前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • シドアルジョの泥火山

    シドアルジョの泥火山から見たスシロ・バンバン・ユドヨノスシロ・バンバン・ユドヨノ

    ラピンド・ブランタス社は当初、応急処置として泥土の流出を防ぐために盛り土の堤防を建設したものの、噴出の勢いが強く堤防は各所で決壊した。そこで、横穴を掘るなどしてガス田により重い泥を注入する対策が行われたが、噴出を止めることはできなかったという。後述の大統領令第13号から約2週間後、対策委員会とユドヨノ大統領は事故現場近くを流れるを通じて泥を海に流すことを決定・指示し、11月22日には敷設された導水路を通じてポロン川への排出が始められたが、泥の排出量は想定を大きく下回った。2007年2月には噴出を止めるため金属の鎖でつないだコンクリート球を投入するという前例のない計画が政府の承認を得て実行されることになった。対策機関は堤防と専用の貯水池を整備し、噴出した泥土は貯水池に貯め、溢れた分は堤防で塞き止め、貯まった泥はポロン川を通じて海に流したが、結局噴出自体を止めることはできなかった。シドアルジョの泥火山 フレッシュアイペディアより)

  • ユドヨノ

    ユドヨノから見たスシロ・バンバン・ユドヨノスシロ・バンバン・ユドヨノ

    ユドヨノ フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア民主党

    インドネシア民主党から見たスシロ・バンバン・ユドヨノスシロ・バンバン・ユドヨノ

    インドネシア民主党(インドネシアみんしゅとう、)は、インドネシアの政党である。スハルト体制期に存続を許されていた2野党のうちの一つ。政党のシンボルカラーは赤、シンボルマークは野牛。略称は。以下、本論ではと略す。2001年に結成され、スシロ・バンバン・ユドヨノ政権の与党となっている「民主党」は別の政党である。インドネシア民主党 フレッシュアイペディアより)

  • フェズ (帽子)

    フェズ (帽子)から見たスシロ・バンバン・ユドヨノスシロ・バンバン・ユドヨノ

    File:SusiloBambangYudhoyono.jpg|ソンコック(ペチ)を着用したユドヨノ 第6代インドネシア大統領フェズ (帽子) フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山イニシアチブ

    鳩山イニシアチブから見たスシロ・バンバン・ユドヨノスシロ・バンバン・ユドヨノ

    2009年10月25日、鳩山はインドネシアのユドヨノ大統領と会談し、4億ドルの円借款を検討する方針を伝えた。12月10日に日本とインドネシアは署名する。この事業自体は自公政権下で始まった継続案件だったことから、自公政権で決まった事業が鳩山イニシアチブの初案件となった。鳩山イニシアチブ フレッシュアイペディアより)

  • バリ島爆弾テロ事件 (2005年)

    バリ島爆弾テロ事件 (2005年)から見たスシロ・バンバン・ユドヨノスシロ・バンバン・ユドヨノ

    インドネシア大統領スシロ・バンバン・ユドヨノはこれを恐ろしい行為だとして非難。インドネシア法務治安担当ー政治調整大臣Widodo、国家情報庁長官Syamsir Siregar警察長官Sutantoはその日のうちに現地に入った。大統領は2日、事件現場と被害者が収容されているサングラ病院を訪れた。バリ島爆弾テロ事件 (2005年) フレッシュアイペディアより)

  • プラボウォ・スビアント

    プラボウォ・スビアントから見たスシロ・バンバン・ユドヨノスシロ・バンバン・ユドヨノ

    経済学者でありスカルノおよびスハルト政権で産業貿易大臣や国務大臣などを歴任したを父とし、その父はの初代総裁のという、インドネシア屈指の名家で1951年に生まれた。父が商業大臣を務めていた1970年に、インドネシア国軍士官学校に入学した。スシロ・バンバン・ユドヨノと同期であったが、ユドヨノより1年遅れで1974年に卒業した。プラボウォ・スビアント フレッシュアイペディアより)

  • ジョグジャカルタ特別州

    ジョグジャカルタ特別州から見たスシロ・バンバン・ユドヨノスシロ・バンバン・ユドヨノ

    1998年、パクアラム8世の引退に伴い、インドネシア政府は特別州知事の世襲制を廃し選挙制を導入したが、州議会は前述の1950年の法律を根拠にハメンクブウォノ10世を知事に選出1、2003年までの任期を副知事なしで現スルタンが就任した。2008年までの任期には議論の末、知事に現スルタン、副知事に現パクアラム公が就任した。2008年までの知事・副知事の任期後は現スルタンは州知事に着かないことを明言していたが、政府とユドヨノ大統領の直接の交渉により3年間の特別任期延長がおこなわれた。ジョグジャカルタ特別州 フレッシュアイペディアより)

  • ESS 3200形電気機関車

    ESS 3200形電気機関車から見たスシロ・バンバン・ユドヨノスシロ・バンバン・ユドヨノ

    1976年にKRLと呼ばれる日本製の電車が運行されるようになってからは電気機関車は使用されなくなり、鉄くずにされてしまったが、幸運にも唯一残ったESS 3201号機がジャカルタのマンガライ鉄道工場で、整備されていない状態で保管されていた。これを鉄道愛好者の団体であるインドネシア鉄道保存協会 (IRPS) の主導の下でインドネシア鉄道会社が修復することになり、2007年7月29日に作業が完了した。2009年にはESS 3201号機はタンジュンプリオク駅に貸し出され、ユドヨノ大統領による同駅の使用再開の記念式典に花を添えた。ESS 3200形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • マンダラ航空091便墜落事故

    マンダラ航空091便墜落事故から見たスシロ・バンバン・ユドヨノスシロ・バンバン・ユドヨノ

    091便はジャカルタ・スカルノハッタ国際空港 (CGK) へ向かう予定であった。北スマトラ州 (Sumatera Utara) の知事がインドネシア大統領スシロ・バンバン・ユドヨノとの会談のために、また北スマトラ州選出の地方代表議会 (DPD) 議員であるRaja Inal Siregar (前北スマトラ州知事) とabdul halimが搭乗していた。マンダラ航空091便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示