85件中 21 - 30件表示
  • フィル・オドネル

    フィル・オドネルから見たスコティッシュ・プレミアリーグスコティッシュ・プレミアシップ

    2007年12月29日、ホームファー・パークで行われたスコティッシュ・プレミアリーグのマザーウェル対ダンディー・ユナイテッドFC戦で先発出場。5対2とリードして迎えた後半33分、DFマーク・フィッツパトリックとの交代を告げられ退場しようとしたところ突然倒れ、約5分間ピッチで両チームの医療スタッフから治療を受けた。担架でピッチから運び出され救急車で病院に搬送されたが、意識が戻ることなく死亡が確認された。35歳だった。フィル・オドネル フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・カンチェルスキス

    アンドレイ・カンチェルスキスから見たスコティッシュ・プレミアリーグスコティッシュ・プレミアシップ

    1996-97シーズンの冬の移籍期間には、かねてからオファーがあり、右サイドハーフを欲していたセリエAのフィオレンティーナへ20億円を超える移籍金で移籍する。1年目は期待された活躍ができず、飛躍の兆しがみられた1997-98シーズンも序盤のインテル・ミラノ戦における怪我での長期離脱もあり、1998-99シーズンにはスコティッシュ・プレミアリーグのレンジャーズへ移籍。レンジャーズでタイトル獲得に貢献するも、監督との確執もあり、その後は、マンチェスター・シティ、サウサンプトンFC、アル・ヒラルと移籍を繰り返す。母国であるFCサトゥルン・ラメンスコーエを経て、クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラで2006年に引退した。アンドレイ・カンチェルスキス フレッシュアイペディアより)

  • ヨルグ・アルベルツ

    ヨルグ・アルベルツから見たスコティッシュ・プレミアリーグスコティッシュ・プレミアシップ

    スコティッシュ・プレミアリーグ:3回 (1996-97, 1998-99, 1999-2000)ヨルグ・アルベルツ フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ハットン

    アラン・ハットンから見たスコティッシュ・プレミアシップスコティッシュ・プレミアシップ

    2000年にレンジャーズFCの下部組織に入団し、2002年12月22日にスコティッシュ・プレミアリーグのパーティック・シッスル戦でプロ初出場を飾る。同2002-02シーズンは、1試合のみの出場に終わった。2003-04シーズンは11試合と出場数を増加させ、2004年3月23日のアイブロックス・スタジアムでのダンファームリン・アスレティックFC戦ではプロ初得点を挙げた。翌2004-05シーズンは12試合に出場し、リーグとスコティッシュリーグカップの2冠を獲得しているが、2005年2月のキルマーノックFC戦で足を骨折したことで8ヶ月の離脱となった。アラン・ハットン フレッシュアイペディアより)

  • バーティー・ピーコック

    バーティー・ピーコックから見たスコティッシュ・プレミアシップスコティッシュ・プレミアシップ

    1947年5月16日、生まれ故郷のクラブであるコールレーンの選手として、Connor Cup決勝の第2戦でプロデビューを果たした。チームは4-1でバリーメナ・ユナイテッドに勝利した。その後、グレントランへ移籍し、1949年にはセルティックへ移籍した。1957年、ハムデン・パークで行われたスコティッシュリーグカップ決勝でレンジャーズに7-1の記録的大差で勝利した試合で主将を務めた。セルティックでは450試合以上に出場し、スコティッシュリーグ・ディビジョンAとスコティッシュカップでも優勝を果たした。北アイルランド代表としても、中心選手として1958 FIFAワールドカップで準々決勝に進出したチームを支え、「小さな蟻」(The Little Ant)と呼ばれた。北アイルランド代表では31試合に出場し、2得点を記録した。バーティー・ピーコック フレッシュアイペディアより)

  • 韓国リーグカップ

    韓国リーグカップから見たスコティッシュ・プレミアリーグスコティッシュ・プレミアシップ

    2011年10月、韓国プロサッカー連盟は2013年より導入される2部制への移行策としてスコティッシュ・プレミアリーグで採用される「スプリット・システム」をリーグ戦に一時的に導入し、総試合数が増やされることなどからKリーグカップを廃止すると決定した。韓国リーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • スプリットシステム

    スプリットシステムから見たスコットランド・プレミアリーグスコティッシュ・プレミアシップ

    このシステムはスコットランド・プレミアリーグで採用されており、12チームが3回総当たりでレギュラーシーズンを行った後、上位・下位それぞれ6クラブずつでさらに1回総当たりによる順位決定戦を行って、レギュラーシーズンからの通算勝ち点の合算で最終順位を決定し、上位グループの1位クラブがリーグ優勝となる方式をとっている。スプリットシステム フレッシュアイペディアより)

  • シェルトン・マルティス

    シェルトン・マルティスから見たスコティッシュ・プレミアシップスコティッシュ・プレミアシップ

    2006年8月にスコットランド・プレミアリーグに所属するハイバーニアンFCに3年契約で移籍。シーズン前半には3得点の活躍を見せたものの、ミスも多くサポーターからの支持は集められなかった。その後のハート・オブ・ミドロシアンFC戦で前半30秒にミスを犯して前半で交代、これが最後の試合となった。シェルトン・マルティス フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ビーティー

    ジェームズ・ビーティーから見たスコティッシュ・プレミアリーグスコティッシュ・プレミアシップ

    2010-2011シーズン前にチームがケンワイン・ジョーンズをサンダランドから獲得すると出場機会が更に減少することが決定的となり、2年契約(1年延長のオプション付)でスコティッシュ・プレミアリーグの強豪レンジャーズFCへ移籍がした。なお、移籍金は180万ユーロだとみられている。ジェームズ・ビーティー フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・キャロル

    ロイ・キャロルから見たスコティッシュ・プレミアシップスコティッシュ・プレミアシップ

    2007年7月7日にスコットランドの名門・レンジャーズFCと1年契約。しかし、スコットランド代表のアラン・マクレガーの控えに回ることになり出番を失う。ロイ・キャロル フレッシュアイペディアより)

85件中 21 - 30件表示

「スコティッシュ・プレミアリーグ」のニューストピックワード