前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
172件中 1 - 10件表示
  • 生石高原

    生石高原から見たススキススキ

    和歌山県の北部を高野山から海南市方面へ延びる長峰山脈の一角をなしている高原である生石高原は、海草郡紀美野町中田と、有田郡有田川町生石にまたがる高原であり、生石ヶ峰(標高870m)を中心に隆起準平原の平面が続いている。その山頂一帯はススキで覆われた約13haの大草原となっている。春の新緑、秋のススキのシーズンは関西一円から、数多くの観光客が、その自然に触れることを目的に集まってくることでも知られている。また山頂からの眺望も非常に良いことも相まって、和歌山県内有数の行楽地となっている。とりわけ、ここから見た元旦の初日の出は美しいとされている。産業としては、山腹に国民宿舎があるなど観光振興がなされているほか、高原であることによる気候の特性を生かしてトマトやキュウリの抑制栽培も行われるなど農業も盛んである。以前は別荘地開発も行われていた。高原一帯は生石高原県立自然公園に指定されている。生石高原 フレッシュアイペディアより)

  • ナンバンギセル

    ナンバンギセルから見たススキススキ

    イネ科の単子葉植物(イネ、ススキ、サトウキビなど)の根に寄生する。寄主の根から吸収した栄養分に依存して生育するため、寄主の生長は阻害され、死に至ることもある。ナンバンギセル フレッシュアイペディアより)

  • スーパー大火勢

    スーパー大火勢から見たススキススキ

    大松明(大火勢)は長さ14mのヒノキに横木を5段輪状に束ね、アシやススキを乾燥しておいたものを、結んで作り初日は伊射奈伎神社へ、翌日は熊野神社へ奉納される。スーパー大火勢 フレッシュアイペディアより)

  • カヤキリ

    カヤキリから見たススキススキ

    カヤキリ(萱螽斯・茅螽斯・萱切・茅切、Pseudorhynchus japonicus)は、バッタ目キリギリス科の昆虫。和名は「カヤ(ススキの別名)に棲むキリギリス」の意味。カヤキリ フレッシュアイペディアより)

  • 船頭小唄

    船頭小唄から見たススキススキ

    1921年(大正10年)1月30日に民謡「枯れすすき」として野口雨情が作詞、同年に中山晋平が作曲した。船頭小唄 フレッシュアイペディアより)

  • 草刈り

    草刈りから見たススキススキ

    前者の例としては、火入れなどによって管理している採草地からススキを刈り取り、牛馬の飼料(まぐさ)や堆肥の原料、茅葺屋根の素材とするものが挙げられる。これはイネやムギを収穫する際に根本から刈り取る作業と似ているが、それらは稲刈りや麦刈りと呼ばれて一般の草刈とは区別される。なお、次に述べる不用な草を刈る場合にも、それを肥料として利用することがかつては普通に行われた。草刈り フレッシュアイペディアより)

  • スズムシ

    スズムシから見たススキススキ

    成虫は夏に出現し、森林縁またはススキなどの多い暗い茂みの地表に生息する。自然の豊かな農村などでは、田畑の脇の草むらで大きな石やコンクリート片などをひっくり返すと、多数の個体が潜んでいる姿に出会うこともある。他の地表性の種、たとえばエンマコオロギなどに比べ脚が比較的長く、細いため、穴を掘ることはなく物陰に隠れるのみである。スズムシ フレッシュアイペディアより)

  • 生石高原県立自然公園

    生石高原県立自然公園から見たススキススキ

    生石ヶ峰(生石山)の山頂を含む。この山の山頂は古くは定期的な火入れ等によってススキの草原が広がり、優れた景観をもたらし、また高原に特有のマツムシソウやウメバチソウなど和歌山県では珍しい特殊な植物が多く生育することでも知られていた。ただし、近年はススキ草原の遷移が進む傾向があり、一部ではアカマツの森林となり、ススキ草原は狭まっている。そのため、ボランティア等で刈り入れや火入れが行われ、ススキ草原の回復の試みがなされている。生石高原県立自然公園 フレッシュアイペディアより)

  • カジランガ国立公園

    カジランガ国立公園から見たススキススキ

    カジランガ国立公園には、エレファント・グラス(ススキ)が広範囲で自生しており、カジランガの湿地帯には、熱帯性の広葉樹林が広がり、ブラマプトラ川を含む4本の河川が交錯する。また、ベンガル語でジールス(en)と呼ばれる湿地帯に出来る池が複数存在している。カジランガ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • チガヤ

    チガヤから見たススキススキ

    地下茎は横に這い、所々から少数の葉をまとめて出す。地上には花茎以外にはほとんど葉だけが出ている状態である。葉には細くて硬い葉柄があって、その先はやや幅広くなり、広線形。葉はほとんど真っすぐに立ち上がり、高さは30-50cm程になる。葉の裏表の差はあまりない。葉の縁はざらつくがススキほどではない。チガヤ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
172件中 1 - 10件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード