213件中 51 - 60件表示
  • 婆羅尾峠

    婆羅尾峠から見たススキススキ

    昭和50年頃までススキの名所として知られ、静かなハイキングや月見を楽しむことができた婆羅尾もここ数年で姿を一変した。四国のみち、自然をたずねるみちコースが杖立権現越・婆羅尾峠・五滝・犬飼と通じたが、利用者は少ない。婆羅尾峠 フレッシュアイペディアより)

  • ススキノキ科

    ススキノキ科から見たススキススキ

    ススキノキ科 (Xanthorrhoeaceae) は単子葉植物の科。従来の分類では、オーストラリアに産しススキのような細い葉をつける樹木または草からなる。ススキノキ科 フレッシュアイペディアより)

  • カヤコオロギ

    カヤコオロギから見たススキススキ

    ススキ(別名カヤ)やチガヤに棲むコオロギの1種。カヤコオロギ フレッシュアイペディアより)

  • 腕山

    腕山から見たススキススキ

    旧三好郡西祖谷山村に位置。辻町と松尾川の上流小祖谷を結ぶ水ノ口峠の南西約2kmの地点に位置する。なだらかでススキを主とする草原状の山で、約4kmにわたって緩い斜面が広がる。腕山 フレッシュアイペディアより)

  • 甑岳

    甑岳から見たススキススキ

    頂上部は火口縁付近に林、その内側に草原、中央部に湿原があり、林はヤシャブシやコツクバネウツギ、草原はススキやミヤコザサ、湿原にはヌマガヤ、イトイヌノハナヒゲ、ミズゴケ、ツクシゼリ、モウセンゴケ、ムラサキミミカキグサ、サワギキョウなどが見られる。甑岳 フレッシュアイペディアより)

  • ベニスズメ

    ベニスズメから見たススキススキ

    日本において野生化した個体は、春から秋にかけススキやチガヤといった丈の高い草に営巣し繁殖する。成鳥は単子葉植物の種子を主食とするが、繁殖期には昆虫を捕らえてヒナに与える。また冬には大群を形成する。ベニスズメ フレッシュアイペディアより)

  • 岩湧山

    岩湧山から見たススキススキ

    岩崎元郎選の新日本百名山の1つ。山頂からは大阪平野、大阪湾を臨むことができる。また山頂付近の約8haは茅場になっており、秋にススキの穂が広がる様は美しく、新河内長野八景に岩湧山頂の花すすきとして登録されている。ここで収穫された茅は文化財建築の修復などに使用されている。茅を麓に下ろすための「梅ノ木永久索道」があったが現在はその骨組みが残されている。岩湧山 フレッシュアイペディアより)

  • すすきみみずく

    すすきみみずくから見たススキススキ

    すすきみみずくは東京都豊島区の郷土玩具で、ススキの穂を束ねて作られたみみずくの人形。すすきみみずく フレッシュアイペディアより)

  • クロコノマチョウ

    クロコノマチョウから見たススキススキ

    幼虫の食草はススキ、ジュズダマなどのイネ科単子葉植物。蛹は丸い垂蛹を形成する。越冬態は成虫である。クロコノマチョウ フレッシュアイペディアより)

  • ネッタイアカセセリ

    ネッタイアカセセリから見たススキススキ

    食草はイネ科のススキ・ハチジョウススキ・チガヤなど。多化性で年中出現し、越冬態は不定。ネッタイアカセセリ フレッシュアイペディアより)

213件中 51 - 60件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード