ススキの情報 ニュース&Wiki etc.

ススキ(芒、薄)とは、イネ科ススキ属の植物。尾花ともいい、また茅(かや。「萱」とも書く)と呼ばれる有用植物の主要な一種。 (出典:Wikipedia)

「ススキの情報」Q&A

  • Q&A

    夢で蝶々が出てきました。 私は一人でプールに入っていました。 プールの周りには雑草や…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2015年8月27日 14:00

  • Q&A

    家の近所のため池に生えているススキのような綿を出す植物が大量にありますが、あの植物は…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2015年1月30日 23:32

  • Q&A

    大阪の岩湧山山頂のススキは現在どんなもんでしょうか。見頃にはまだ早いですか? でき…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2014年10月5日 11:31

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ススキ」のつながり調べ

  • 久場島 (沖縄県座間味村)

    久場島 (沖縄県座間味村)から見たススキ

    1983年現在、久場島には77科200種以上の植物が確認され、強風や潮風、さらに乾燥に強い植生が見受けられる。海岸沿いにはアダンやヒルガオが、また海風に強い多年草のススキやチガヤが群生している。島山頂部に樹木は見受けられず、草原が広がる。(久場島 (沖縄県座間味村) フレッシュアイペディアより)

  • コンブ

    コンブから見たススキ

    ただし、中国でいう「昆布」は、文献によってさまざまに記述されており、実際にはどの海藻を指していたのか同定が難しい。たとえば陳藏器は「昆布は南海で産出し、その葉は手のようで、大きさは薄(ススキ)や葦ほど、赤紫色をしている。その葉の細いものが海藻である」と記しており、アラメ、カジメ、ワカメ、クロメといったものを想起させる。昆布は、少なくとも当時は、東海(東シナ海)でも南海(南シナ海)でも採れるものではなかった。また、李時珍も掌禹錫(11世紀)に倣い、「昆布」と「海帯」(後者は、現代中国語で昆布を指す)を別種のものとして記述している。(コンブ フレッシュアイペディアより)

「ススキ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ススキの情報」のニューストピックワード