213件中 11 - 20件表示
  • 月見

    月見から見たススキススキ

    現代では、月が見える場所などに、(すすき)を飾って月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、御酒を供えて月を眺める(お月見料理)。この時期収穫されたばかりの里芋を供えることから、十五夜の月を特に芋名月(いもめいげつ)と呼ぶ地方もある。一方、沖縄ではふちゃぎ(吹上餅)を作って供えている。また仏教寺院では、豊作を祈る満月法会を催すところもある。月見 フレッシュアイペディアより)

  • セイタカアワダチソウ

    セイタカアワダチソウから見たススキススキ

    北アメリカ原産で、日本では切り花用の観賞植物として導入された帰化植物(外来種)であり、ススキなどの在来種と競合する。11月頃まで開花していることから、ミツバチの蜜源植物として、養蜂業者が全国に広めたこともある。河原や空き地などに群生し、高さは1 - 2.5m、良く肥えた土地では3.5 - 4.5m程度にもなる。茎は、下の方ではほとんど枝分かれがなく、先の方で花を付ける枝を多数出す。花期は秋で、濃黄色の小さな花を多く付ける。種子だけでなく地下茎でも増える。アレロパシーを有する(後述)。セイタカアワダチソウ フレッシュアイペディアより)

  • えびの高原

    えびの高原から見たススキススキ

    韓国岳北西斜面の火山性扇状地はススキ野となっており、秋には赤く色づく。これは硫黄山から噴出する亜硫酸ガスが酸化され希硫酸となりススキに含まれるアントシアンに作用するためとされ、えびの高原の雨の多さ、秋の気温低下、強い紫外線などの条件も関与していると考えられている。えびの高原 フレッシュアイペディアより)

  • カジランガ国立公園

    カジランガ国立公園から見たススキススキ

    ススキが広範囲で自生しており、カジランガの湿地帯には、熱帯性の広葉樹林が広がり、ブラマプトラ川を含む4本の河川が交錯する。また、ベンガル語でジールス(en)と呼ばれる湿地帯に出来る池が複数存在している。カジランガ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • スズムシ

    スズムシから見たススキススキ

    成虫は夏に出現し、森林縁またはススキなどの多い暗い茂みの地表に生息する。自然の豊かな農村などでは、田畑の脇の草むらで大きな石やコンクリート片などをひっくり返すと、多数の個体が潜んでいる姿に出会うこともある。他の地表性の種、たとえばエンマコオロギなどに比べ脚が比較的長く、細いため、穴を掘ることはなく物陰に隠れるのみである。スズムシ フレッシュアイペディアより)

  • 尾花

    尾花から見たススキススキ

    尾花 フレッシュアイペディアより)

  • 越後ながおかバイオマス地域協議会

    越後ながおかバイオマス地域協議会から見たすすきススキ

    長岡市営スキー場(茅、すすき、なたね、ひまわり等の資源作物)越後ながおかバイオマス地域協議会 フレッシュアイペディアより)

  • ヒメジャノメ

    ヒメジャノメから見たススキススキ

    アズマネザサ、チヂミザサ、ススキなどの単子葉イネ科植物が幼虫の食草。幼虫で越冬し、翌年蛹になる。ヒメジャノメ フレッシュアイペディアより)

  • ホソバセセリ

    ホソバセセリから見たススキススキ

    食草は、ススキを始めとする単子葉イネ科植物。発生は年1回(暖地では年2回)、越冬態は中齢幼虫。ホソバセセリ フレッシュアイペディアより)

  • キマダラモドキ

    キマダラモドキから見たススキススキ

    食草はイネ科のススキ・カモジグサ・ヒメノガリヤス、カヤツリグサ科のカワラスゲ・カサスゲ・ヒカゲスゲ・ヒゴクサなど。越冬態は1齢幼虫。年一化性で、成虫は7月中旬から8月にかけて見られ、夕方によく活動する。花には来ない。キマダラモドキ フレッシュアイペディアより)

213件中 11 - 20件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード