172件中 11 - 20件表示
  • イネ科

    イネ科から見たススキススキ

    葉は平行脈をもち、細長く、薄いものが多い。一部で基部でねじれて裏表逆転するものがある。葉は根元から生える根出葉と、茎の途中に生える茎葉がある。ススキのように根出葉が多いものもあれば、ヨシのように茎葉が多いものもある。一部のものは、匍匐枝や地下茎があって横に這う。イネ科 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見たススキススキ

    現代では、月が見える場所などに、(すすき)を飾って月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、御酒を供えて月を眺める(お月見料理)。この時期収穫されたばかりの里芋を供えることから、十五夜の月を特に芋名月(いもめいげつ)と言う地方もある。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 茅葺

    茅葺から見たススキススキ

    茅葺(かやぶき。「萱葺」とも。)とは、茅(かや、萱。ススキやチガヤなどを指す)を材料にして葺く家屋の屋根の構造の一つで、茅葺き屋根、茅葺屋根ともいう。用いる材料により藁葺(わらぶき)・草葺(くさぶき)と呼び区別する場合もある。茅葺 フレッシュアイペディアより)

  • セイタカアワダチソウ

    セイタカアワダチソウから見たススキススキ

    北アメリカ原産で、日本では切り花用の観賞植物として導入された帰化植物(外来種)であり、ススキなどの在来種と競合する。河原や空き地などに群生し、高さは1 - 2.5m、良く肥えた土地では3.5 - 4.5m程度にもなる。茎は、下の方ではほとんど枝分かれがなく、先の方で花を付ける枝を多数出す。花期は秋で、濃黄色の小さな花を多く付ける。種子だけでなく地下茎でも増える。アレロパシーを有する(後述)。セイタカアワダチソウ フレッシュアイペディアより)

  • ナラビオカミミガイ

    ナラビオカミミガイから見たススキススキ

    波が静かな内湾・汽水域の潮上帯に生息する。大潮の満潮時にやっと水が届くほどの波打ち際上部で、ヨシ、チガヤ、スイバ、ハマウド、ススキなどの植物が生えた区域にいる。暗く湿った所を好み、昼間は石や漂着物の下に潜む。オカミミガイ科としては小型種だが、光沢があるので生息地では比較的目に付き易い。オカミミガイ科の中ではオカミミガイ、キヌカツギハマシイノミガイ、オキヒラシイノミガイなども同所的に生息することがある。これらの中でも本種とオカミミガイは生息環境の攪乱に比較的強く、開発の手が入るなどして他種が死滅した環境でも生き残ることがある。ナラビオカミミガイ フレッシュアイペディアより)

  • 苅安色

    苅安色から見たススキススキ

    苅安色(かりやすいろ)は、日本の伝統色の一つ。ススキの仲間である、カリヤスという草で染める、青色がかった黄色である。苅安色 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマキマダラヒカゲ

    ヤマキマダラヒカゲから見たススキススキ

    幼虫は、イネ科の笹類やススキなどを食草とする。幼虫の頭部にはツノに似た突起が2つあり、耳に見立てるとネコの顔のように見える (ジャノメチョウ類の幼虫の特徴であるが、5齢幼虫にもなるとこの突起はほとんど目立たなくなる) 。ヤマキマダラヒカゲ フレッシュアイペディアより)

  • 大野岳 (鹿児島県)

    大野岳 (鹿児島県)から見たススキススキ

    植生は中腹にタブノキ、マテバシイ、スダジイ、イスノキなどの自然林、頂上付近にススキ、チガヤ、ゴキダケなどが分布する。絶滅危惧種に指定されているキバナチゴユリやナンゴクウラシマソウも見られる。大野岳 (鹿児島県) フレッシュアイペディアより)

  • 峰山高原

    峰山高原から見たススキススキ

    播磨の避暑地として知られ、麓の黒岩の滝から夜鷹山への登山道、「リラクシアの森」という森林散策道から暁晴山への登山道、およびススキの名所として知られる砥峰高原や太田池を周回するハイキングコースが整備されている。峰山高原 フレッシュアイペディアより)

  • カヤコオロギ

    カヤコオロギから見たススキススキ

    ススキ(別名カヤ)やチガヤに棲むコオロギの1種。カヤコオロギ フレッシュアイペディアより)

172件中 11 - 20件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード