172件中 21 - 30件表示
  • 大野山 (兵庫県)

    大野山 (兵庫県)から見たススキススキ

    標高753mの大野山は山頂からはほぼ360度の視界が見渡すことが可能で、北摂山系をはじめ六甲山、篠山や京都方面の丹波の山脈、遠くは瀬戸内海や大阪市街も望むことができる。山上には三等三角点が存在し、方位盤も設けられている。春には猪名川町花のツツジやアジサイが山中に咲き、秋にはススキ、ハギが咲く光景が広がる。大野山肌の上昇気流を使いパラグライダーを楽しむ光景も見られる。頂上付近まで車で登ることができ、駐車場も整っており手軽に山歩きが可能である。大野山 (兵庫県) フレッシュアイペディアより)

  • 甑岳

    甑岳から見たススキススキ

    頂上部は火口縁付近に林、その内側に草原、中央部に湿原があり、林はヤシャブシやコツクバネウツギ、草原はススキやミヤコザサ、湿原にはヌマガヤ、イトイヌノハナヒゲ、ミズゴケ、ツクシゼリ、モウセンゴケ、ムラサキミミカキグサ、サワギキョウなどが見られる。甑岳 フレッシュアイペディアより)

  • アオバハゴロモ

    アオバハゴロモから見たススキススキ

    日本本土ではあまり似たものはいない。同じ科のトビイロハゴロモ(Mimophantia maritima Matsumura)は全体の形は似ているものの、やや小型で、薄い褐色をしている。ススキなどイネ科の野草に止まっているのをよく見る。アオバハゴロモ フレッシュアイペディアより)

  • ヒトモトススキ

    ヒトモトススキから見たススキススキ

    和名は横に這わないススキの意と思われるが、形はともかく、見かけではススキにはあまり似ておらず、はるかにごつい植物である。別名をシシキリガヤと言い、これは葉のざらつきが強く、肉が切れるという意味である。ヒトモトススキ フレッシュアイペディアより)

  • 尾花

    尾花から見たススキススキ

    尾花 フレッシュアイペディアより)

  • マツムシ

    マツムシから見たススキススキ

    成虫は8月中旬から11月下旬にかけて出現する。平地から低山帯の乾き気味の日当たりの良い草地に生息し、主にススキが占有する河川敷、海岸線、高速道路沿い、線路沿いなどで生活する。体色は枯れ葉や枯れ草の色に合わせた保護色であるが、生活は主に生きた植物の上である。マツムシ フレッシュアイペディアより)

  • オオナンバンギセル

    オオナンバンギセルから見たススキススキ

    ススキやノガリヤスなどのイネ科の単子葉植物の根に寄生する。根は寄主の根に食い込んで栄養分を吸収する。地上にはほとんど出ない茎はごく短く、数個の鱗片葉があり、その上部の鱗片葉の腋から花柄を長く伸ばす。オオナンバンギセル フレッシュアイペディアより)

  • 株

    から見たススキススキ

    例えばチューリップのような植物は一本の花茎とそれを取り巻く葉が出るだけである。しかし、ススキの場合は、茎の根元から側面に根を出して立ち上がり、その根元からは根が出る。それを繰り返す結果、多数の茎が根元で集まった状態になる。このように多数の茎が一つの根元によった状態を株と言う。茎の根元から側面に新芽を出すのは、草本ではごく普通に見られるものであるから、このような姿になる植物は多い。 フレッシュアイペディアより)

  • オギ

    オギから見たススキススキ

    ススキに良く似ているが、オギは地下茎で広がるために、株にならない。また、ススキが生えることのできる乾燥した場所には生育しないが、ヨシよりは乾燥した場所を好む。穂はススキよりも毛が長くて白く、柔らかい。オギ フレッシュアイペディアより)

  • 塩塚高原

    塩塚高原から見たススキススキ

    塩塚高原は近年まで地元農家に茅肥採取地として活用されていた。良質な茅肥を守るための野焼きが現在も行われている。数少ない観光型里山の一つとも言える。塩塚はもともと愛媛での呼称で、徳島ではドウメキ山と呼ばれていたようである。春は野焼き(山焼き)、夏から秋にかけてはパラグライダー、キャンプ、ススキが、また夜遅くには満天の星空が観賞出来ることでも有名。塩塚高原 フレッシュアイペディアより)

172件中 21 - 30件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード