前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示
  • スコティッシュ・プレミアリーグ

    スコティッシュ・プレミアリーグから見た第一次世界大戦

    スコットランドのサッカーリーグは1890年に創設され、イングランドに次いで、世界で2番目に古い歴史を持つ。なお、第一次世界大戦中、戦争による被害が少なかったため、スコットランドリーグは中断されることはなく規模を縮小以外は通常通り開催されていた。そのため、開催数ではイングランドより多い。スコティッシュ・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • スコティッシュ・プレミアリーグ

    スコティッシュ・プレミアリーグから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    かつては、サッカーの母国、イングランドのライバルとして高い人気を誇った。しかし、20世紀後期に入るとイギリス以外のヨーロッパ各国リーグの発展・向上や経済力で上回るイングランドリーグとの差が広まるなどの影響を受け、次第に海外からの人気・評価に翳りが見え始めた。1966-67シーズンに、セルティックがUEFAチャンピオンズカップ(現:UEFAチャンピオンズリーグ)を制し、イギリス勢では初となるビッグイヤーを獲得し、人気の低下に歯止めをかけた(なお、このことはセルティックファンおよびスコットランドの誇りとされている)。しかし、イギリス経済が不況に陥ると、スコットランドサッカーにも影響が及び、各クラブも財政難になり運営が難しくなるという状況になってしまう。その後、スコットランド経済は立ち直るも、クラブの貧富の格差は広がった。また、優勝争いのマンネリ、他国リーグへの人気選手の移籍、欧州における同リーグの低迷などの要因も絡み、スコティッシュ・プレミアリーグは打撃を一挙に受けて低迷し、かつての面影は見られなくなってしまう。しかし、21世紀に入ると、UEFAチャンピオンズリーグで、レンジャーズ、セルティックの両クラブが徐々に存在感を出し始め、それぞれのクラブが東欧、南欧、アフリカ、アジアなどから積極的に選手を獲得。更にハーツを中心にハイバーニアン、アバディーンなども国内で復調の兆しを見せ、徐々にだが人気・評価ともに見直されつつある。スコティッシュ・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • スコティッシュ・プレミアリーグ

    スコティッシュ・プレミアリーグから見たスコティッシュ・フットボールリーグ

    1997年、当時のスコットランドのトップ10クラブは、スコティッシュ・フットボールリーグから脱退し、新リーグを設立すると発表。これより数年前に設立されたイングランドのプレミアリーグを参考に、数ヶ月の調整・交渉を経て、1998年8月1日、スコットランドの新たなサッカーリーグ、スコティッシュ・プレミアリーグが開幕した。その後、2000-01シーズンにクラブ数を12に増やし、現在に至っている。スコティッシュ・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • スコティッシュ・プレミアリーグ

    スコティッシュ・プレミアリーグから見たイングランド

    1997年、当時のスコットランドのトップ10クラブは、スコティッシュ・フットボールリーグから脱退し、新リーグを設立すると発表。これより数年前に設立されたイングランドのプレミアリーグを参考に、数ヶ月の調整・交渉を経て、1998年8月1日、スコットランドの新たなサッカーリーグ、スコティッシュ・プレミアリーグが開幕した。その後、2000-01シーズンにクラブ数を12に増やし、現在に至っている。スコティッシュ・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • スコティッシュ・プレミアリーグ

    スコティッシュ・プレミアリーグから見たサッカー

    スコティッシュ・プレミアリーグ(Scottish Premier League)は、スコットランドのサッカーリーグである。スポンサー名をつけて、クライズデールバンク・プレミアリーグ(Clydesdale Bank Premier League)とも呼ばれている。スコットランドの最上位に位置するサッカーリーグであり、現在12のクラブで構成されている。スコティッシュ・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • スコティッシュ・プレミアリーグ

    スコティッシュ・プレミアリーグから見たグラスゴー

    過去の優勝チームをみてみると、実質的にスコットランド最大の都市であるグラスゴーを本拠地とする2強、レンジャーズとセルティックの優勝争いに終始しており、それ以外のチームが優勝することはほとんどない。そのため、2強以外のチームは残留争いや、UEFAヨーロッパリーグなどのUEFA主催の試合の出場権獲得に力を注ぎ、グラスゴーの2強に対して引き分けを狙った試合展開がなされることも少なくない。この2強以外でのリーグ優勝チームとなると1984-85シーズンのアバディーンが最後であり、スコティッシュ・プレミアリーグが誕生した1999年以降は、この2強以外からは優勝チームは出ていない。しかし、首都エディンバラの主要チームであるハーツは、潤沢な資金を持つオーナーが就任したのをきっかけに東欧を中心に選手を集めていて、2005-06シーズンには2位になった。今後も2強に割って入り優勝争いに加わる可能性はあるといえる。スコティッシュ・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • スコティッシュ・プレミアリーグ

    スコティッシュ・プレミアリーグから見たプレミアリーグ

    1997年、当時のスコットランドのトップ10クラブは、スコティッシュ・フットボールリーグから脱退し、新リーグを設立すると発表。これより数年前に設立されたイングランドのプレミアリーグを参考に、数ヶ月の調整・交渉を経て、1998年8月1日、スコットランドの新たなサッカーリーグ、スコティッシュ・プレミアリーグが開幕した。その後、2000-01シーズンにクラブ数を12に増やし、現在に至っている。スコティッシュ・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • スコティッシュ・プレミアリーグ

    スコティッシュ・プレミアリーグから見たエディンバラ

    過去の優勝チームをみてみると、実質的にスコットランド最大の都市であるグラスゴーを本拠地とする2強、レンジャーズとセルティックの優勝争いに終始しており、それ以外のチームが優勝することはほとんどない。そのため、2強以外のチームは残留争いや、UEFAヨーロッパリーグなどのUEFA主催の試合の出場権獲得に力を注ぎ、グラスゴーの2強に対して引き分けを狙った試合展開がなされることも少なくない。この2強以外でのリーグ優勝チームとなると1984-85シーズンのアバディーンが最後であり、スコティッシュ・プレミアリーグが誕生した1999年以降は、この2強以外からは優勝チームは出ていない。しかし、首都エディンバラの主要チームであるハーツは、潤沢な資金を持つオーナーが就任したのをきっかけに東欧を中心に選手を集めていて、2005-06シーズンには2位になった。今後も2強に割って入り優勝争いに加わる可能性はあるといえる。スコティッシュ・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • スコティッシュ・プレミアリーグ

    スコティッシュ・プレミアリーグから見たスコットランド

    スコティッシュ・プレミアリーグ(Scottish Premier League)は、スコットランドのサッカーリーグである。スポンサー名をつけて、クライズデールバンク・プレミアリーグ(Clydesdale Bank Premier League)とも呼ばれている。スコットランドの最上位に位置するサッカーリーグであり、現在12のクラブで構成されている。スコティッシュ・プレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示

「スコティッシュ・プレミアリーグ」のニューストピックワード