172件中 41 - 50件表示
  • C4型光合成

    C4型光合成から見たススキススキ

    トウモロコシ、サトウキビ、ソルガム、ススキなどがこのタイプに含まれる。NADP-ME型はまず葉肉細胞の細胞質基質で、取り込んだCO2を水和させHCO3-にし、それをPEPとPEPカルボキシラーゼ(PEPC)を用いてオキサロ酢酸にする。オキサロ酢酸は葉緑体に取り込まれ、リンゴ酸デヒドロゲナーゼ(MDH)の働きによって直ちにリンゴ酸(炭素数4)に還元される。この還元力にはNADPHが利用される。リンゴ酸は葉緑体から細胞質基質へ放出され、濃度勾配に従って原形質連絡を経由し、維管束鞘細胞へと移動する。C4型光合成 フレッシュアイペディアより)

  • オオチャバネセセリ

    オオチャバネセセリから見たススキススキ

    セセリチョウというとイネの害虫と考えられがちだが、本種は基本的にタケ科植物やススキなどを食草とする。そのためか他の近縁種より少なく、山地に多い。幼虫で越冬する。オオチャバネセセリ フレッシュアイペディアより)

  • チャバネセセリ

    チャバネセセリから見たススキススキ

    幼虫の食草はイネやススキといったイネ科の植物や、タケ科やカヤツリグサ科の植物である。チャバネセセリ フレッシュアイペディアより)

  • クロコノマチョウ

    クロコノマチョウから見たススキススキ

    幼虫の食草はススキ、ジュズダマなどのイネ科単子葉植物。蛹は丸い垂蛹を形成する。越冬態は成虫である。クロコノマチョウ フレッシュアイペディアより)

  • カンタン (昆虫)

    カンタン (昆虫)から見たススキススキ

    クズ、ヨモギ、ススキ、カナムグラなどが多い草地に生息する。これら草本が密生し湿度の高い状態を好むことから、とりわけ河川等の岸辺に多数生息する。成虫は8-11月にかけて出現する。カンタン (昆虫) フレッシュアイペディアより)

  • オナガササキリ

    オナガササキリから見たススキススキ

    日当りの良いススキやチガヤなどのイネ科の多年生草本が生えたところを主に住処とする。希に竹林・笹原にいる。オナガササキリ フレッシュアイペディアより)

  • えびの高原

    えびの高原から見たススキススキ

    韓国岳北西斜面の火山性扇状地はススキ野となっており、秋には赤く色づく。これは硫黄山から噴出する亜硫酸ガスが酸化され希硫酸となりススキに含まれるアントシアンに作用するためとされ、えびの高原の雨の多さ、秋の気温低下、強い紫外線などの条件も関与していると考えられている。えびの高原 フレッシュアイペディアより)

  • ヒメウラナミジャノメ

    ヒメウラナミジャノメから見たススキススキ

    幼虫は、イネ科のススキ、チヂミザサなどを食草とする。越冬態は幼虫。ヒメウラナミジャノメ フレッシュアイペディアより)

  • 瀬谷八福神

    瀬谷八福神から見たススキススキ

    長天寺…すすき(瀬谷八福神 フレッシュアイペディアより)

  • シブイロカヤキリ

    シブイロカヤキリから見たススキススキ

    ススキを始め、アシ、オギ、ダンチク等大型イネ科植物の群落に棲息し、これらを食草とする。シブイロカヤキリ フレッシュアイペディアより)

172件中 41 - 50件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード