園が広がる。公園敷地内にはナイター設備のある野球場やテニスコートが設けられ、地元の野球チームなどが練習や試合に利用している。また戦車街道に面して、区立すいすいらんど綾瀬という区民プールがあり、屋内と屋外の大小さまざまなプールがある。かつては冬季になると屋外プールを改装してスケートリンクを開設していたが、現在では行われなくなった。東綾瀬 フレッシュアイペディアより)

  • サンピア伊賀

    サンピア伊賀から見たスケートスケート

    屋内スケート場(冬季のみ)サンピア伊賀 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡スポーツセンター

    福岡スポーツセンターから見たアイススケートスケート

    屋内競技場「福岡スポーツセンター」として1955年(昭和30年)に開業、インドアアリーナとアイススケート場を運営していた。福岡スポーツセンター フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・コロシアム

    ワシントン・コロシアムから見たアイススケートスケート

    「マイクおじさん (Uncle Mike)」と呼ばれたミゲル・L・ウライン(Miguel L. Uline)によって、彼が所有したアイスホッケーチーム、ワシントン・ライオンズ(現在は消滅)の本拠地として1941年に建設された。建設当初はウライン・アリーナ(Uline Arena)と呼ばれていたが、1959年に名前がワシントン・コロシアムに変更され、その当時、首都ワシントンD.C.にあって観客7,000人収容できる唯一の屋内競技場だった。アイススケート、格闘技、バレエ、音楽ホール、サーカスさらには集会場としても使用可能な多目的施設としての機能を備えていた。ここで初期に行われたイベントの一つは、真珠湾攻撃が始まる数週間前、第二次世界大戦への米国の参加意識を高揚させる目的で開催された、プロアメリカラリーと呼ばれる集会だった。ワシントン・コロシアム フレッシュアイペディアより)

  • 満州唱歌

    満州唱歌から見たスケートスケート

    1932年(昭和7年)に大幅な改訂がなされ、批判の強かった著名作家による作品の多くが削除され、かわりに園山民平・村岡昊・島田英雄・石森延男ら編集部員の手による、満州の風土が強く反映された歌が多く掲載された。それらの歌にはロバ、やなぎのわた、高粱、高足踊り、馬車(マーチョ)、粉雪、杏の花、山ざし売り、満州に逃れてきた白系ロシア人のパン売りといった満州になじみの深い風物や、当時の満州の子供たちが盛んに行ったスケート遊び(『わたしたち』)、毎年旧暦の4月中旬に行われた娘々祭(『娘々祭』)などが読み込まれた。満州唱歌 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ一般 (2ちゃんねるカテゴリ)

    スポーツ一般 (2ちゃんねるカテゴリ)から見たスケートスケート

    スケート全般を扱う掲示板だがフィギュアスケートに関するスレッドが大半を占める。ローラースケートはxsports板、スピードスケートやショートトラックは冬スポーツ板やオリンピック板で扱われている。2004年7月29日に設立された。スポーツ一般 (2ちゃんねるカテゴリ) フレッシュアイペディアより)

  • サッカニー

    サッカニーから見たアイススケートスケート

    1910年、マサチューセッツ州ケンブリッジにて、ロシア系アメリカ人のエイブラハム・ハイド (Abraham Hyde) がA・R・ハイド・アンド・サンズ (A. R. Hyde & Sons) という靴屋を開く。ハイド社は1910年代に室内靴で成功をおさめ、1930年代になるとスポーツシューズの製造に乗り出し、アイススケート用シューズを手始めとして様々なスポーツに進出していった。1960年代にはNASAと提携して宇宙飛行士用シューズを製作するようになり、1969年にアポロ11号の乗組員たちが人類で初めて月面に着陸した際に履いていたシューズもハイド社製だった。サッカニー フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエレ・ミュンター

    ガブリエレ・ミュンターから見たスケートスケート

    ガブリエレ・ミュンターは1877年2月19日、3子の末っ子としてベルリンに生まれた。一家は一年の後にヴェストファーレン地方のヘアフォルトへ、そしてその後コブレンツへと引っ越した。馬術、スケート、ダンス、サイクリングに熱中して過ごした子供時代の記憶はミュンターの心に色濃く残った。また彼女は音楽を好み、楽譜を読み、聴き、演奏して楽しんだ。数曲の歌曲も作曲している。1886年、父が他界。学校時代からすでに芸術的才能を示していた彼女は、兄コンラートの勧めもあって1897年春にはデュッセルドルフにある女子芸術学校の門をたたいた。当時は国立芸術院への道は女性に閉ざされていたのである。彼女はしかし、自身の芸術的才能を開花させるためというよりむしろ絵画技法を身につける目的で絵の勉強を始めたのであった。 同年11月には母も亡くなり、勉強を一時中断しなければならなかったが、学校に退屈していた彼女はむしろこの機会を前向きにとらえた。両親の残した金銭的遺産に依ることなく、翌1898年彼女は姉とともにアメリカに住む親類のもとを訪ねた。二年にわたるアメリカ旅行で彼女たちは、ミズーリ、アーカンソー、そしてテキサスを訪れた。ミュンターは旅の様子を、たくさんの印象深い写真で克明に記録している。また人物や風景、植物を数多くデッサンした。1900年10月、ミュンターはコブレンツに戻った。ガブリエレ・ミュンター フレッシュアイペディアより)

312件中 61 - 70件表示

「スケート」のニューストピックワード