213件中 21 - 30件表示
  • 芒

    から見たススキススキ

    芒(のぎ、「ぼう」とも)は、コメ、ムギなどイネ科の植物の小穂を構成する鱗片(穎)の先端にある棘状の突起のこと。ススキのことを芒とも書くが、これに似たイネ科の植物にオギ(荻)がある。ススキには芒があるが、オギには芒がない。二十四節気のうち芒種(ぼうしゅ)は、芒を持つ植物の種を蒔く時期のことである。また、陶器などの表面に現れる芒状の細長い斑紋を芒になぞらえて芒目(のぎめ)と呼ぶ。 フレッシュアイペディアより)

  • アブラススキ

    アブラススキから見たススキススキ

    アブラススキ(油薄、学名:Eccoilopus cotulifer)は、単子葉植物イネ科アブラススキ属の大型の多年草である。まばらな穂にややまとまった小穂が枝先に垂れる。ススキの名をもつが、それほどススキに似ている訳ではなく、むしろ穂に綿毛がないところなど、はっきり異なった点が多い。名前の由来は穂から油のような成分を出すためである。類似の植物は多々あり、それらもアブラススキの名に修飾をつけて呼ばれるものがある。アブラススキ フレッシュアイペディアより)

  • ウスイロコノマチョウ

    ウスイロコノマチョウから見たススキススキ

    幼虫の食草はジュズダマ・ススキ・アワ・トウモロコシ(イネ科)、とくにジュズダマとの結びつきが強い。年多化性で、土着地では5月から11月にかけて見られる。越冬態は成虫。ウスイロコノマチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タガネソウ

    タガネソウから見たススキススキ

    タガネソウは、単子葉植物カヤツリグサ科スゲ属の植物である。一般にスゲ類はススキのような細長い葉を持っているが、タガネソウは、例外的に楕円形に近い葉を持つ。タガネソウ フレッシュアイペディアより)

  • アイアシ

    アイアシから見たススキススキ

    花序は5-6月頃から出て、秋まで見られる。アシのそれがややススキのように柔らかく広がるのとは全く異なり、5-10本の太い枝がやや掌状に着いたもので、成熟するとそれぞれ節くれ立ち、鳥の足を思わせるほどの妙な姿となる。穂の長さは10-25cm、枝の幅は5mmほど。多数の節があって、それぞれに1対の小穂がつく。ただしそれらは枝に密着しているので目立たない。アイアシ フレッシュアイペディアより)

  • コジャノメ

    コジャノメから見たススキススキ

    幼虫の食草はチヂミザサ、カヤツリグサなどのタケ・ササ類およびススキなどのイネ科植物。幼虫で越冬する。コジャノメ フレッシュアイペディアより)

  • ギンイチモンジセセリ

    ギンイチモンジセセリから見たススキススキ

    成虫は年2回発生し、春型は4?5月、夏型は7?8月に見られる。温暖地で年3回、寒冷地で年1回となる場合もある。越冬態は5齢幼虫。食草はイネ科のススキ、アブラススキ、エノコログサ、アイアシ、チガヤなど。ギンイチモンジセセリ フレッシュアイペディアより)

  • チャバネセセリ

    チャバネセセリから見たススキススキ

    幼虫の食草はイネやススキといったイネ科の植物や、タケ科やカヤツリグサ科の植物である。チャバネセセリ フレッシュアイペディアより)

  • イチモンジセセリ

    イチモンジセセリから見たススキススキ

    幼虫の食草は、イネやススキ等のイネ科やカヤツリグサ科の植物である。そのためイネの害虫とされ、イネツキムシ、イネツトムシなどと呼ばれている。イチモンジセセリ フレッシュアイペディアより)

  • 赤井谷地沼野植物群落

    赤井谷地沼野植物群落から見たススキススキ

    赤井谷地の保護の歴史は、谷地周辺の農業開発とその利用との調整の歴史でもあった。古くは17世紀に掘削された赤井川の流域外へ通水する赤井谷地西側の用水堀であり、第二次世界大戦後では、土地改良のため、本来赤井川の谷の東端を流れていた同川を赤井谷地の東側近くに付け替えた。また、戦後の食糧増産のため、指定地内の湿原を現状変更し開墾地とした。これらの農業開発によって、赤井谷地からの排水が強まり、乾燥化を引き起こし、非湿原植物であるアカマツ、ススキ、チマキザサの侵入が著しく、天然記念物としての価値が損なわれてきた。赤井谷地沼野植物群落 フレッシュアイペディアより)

213件中 21 - 30件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード