前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • スシロ・バンバン・ユドヨノ

    スシロ・バンバン・ユドヨノから見たテイン・セイン

    4月23日、2006年以来7年振りにミャンマーを訪問し、テイン・セイン大統領と会談。貿易投資拡大や観光・運輸・農水業・エネルギー・人材交流の面での協力拡大に合意した他、仏教徒との対立からミャンマーからの国外脱出が相次いでいるロヒンギャについても協議した。スシロ・バンバン・ユドヨノ フレッシュアイペディアより)

  • スシロ・バンバン・ユドヨノ

    スシロ・バンバン・ユドヨノから見たウラジーミル・プーチン

    2013年10月7日、APEC首脳会議に出席した際、ウラジーミル・プーチン大統領の誕生日を祝い、ギターで誕生日ソングの弾き語りをした。スシロ・バンバン・ユドヨノ フレッシュアイペディアより)

  • スシロ・バンバン・ユドヨノ

    スシロ・バンバン・ユドヨノから見たプラボウォ・スビアント

    2014年9月25日、首長選挙の直接選挙制を廃止し、地方議会による間接選挙制に移行する改正案がプラボウォ・スビアントら野党・メラプティ連合により提出される。改正案はジョコ・ウィドド新政権に対抗するため、首長を野党寄りの人物で占めることを目的としており、ユドヨノは改正案に反対するジョコに同調し民主党議員に反対に回ることを指示するが、民主党が提案した直接選挙改革案が却下されたことに反発した民主党議員が議会を退席したため、翌26日に間接選挙改正案が可決される。法改正に際し、国民から「スハルト独裁時代への逆行」と非難の声が挙がり、ユドヨノは10月2日に法改正を無効にする政令を出したが、国民からは議会での対応を非難され「退任直前に汚点を残した」と評価された。スシロ・バンバン・ユドヨノ フレッシュアイペディアより)

  • スシロ・バンバン・ユドヨノ

    スシロ・バンバン・ユドヨノから見たスハルト

    陸軍では、戦略予備軍の旅団長、地方軍管区司令官、国軍司令官副官などを歴任。1995年-1996年には国連軍ボスニア・ヘルツェゴビナ停戦監視団で主席軍事オブザーバーも務めた。スハルト退陣時には社会政治参謀長。かねてより「陸軍きっての秀才」との誉れ高く、その将来を嘱望されてきた。スシロ・バンバン・ユドヨノ フレッシュアイペディアより)

  • スシロ・バンバン・ユドヨノ

    スシロ・バンバン・ユドヨノから見たジョコ・ウィドド

    2014年9月25日、首長選挙の直接選挙制を廃止し、地方議会による間接選挙制に移行する改正案がプラボウォ・スビアントら野党・メラプティ連合により提出される。改正案はジョコ・ウィドド新政権に対抗するため、首長を野党寄りの人物で占めることを目的としており、ユドヨノは改正案に反対するジョコに同調し民主党議員に反対に回ることを指示するが、民主党が提案した直接選挙改革案が却下されたことに反発した民主党議員が議会を退席したため、翌26日に間接選挙改正案が可決される。法改正に際し、国民から「スハルト独裁時代への逆行」と非難の声が挙がり、ユドヨノは10月2日に法改正を無効にする政令を出したが、国民からは議会での対応を非難され「退任直前に汚点を残した」と評価された。スシロ・バンバン・ユドヨノ フレッシュアイペディアより)

  • スシロ・バンバン・ユドヨノ

    スシロ・バンバン・ユドヨノから見たユスフ・ハビビ

    ユスフ・ハビビ政権では、ウィラント国防相のブレーンとして、国防とともに政治にも深く関与するという国軍の伝統的な「二重機能」を廃止する理論づくりを主導した。スシロ・バンバン・ユドヨノ フレッシュアイペディアより)

  • スシロ・バンバン・ユドヨノ

    スシロ・バンバン・ユドヨノから見た白石隆

    白石隆「国軍 - その世代交代と変貌 -」、安中章夫・三平則夫編『現代インドネシアの政治と経済 - スハルト政権の30年 -』、アジア経済研究所、1995年スシロ・バンバン・ユドヨノ フレッシュアイペディアより)

  • スシロ・バンバン・ユドヨノ

    スシロ・バンバン・ユドヨノから見たアブドゥルラフマン・ワヒド

    その後退役し、1999年にアブドゥルラフマン・ワヒド政権で初入閣(鉱業エネルギー相)。その後も同政権で政治・治安担当調整相に就任してテロ対策を指揮し、メガワティ・スティアワティ・スカルノプトゥリ政権でも継続して調整相となった。スシロ・バンバン・ユドヨノ フレッシュアイペディアより)

  • スシロ・バンバン・ユドヨノ

    スシロ・バンバン・ユドヨノから見た習近平

    10月2日、中国の習近平国家主席と会談。2012年に失効した通貨スワップ協定の再開や合同軍事演習の開催、兵器の共同開発を行うことで合意した。スシロ・バンバン・ユドヨノ フレッシュアイペディアより)

  • スシロ・バンバン・ユドヨノ

    スシロ・バンバン・ユドヨノから見たメガワティ・スティアワティ・スカルノプトゥリ

    その後退役し、1999年にアブドゥルラフマン・ワヒド政権で初入閣(鉱業エネルギー相)。その後も同政権で政治・治安担当調整相に就任してテロ対策を指揮し、メガワティ・スティアワティ・スカルノプトゥリ政権でも継続して調整相となった。スシロ・バンバン・ユドヨノ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示