172件中 51 - 60件表示
  • 松尾鉱山

    松尾鉱山から見たススキススキ

    鉱山周辺の原植生はブナ林であったが、鉱山開発前から伐採によりミズナラ林となっており、開発後は牧草地が広がった。しかし、硫黄精錬で出る煙によって、土壌が強い酸性になり、鉱山跡地と製錬所跡は草が生えない荒地になった。その周辺も煙害によって木が枯れて(条件が悪い順に)ヒメスゲ、ススキ、チシマザサ・クマイザサの群落になった。松尾鉱山 フレッシュアイペディアより)

  • 玉兎 (舞踊)

    玉兎 (舞踊)から見たススキススキ

    舞台はススキなどのある秋の野で空には月、舞台中央に臼が置かれ、まず月の兎の精が杵を持って団子をつく所作を見せる。そのあと『かちかち山』の話となりひとりで兎、狸、爺と婆の四人を踊り分け、さらに「お月様さへ嫁入りなさる」とひなびた唄で踊り、最後はまた臼と杵を出し、杵を振り上げたかたちで決まって幕となる(振付けによってはこうでは無い幕切れもある)。玉兎 (舞踊) フレッシュアイペディアより)

  • コチャバネセセリ

    コチャバネセセリから見たススキススキ

    幼虫の食草はタケ科植物で、主にササ・タケ類の葉を食べて育つ。また、イネ科のヨシやススキを食べるという記録もある。コチャバネセセリ フレッシュアイペディアより)

  • かながわの花の名所100選

    かながわの花の名所100選から見たススキススキ

    仙石原高原(箱根町仙石原、ススキかながわの花の名所100選 フレッシュアイペディアより)

  • ナナホシテントウ

    ナナホシテントウから見たススキススキ

    成虫は集団で冬眠する。ナミテントウは物陰に大群をつくって越冬するのでよく知られるが、本種はそれとは異なり、小さな集団で草の根元などに潜る。ただし温暖な地域では一部個体が活動することが知られている。また。夏にも同様な場所で夏眠をすることが知られている。このような休眠にススキの株がよく使われることから、天敵の保護のためにススキの刈り取りに配慮すべき、との指摘もある。ナナホシテントウ フレッシュアイペディアより)

  • 風物詩

    風物詩から見たススキススキ

    紅葉 - カエデ - イチョウ - 落葉 - ススキ - ハギ - 秋の七草 - ヒガンバナ - コスモス - キク - リンドウ - フジバカマ - キキョウ - ダリア - オミナエシ - ケイトウ - キンモクセイ - アザミ - セイタカアワダチソウ 風物詩 フレッシュアイペディアより)

  • ウスイロコノマチョウ

    ウスイロコノマチョウから見たススキススキ

    幼虫の食草はジュズダマ・ススキ・アワ・トウモロコシ(イネ科)、とくにジュズダマとの結びつきが強い。年多化性で、土着地では5月から11月にかけて見られる。越冬態は成虫。ウスイロコノマチョウ フレッシュアイペディアより)

  • ヒメジャノメ

    ヒメジャノメから見たススキススキ

    アズマネザサ、チヂミザサ、ススキなどの単子葉イネ科植物が幼虫の食草。幼虫で越冬し、翌年蛹になる。ヒメジャノメ フレッシュアイペディアより)

  • 手持ち花火

    手持ち花火から見たススキススキ

    ススキの穂のように長い火花を噴出する手持ち花火。手持ち花火 フレッシュアイペディアより)

  • 草原

    草原から見たススキススキ

    草原は、草本、あるいは同程度の樹木がそれに混じった植生のことで、高い樹木がほとんどない状態のものを指す。背丈については必ずしも一定の基準があるわけではなく、芝生のようなものから、ススキ草原のように2mを越えるものもこれに含まれる。規模の小さいものを草地(くさち、そうち)というが、両者の厳密な区別はない。草原 フレッシュアイペディアより)

172件中 51 - 60件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード