213件中 91 - 100件表示
  • 尼崎の森中央緑地

    尼崎の森中央緑地から見たススキススキ

    シバ群落、ススキ・ネザサ群集、チガヤ・ヒメジョオン群集尼崎の森中央緑地 フレッシュアイペディアより)

  • 草刈り

    草刈りから見たススキススキ

    後者の草刈りは、人間が土地を利用する場合のもっとも基本的な管理法の一つであり、遷移の進行を止めるための作業である。日本では更地はほぼ1年で草地と化し、数年間放置すればススキなどが侵入して背丈が2mにも達するようになる。このため、公園や河川の堤防など、空き地状態を維持する必要がある箇所については、年間に1 - 2回の草刈りを行なわなければならない。日本で最も組織化かつ頻繁に行われている草刈り作業は、水田の畔や土手の草刈り作業である。これは水稲等の生育障害を起こすカメムシの侵入を遮断するという目的のためにも行われるものである。カメムシ注意報により、草刈りの指示が行なわれている期間には、潔癖という表現に相応しい草刈りが集中的に行われる。また、人工林など樹木の生えた下の草を刈る場合も草刈りということもあるが、むしろ下草狩り(したくさがり)というのが普通である。草刈り フレッシュアイペディアより)

  • 木々子神社

    木々子神社から見たススキススキ

    境内施設として、本殿、拝殿、鳥居(2基所在、うち1基は東日本大震災の際に破損)、案内板、祠、小さな祠(2基)、倉庫、「十九夜供養墖」と彫られた石碑、「庚申塔 宮下講中」と彫られた石碑、「庚申塔 宮下株講中」と彫られた石碑、青面金剛像、「厳嶌大神」と彫られた石碑、「稲荷大明神」と彫られた石碑、「鳥居寄付金連名」と彫られた石碑、「奉納 桜三十二樹」と彫られた石碑、「淺間大神」と彫られた石碑、「小御嶽磐長姫命」と彫られた石碑、「木花咲夜姫命」と彫られた石碑、小山(浅間塚)、「奉献御役石貮箇所」と彫られた石碑、「寄付金連名」と彫られた石碑、公孫樹の木、桜の木、松の木、槇の木、ツバキ、サツキ、棕櫚、ススキ、リュウノヒゲなどである。木々子神社 フレッシュアイペディアより)

  • 花穂

    花穂から見たススキススキ

    花穂(かすい、spike, ear)は、穂のような形で咲く花のこと。ススキ、エノコログサ、ケイトウなどがこれにあたる。花穂 フレッシュアイペディアより)

  • ふら・ふろ

    ふら・ふろから見たススキススキ

    季節の変化や行事にはこだわり、ひまわりやススキをどこからか調達してきては、お師匠とともに敷地に植えている。ふら・ふろ フレッシュアイペディアより)

  • 仙石原

    仙石原から見たススキススキ

    仙石原(せんごくはら、せんごくばら)は神奈川県足柄下郡箱根町の地名。郵便番号は250-0631。ススキの草原や仙石原温泉で知られる。アニメ新世紀エヴァンゲリオンの舞台、第三新東京市としても知られる。仙石原 フレッシュアイペディアより)

  • 仙石原

    仙石原から見たすすきススキ

    拠点となる停留所としては、「仙石」・「仙石案内所前」・「仙郷楼前」などがある。すすき草原は小田急箱根高速バスや箱根登山バスの「仙石高原」停留所が最寄である。仙石原 フレッシュアイペディアより)

  • 滝野すずらん丘陵公園

    滝野すずらん丘陵公園から見たススキススキ

    公園内には四季を彩る花が咲き誇り、大きな見どころとなっている。カントリーガーデンでは『花と緑のある北のくらし』をテーマに、北海道を代表する牧歌的でおおらかな田園風景(カントリー) を表現している。4月下旬から5月中旬にかけては数万株のクロッカスが咲き始める。5月中旬ころに町中より遅れてスイセンやチューリップなどの球根類が一斉に咲き始める。6月になると公園のシンボルフラワーであるスズランが咲き始め、花のテラスではアーチに仕立てたキングサリが花を付けるなど様々な花が咲き誇る。また、花人の隠れ家ではメコノプシス属の花やイングリッシュ・ブルーベル、山のお花畑ではシベリアアヤメが開花する。7月になると花のまきばの斜面をラベンダーが覆い、収穫の谷ではニセアカシアなどの花が咲き誇る。7月中旬になると収穫の谷では遅咲きのラベンダーが開花し、デルフィニウムとともに蒼い花が最後の見ごろを迎える。8月に入ると山のお花畑ではヘメロカリスが満開となり、花のまきばではポピーなどの一年生植物が咲き誇る。花人の隠れ家ではアナベルが見ごろとなる。カントリーハウス周辺でユリの開花と同時にカルーナが小さい花を付ける。9月に入るとたくさんのハギの花を見ることができ、9月中旬にはコスモスが花のまきばの斜面を彩り、花人の隠れ家ではピンクのコルチカムの花が咲く。この時期から園内のいたるところで木の実や果実を見ることができる。10月になると花の季節は終わりに近づき、ススキ、フウチソウ(ウラハグサ)、コキアの紅葉などを見ることができる。滝野の森ゾーン西エリアでは雪解けとともに様々な山野草や生物が動き出し、フクジュソウやエンレイソウ、ヒトリシズカなどの花々が咲き始め、5月中旬にはシラネアオイが見ごろを迎える。滝野すずらん丘陵公園 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬谷八福神

    瀬谷八福神から見たススキススキ

    長天寺…すすき(瀬谷八福神 フレッシュアイペディアより)

  • 段ヶ峰

    段ヶ峰から見たススキススキ

    このコースは、生野高原ゴルフ場(標高570m)を出ると、達磨ヶ峰山頂まで高低差約350mの急勾配の山道を登らねばならない。稜線上に上がりきり達磨ヶ峰山頂が近づいてくる辺りで、銀山湖、三国岳、千ヶ峰などが見渡せる位置になる。起点の生野高原ゴルフ場からこの尾根付近にかけては、過去には牛の放牧地であったこともあり、現在でもススキ等の草が多いのは、当時、頻繁に野焼きが行われていたからであるとされている。この達磨ヶ峰からフトウガ峰の間の区間には、2つの大きな起伏があり、それぞれのコブの頂上付近以外は、大半が雑木林であり、登山道はその中を歩く形になる。さて、達磨ヶ峰より、大凡20分程度歩を進めると、通称最低コルと呼ばれる鞍部に到達する。ここからフトウガ峰山頂までの区間の勾配はかなりきつい為、注意が必要である。急坂の区間を抜け、勾配も緩やかになり、周りに笹原が広がり、大岩がそこかしこに点在しはじめると、フトウガ峰山頂は間近である。フトウガ峰山頂を過ぎると間もなく杉谷コースと合流する。ここから先、段ヶ峰までの区間は、起伏もほとんどないなだらかな尾根道を進んでいく。このあたりの山肌は秋には紅葉で赤く染まる。さて、フトウガ峰を出て大凡40分程歩き続けると1本の大きな松の木が見えてくる。これが段ヶ峰山頂である。段ヶ峰 フレッシュアイペディアより)

213件中 91 - 100件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード