前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示
  • アレックス・ニール

    アレックス・ニールから見たスコティッシュ・プレミアシップスコティッシュ・プレミアシップ

    選手としてのキャリアをエアドリーオニアンズ、バーンズリー、マンスフィールド・タウン、ハミルトン・アカデミカルで送り、ハミルトン・アカデミカルでは2013年に選手兼任監督となり、2014年にはクラブをスコティッシュ・プレミアシップ昇格に導いた。2015年にノリッジ・シティの監督に就任し、イングランドのフットボールリーグで2番目に若い監督となった。アレックス・ニール フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ミラー

    ケニー・ミラーから見たスコティッシュ・プレミアシップスコティッシュ・プレミアシップ

    第二次世界大戦後において、セルティックFCとレンジャーズFCの両方に所属した5人の選手の1人。センターフォワードのみならず、セカンドトップやウイング的なプレーでアシストを量産する選手として知られる。ミラーは、ハイバーニアンFCでプロ生活を開始した後、レンジャーズFCを経てフットボールリーグ・チャンピオンシップ (イングランド1部) のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFCと契約し、エースとして2003年のプレーオフ優勝に貢献する。ウルヴァーハンプトンでの5シーズン後、スコットランドに戻ると、オールドファームの残り1つセルティックFCと契約し、1シーズンの在籍でスコティッシュ・プレミアシップとスコティッシュカップのタイトルを獲得。ダービー・カウンティFCでの1シーズン後、再びスコットランドに戻るとレンジャーズに復帰し、2シーズン半の在籍でリーグ戦、カップ戦、スコティッシュリーグカップのタイトルに加え、個人としてはリーグ得点王に輝いた。レンジャーズで大きな成功を収めた後、2011年1月にスュペル・リグ (トルコ1部) のブルサスポルと契約し、初めてイギリス国外へと渡ることになったが、短期間に終わり、カーディフ・シティFCと契約。カーディフでの1シーズン後、メジャーリーグサッカー (アメリカ1部) のバンクーバー・ホワイトキャップスに所属することになり、2014年6月にレンジャーズに復帰するまでプレーした。ケニー・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • スコティッシュ・プレミアリーグ

    スコティッシュ・プレミアリーグから見たスコティッシュ・プレミアシップスコティッシュ・プレミアシップ

    スコティッシュ・プレミアリーグ (Scottish Premier League, SPL) は、かつてのスコットランドにおけるプロサッカーの最上位リーグである。リーグは1998年にスコティッシュ・フットボールリーグ (SFL) から分離する形で設立された。2013年にSPLとSFLを再統合したスコティッシュ・プロフェッショナル・フットボールリーグが設立され、SPLはスコティッシュ・プレミアシップへと移行した。SPLには19のクラブが参加したが、リーグ優勝を飾ったクラブはオールドファームの両雄、セルティックとレンジャーズのみであった。スコティッシュ・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • スコティッシュ・プレミアシップ 2014-15

    スコティッシュ・プレミアシップ 2014-15から見たスコティッシュ・プレミアシップスコティッシュ・プレミアシップ

    スコティッシュ・プレミアシップ 2014-15は、2013年にスコティッシュ・プレミアリーグ(SPL)とスコティッシュ・フットボールリーグ(SFL)が統合された後の2013-14シーズンに創設されてから2シーズン目のスコティッシュ・プレミアシップ(スコットランドサッカー1部リーグ)である。2014年8月9日から2015年5月31日まで実施された。セルティックがプレミアリーグ時代から数えて4連覇を達成した。スコティッシュ・プレミアシップ 2014-15 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・マルグルー

    チャールズ・マルグルーから見たスコティッシュ・プレミアシップスコティッシュ・プレミアシップ

    スコティッシュ・プレミアシップ (1部) の名門セルティックFCの下部組織を経て、2002年7月にプロ生活を開始する。元来、センターバックとしてプレーしていたが、人数不足のクラブ事情を理由に左サイドバックへの転向を勧められた。チャールズ・マルグルー フレッシュアイペディアより)

