ススキの情報 ニュース&Wiki etc.

ススキ(芒、薄、)とは、イネ科ススキ属の植物。尾花ともいい秋の七草の一つ。また茅(かや。「萱」とも書く)と呼ばれる有用植物の主要な一種。 (出典:Wikipedia)

「ススキの情報」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ススキ」のつながり調べ

  • すすき

    すすきから見たススキ

    すすき フレッシュアイペディアより)

  • 桜島

    桜島から見たススキ

    桜島は頻繁に噴火を繰り返してきたため同程度の標高を有する周辺の山地とは植生が異なっている。山頂付近には植物がなく標高600メートル (m) 付近からススキなどの草が生え始める。標高が下がるに従ってヤシャブシやノリウツギなどの低木がみられるようになり、クロマツや広葉樹の林へと続いている。山麓付近はクロマツ、タブノキ、アラカシ、シイの林となっており、北部から北西部にかけてはスギやヒノキの人工林も存在する。大正大噴火以前は山頂火口付近までヤシャブシの林があり、中腹まで広葉樹の天然林が広がっていたが、大正大噴火以降は火山ガスによって桜島東側を中心に森林が枯死して表土が失わえ、深さ50mを越す谷が無数に刻まれ、山体の崩壊が進行している。島の東西に2つある大正噴火の火口のうち東側の火口は噴火の後に高さ10mほどのクロマツの森林となったが、昭和期に入ってからの噴火活動によってクロマツが枯死して植生が再び失われている。(桜島 フレッシュアイペディアより)

「ススキ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ススキの情報」のニューストピックワード