22件中 11 - 20件表示
  • スケート

    スケートから見たスノープラウ

    凝っている湖に行って、スノープラウが準備した道を通るか自由に行く。普通にリュックに弁当を持ち、安全のためにパイクやisdubbar(糸で繋がる両方手で持つ小さい二つのパイクというスウェーデンの発明)を持っていく。スケート フレッシュアイペディアより)

  • スケート

    スケートから見たバンディ

    サッカーのようにパックと呼ばれる円盤状の球を相手チームのゴールに入れて得点を競う。バンディではプラスチックのボールを使用する。スケート フレッシュアイペディアより)

  • スケート

    スケートから見たアイスクロス

    その他にはスノーボードクロスのスケート版といえるアイスクロスなども存在する。スケート フレッシュアイペディアより)

  • スケート

    スケートから見たスポーツ

    スケート ()、アイススケート() は、氷を張った面(スケートリンク)の上を、刃のついた靴(スケート靴)で刃の先を氷に当てて滑るスポーツ。スキーと並ぶ代表的な冬季スポーツである。スケート フレッシュアイペディアより)

  • スケート

    スケートから見たサッカー

    サッカーのようにパックと呼ばれる円盤状の球を相手チームのゴールに入れて得点を競う。バンディではプラスチックのボールを使用する。スケート フレッシュアイペディアより)

  • スケート

    スケートから見たアイスショー

    スケートリンクの上で出演者がスケート技術を披露して行われるショーは、アイスショーという。スケート フレッシュアイペディアより)

  • スケート

    スケートから見たスケートをする人々

    ワルツ『スケートをする人々』(仏:エミール・ワルトトイフェル、作品183)スケート フレッシュアイペディアより)

  • スケート

    スケートから見た凝固点

    スケートの刃先と氷との接触面積が大変小さいために体重が集中して、高い圧力がかかって氷が融ける。1886年にジョン・ジョリー(John Joly)が発表した。スケート靴の刃で氷の上に立つと、体重によって刃先に強い圧力が掛かる。圧力が高いと氷の融点(=水の凝固点)が下がるため、刃先部分の氷がわずかに融け、刃先と氷の間に薄い水の層が発生する。これにより刃先と氷の間の摩擦力が極端に下がり、非常に滑りやすい状態となる。今日でもこの解説を用いられることがあるものの、Bowden and Hugbesの実験により人の体重程度では氷が融けるには不十分であると否定されている。スケート フレッシュアイペディアより)

  • スケート

    スケートから見た融点

    スケートの刃先と氷との接触面積が大変小さいために体重が集中して、高い圧力がかかって氷が融ける。1886年にジョン・ジョリー(John Joly)が発表した。スケート靴の刃で氷の上に立つと、体重によって刃先に強い圧力が掛かる。圧力が高いと氷の融点(=水の凝固点)が下がるため、刃先部分の氷がわずかに融け、刃先と氷の間に薄い水の層が発生する。これにより刃先と氷の間の摩擦力が極端に下がり、非常に滑りやすい状態となる。今日でもこの解説を用いられることがあるものの、Bowden and Hugbesの実験により人の体重程度では氷が融けるには不十分であると否定されている。スケート フレッシュアイペディアより)

  • スケート

    スケートから見た摩擦

    スケート靴を履いて氷の表面を滑ると、ブレード(刃)と氷との間に摩擦熱が発生し、その熱は接触面の氷をわずかに融かし、これが潤滑の役割を果たす。1939年にフランク・フィリップ・バウデン(Frank Philip Bowden)らが発表した。スケート フレッシュアイペディアより)

22件中 11 - 20件表示

「スケート」のニューストピックワード