  • スティリアン・ペトロフ

    スティリアン・ペトロフから見たスコティッシュ・プレミアシップスコティッシュ・プレミアシップ

    1999年夏、移籍金200万ポンドでスコティッシュ・プレミアリーグのセルティックFCに移籍した。この移籍金は10代のブルガリア人選手に支払われた額としては史上最高額であった。はじめはホームシックや孤独さに悩まされ、英語を話せないために思うようなプレーができず、右サイドバックのポジションをジョン・バーンズに奪われたが、ハンバーガー売りのトラックで友人たちと働くことで英語を改善させていった。良好な1999-2000シーズンを経て、2000-01シーズンもマーティン・オニール監督の下で輝き、スコティッシュ・プレミアリーグ、スコティッシュ・カップ、スコティッシュ・リーグカップの3冠を達成した。レンジャーズFCとのオールドファームダービー (6-2) での1得点を含めて28試合に出場して7得点を挙げ、外国人として初めてリーグ最優秀若手選手賞を受賞した。2001-02シーズンはボックス型の4-4-2システムのセンターハーフとしてプレーし、2シーズン連続でのリーグ優勝を果たした。2002-03シーズンも良好なコンディションを維持し、他のいくつかのトップクラブから興味を示されたが、セルティックFCとの契約を延長することを選んだ。2002-03シーズンは公式戦50試合に出場して自己最多の14得点を挙げ、UEFAカップでは決勝に進出した。スティリアン・ペトロフ フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・ウィテカー

    スティーヴン・ウィテカーから見たスコティッシュ・プレミアシップスコティッシュ・プレミアシップ

    2009-10シーズンはサイドバックながら公式戦11得点と高い得点力を示し、スコティッシュ・プレミアシップとリーグカップの2冠達成に貢献。2010-11シーズン終了後にスュペル・リグ(トルコ1部)のブルサスポルからオファーがあったが、それを拒否して2011年7月にレンジャーズと新たに5年契約を締結した。しかし、クラブの多額の負債から新会社に切り替えられると、2012年6月に「新たなクラブへの忠誠心はない」として、同僚のスティーヴン・ネイスミスと共に現行の契約に対して破棄を申し立てた。これに対し、チャールズ・グリーンのコンソーシアムは、契約違反として法的措置をとる構えを見せている。なお、スコットランドプロサッカー選手協会と法律の専門家は、選手達は新会社に参加する義務はないとしている。スティーヴン・ウィテカー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ヘイズ (アイルランドのサッカー選手)

    ジョニー・ヘイズ (アイルランドのサッカー選手)から見たスコティッシュ・プレミアシップスコティッシュ・プレミアシップ

    ジョナサン・"ジョニー"・ヘイズ(Jonathan "Jonny" Hayes, 1987年7月9日 - )は、アイルランド・ダブリン出身のサッカー選手。ポジションはMF。スコティッシュ・プレミアシップ・セルティックFC所属。アイルランド代表。ジョニー・ヘイズ (アイルランドのサッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ニコ・クラニチャール

    ニコ・クラニチャールから見たスコティッシュ・プレミアシップスコティッシュ・プレミアシップ

    ニコ・クラニチャール(Niko Kranjčar , 1984年8月13日 - )は、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国(現クロアチア)・ザグレブ出身のサッカー選手。スコティッシュ・プレミアシップのレンジャーズFC所属。ポジションはミッドフィールダー。ニコ・クラニチャール フレッシュアイペディアより)

  • デドリック・ボヤタ

    デドリック・ボヤタから見たスコティッシュ・プレミアシップスコティッシュ・プレミアシップ

    デドリック・ボヤタ(Dedryck Boyata, 1990年11月28日 - )は、ベルギー・ブリュッセル出身のサッカー選手。スコットランド・プレミアシップのセルティックFC所属。ポジションはディフェンダー。デドリック・ボヤタ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示

「スコティッシュ・プレミアリーグ」のニューストピックワード