213件中 41 - 50件表示
  • オオナンバンギセル

    オオナンバンギセルから見たススキススキ

    ススキやノガリヤスなどのイネ科の単子葉植物の根に寄生する。根は寄主の根に食い込んで栄養分を吸収する。地上にはほとんど出ない茎はごく短く、数個の鱗片葉があり、その上部の鱗片葉の腋から花柄を長く伸ばす。オオナンバンギセル フレッシュアイペディアより)

  • 成東・東金食虫植物群落

    成東・東金食虫植物群落から見たススキススキ

    群落のすぐ北東側には二級河川作田川が流れており、江戸時代から作田川堤防改修のための砂取り場や芝剥ぎ地として地元の人々に利用されていた。そのため、人為的に常に地表面がかく乱されていたのでススキやセイタカアワダチソウなどの大型植物が育つことなく、食虫植物などが育つ環境が維持されていた。しかし、天然記念物に指定されてからは砂取りや芝剥ぎが行われなくなったため大型植物が進入し、さらには耕地整理による周囲の水田の乾田化などにより地下水位が低下し、群落全体が乾燥化していった。そのため、乾燥化を防ぐために作田川から水を引くポンプを設置し、大型植物の進入を防ぐために毎年、ボランティア団体の「成東・東金食虫植物群落を守る会」や地元・島地区の「島愛土会」などにより野焼きや大型植物の刈り取り・掘り取り作業を行っている。また、盗掘も相次いでいるが、これは文化財保護法で禁止されており、処罰の対象となるため、珍しいから、花がきれいだからなどの理由で特別な許可なく動植物をむやみに採取、捕獲してはならない。逆に、遺伝子汚染や外来種・移入種などの帰化を防ぐため群落以外からの植物を持ち込むことも許されない。成東・東金食虫植物群落 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市立日見中学校

    長崎市立日見中学校から見たススキススキ

    太陽とススキの絵、「中」の文字を組み合わせたものとなっている。長崎市立日見中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大野岳 (鹿児島県)

    大野岳 (鹿児島県)から見たススキススキ

    植生は中腹にタブノキ、マテバシイ、スダジイ、イスノキなどの自然林、頂上付近にススキ、チガヤ、ゴキダケなどが分布する。絶滅危惧種に指定されているキバナチゴユリやナンゴクウラシマソウも見られる。大野岳 (鹿児島県) フレッシュアイペディアより)

  • ムギ

    ムギから見たススキススキ

    …ムギ・…バクと呼ばれる植物は、イネ科イチゴツナギ亜科に広く分布している。コムギ、オオムギ、ライムギ、エンバクはいずれもこの亜科に属する。ただし例外的にハトムギはキビ亜科で、コムギやオオムギよりススキやトウモロコシに近縁である。ムギ フレッシュアイペディアより)

  • 草原

    草原から見たススキススキ

    草原は、草本、あるいは同程度の樹木がそれに混じった植生のことで、高い樹木がほとんどない状態のものを指す。背丈については必ずしも一定の基準があるわけではなく、芝生のようなものから、ススキ草原のように2mを越えるものもこれに含まれる。規模の小さいものを草地(くさち、そうち)というが、両者の厳密な区別はない。草原 フレッシュアイペディアより)

  • 若杉山

    若杉山から見たススキススキ

    鳥取県三朝町の深南部に位置する。鳥取県と岡山県の県境になっている中国山地の稜線から2kmほど北西側に独立して、全山が三朝町にあり、北東麓の田代川と南西麓の大谷川に挟まれている。大谷峠に近い大谷川の源流域には天神川の源流である旨の標識がある。緩やかな円すい形の山で、中腹から上は芝やススキ、チュウゴクザサに覆われた風衝草原になっている。そのほか草原ではイワカガミやマツムシソウも見られる。風が強いためヤマツツジやハイイヌツゲのように低木で根が太いものが分布しており、ブナなどは窪地や沢地などに限定される。若杉山 フレッシュアイペディアより)

  • シブイロカヤキリ

    シブイロカヤキリから見たススキススキ

    ススキを始め、アシ、オギ、ダンチク等大型イネ科植物の群落に棲息し、これらを食草とする。シブイロカヤキリ フレッシュアイペディアより)

  • 玉兎 (舞踊)

    玉兎 (舞踊)から見たススキススキ

    舞台はススキなどのある秋の野で空には月、舞台中央に臼が置かれ、まず月の兎の精が杵を持って団子をつく所作を見せる。そのあと『かちかち山』の話となりひとりで兎、狸、爺と婆の四人を踊り分け、さらに「お月様さへ嫁入りなさる」とひなびた唄で踊り、最後はまた臼と杵を出し、杵を振り上げたかたちで決まって幕となる(振付けによってはこうでは無い幕切れもある)。玉兎 (舞踊) フレッシュアイペディアより)

  • セッカ

    セッカから見たススキススキ

    チガヤ、ススキなどの生える平地から山地の草原、河原、水田に生息し、昆虫やクモを食べる。繁殖は、オスは草とクモの巣で楕円形の巣を作り、メスを呼び込む。体の大きさや羽色の面からも、普段はあまり目立たない鳥であるが、繁殖期には「ヒッヒッヒッヒッ・・・・ジャッジャッジャッ」と鳴きながら、波線状に低空を飛翔する姿がよく観察される。セッカ フレッシュアイペディアより)

213件中 41 - 50件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード