213件中 31 - 40件表示
  • コチャバネセセリ

    コチャバネセセリから見たススキススキ

    幼虫の食草はタケ科植物で、主にササ・タケ類の葉を食べて育つ。また、イネ科のヨシやススキを食べるという記録もある。コチャバネセセリ フレッシュアイペディアより)

  • ツユグモ

    ツユグモから見たススキススキ

    草地を徘徊して獲物を探し回る。ササやススキの葉を利用して、産卵のための住居を作る。ツユグモ フレッシュアイペディアより)

  • ミヤマチャバネセセリ

    ミヤマチャバネセセリから見たススキススキ

    幼虫の食草はススキを主とするイネ科で、葉を巻いて糸でつづり、巣をつくる。ミヤマチャバネセセリ フレッシュアイペディアより)

  • ジャノメチョウ

    ジャノメチョウから見たススキススキ

    幼虫はイネ科のススキ、スズメノカタビラ、ノガリヤスやカヤツリグサ科のヒカゲスゲ、ショウジョウズゲなどを、食草とする。食草の近くの草地に降り、食草には産みつけず放卵する。1-3齢の幼虫の形態で越冬する。ジャノメチョウ フレッシュアイペディアより)

  • コキマダラセセリ

    コキマダラセセリから見たススキススキ

    食草はススキをはじめとする各種イネ科植物、他クマザサ(タケ科)・ホシモンスゲ(カヤツリグサ科)など。年1化で成虫は6月から8月半ば頃にかけて見られ、花などを訪れる。越冬態は2齢幼虫。コキマダラセセリ フレッシュアイペディアより)

  • オバナ

    オバナから見たススキススキ

    オバナ フレッシュアイペディアより)

  • カンシャコバネナガカメムシ

    カンシャコバネナガカメムシから見たススキススキ

    ススキ、マコモ、サトウキビなどに寄生し茎から吸汁する。サトウキビの農業害虫であり、植物防疫法にもとづき検疫有害動物として規制されている。カンシャコバネナガカメムシ フレッシュアイペディアより)

  • カヤ (草)

    カヤ (草)から見たススキススキ

    「茅」と呼ばれるのは、細長い葉と茎を地上から立てる草本植物で、チガヤ、スゲ、ススキなどがその主要なものである。カヤ (草) フレッシュアイペディアより)

  • ハエトリグモ

    ハエトリグモから見たススキススキ

    平地の山野では、草の上にネコハエトリ、マミジロハエトリなどが普通種である。地上ではアオオビハエトリやウデブトハエトリなどが見かけられる。ヤハズハエトリ類は、いずれも細長い形をしており、ススキ類の葉の上の生活への適応と考えられる。かつて、農村周辺の茅場に多く見られた。ハエトリグモ フレッシュアイペディアより)

  • 手持ち花火

    手持ち花火から見たススキススキ

    ススキの穂のように長い火花を噴出する手持ち花火。手持ち花火 フレッシュアイペディアより)

213件中 31 - 40件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード