172件中 31 - 40件表示
  • 模型航空

    模型航空から見たススキススキ

    模型航空気象の主対象は、風(特に垂直方向の上昇・下降気流)、ならびに天候の推移である。気温・気圧・湿度も飛行に影響する。上昇・下降気流は滞空時間に直接的に影響するため、最も重要であり、観測や予知の手法が多く研究・開発されている。初期においては、気流の動きを直接視認するために、シャボン玉や浮遊性の草の種子(キャット・テイル、タンポポ、ススキのようなもの)を飛ばした。模型航空 フレッシュアイペディアより)

  • カバキコマチグモ

    カバキコマチグモから見たススキススキ

    ススキなどの大型のイネ科の植物の葉を巻いて巣にする。巣は脱皮や交尾などの目的別に作り替えるとされる。いわゆるクモの巣は張らず、夜間草むらを徘徊して昆虫などを捕食する。雄は雌の巣の入り口を覆う糸を食い破って進入し、雌の下に潜り込んで交尾する。夏に雌は巣の中で100前後の卵を産み、孵化するまで巣の中で卵を守る。卵は10日ほどで孵化し、生まれた子グモは、1回目の脱皮がすむと生きている母グモにとりついて食べてしまうことで有名である。カバキコマチグモ フレッシュアイペディアより)

  • 越後ながおかバイオマス地域協議会

    越後ながおかバイオマス地域協議会から見たすすきススキ

    長岡市営スキー場(茅、すすき、なたね、ひまわり等の資源作物)越後ながおかバイオマス地域協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 山ノ神沼

    山ノ神沼から見たススキススキ

    やすらぎゾーン - ヨシ、ススキ等の繁茂により豊かな自然環境を呈する、沼の周辺に生息する動植物の生態系を現状のまま保全する区域。山ノ神沼 フレッシュアイペディアより)

  • ベチバー

    ベチバーから見たススキススキ

    草は2?3mにもなり、複数がまとまって大きな株を形成するため、ススキに良く似ている。ベチバー フレッシュアイペディアより)

  • ふら・ふろ

    ふら・ふろから見たススキススキ

    季節の変化や行事にはこだわり、ひまわりやススキをどこからか調達してきては、お師匠とともに敷地に植えている。ふら・ふろ フレッシュアイペディアより)

  • 泉ヶ岳

    泉ヶ岳から見たススキススキ

    、泉ヶ岳スキー場リフトの終着点付近の「兎平」で、行政機関による大規模な伐採が行われたが、これは、許認可権を持つ宮城県への届出がない「無届伐採」であったのと同時に、地元関係団体への連絡もなかった。伐採理由は「熊が出るから」というもので、自然保護の観点からも疑問を持たれた。伐採場所は、ワレモコウ、オミナエシ、オトコエシ、ナデシコ、シオガマギク、ハギ、ススキ、ツリガネニンジンなどの宝庫であったために、今後の回復状況が注目されている。泉ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • すすきみみずく

    すすきみみずくから見たススキススキ

    すすきみみずくは東京都豊島区の郷土玩具で、ススキの穂を束ねて作られたみみずくの人形。すすきみみずく フレッシュアイペディアより)

  • 神々の黄昏 オリンポス・ウォーズ

    神々の黄昏 オリンポス・ウォーズから見たススキススキ

    気がつくと佐田はススキ野原にいた。彼は足名椎(アシナヅチ)・手名椎(テナヅチ)夫妻と娘の櫛名田姫と出会い、八岐の大蛇から守ってほしいと懇願される。自然と自身を須佐之男命と名乗り、思い出す神話の物語通りに大蛇との戦いに挑むが、激しい頭痛と眩暈に意識をなくす。次に気がつくと、彼は、エチオピア王女アンドロメダに襲いかかる海魔との戦いの場におり、自然とペルセウスだと名乗っていた。海魔を斃したところで再び眩暈とともに櫛名田姫のいる世界へ戻される。疲れとともに眠り、目覚めると目の前にはアンドロメダがいる。佐田は、彼女との婚礼の席に乱入してきた者をメデューサの首で石化させた。神々の黄昏 オリンポス・ウォーズ フレッシュアイペディアより)

  • 小山田緑地

    小山田緑地から見たススキススキ

    植物では絶滅危惧II類に指定されているトキホコリや準絶滅危惧に指定されているタコノアシが自生しているほか梅木窪分園のアサザ池にはアサザが移植されている。鳥類ではルリビタキ、ジョウビタキ、カワセミなどが生息している。他の植物としてはイチリンソウ、エノキ、クヌギ、コナラ、シラカシ、モウソウチク、カントウタンポポ、ススキなどが見られる。小山田緑地 フレッシュアイペディアより)

172件中 31 - 40件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード