213件中 61 - 70件表示
  • 模型航空

    模型航空から見たススキススキ

    模型航空気象の主対象は、風(特に垂直方向の上昇・下降気流)、ならびに天候の推移である。気温・気圧・湿度も飛行に影響する。上昇・下降気流は滞空時間に直接的に影響するため、最も重要であり、観測や予知の手法が多く研究・開発されている。初期においては、気流の動きを直接視認するために、シャボン玉や浮遊性の草の種子(キャット・テイル、タンポポ、ススキのようなもの)を飛ばした。模型航空 フレッシュアイペディアより)

  • キマダラセセリ

    キマダラセセリから見たススキススキ

    食草はススキ、アシボソ(イネ科)、アズマネザサ(タケ科)など。成虫は年2?3回発生するが寒冷地では年1化。6月から9月にかけて見られるが、発生の谷となる7月?8月初めは少ない。越冬態は幼虫。キマダラセセリ フレッシュアイペディアより)

  • かながわの花の名所100選

    かながわの花の名所100選から見たススキススキ

    仙石原高原(箱根町仙石原、ススキかながわの花の名所100選 フレッシュアイペディアより)

  • 広留野高原

    広留野高原から見たススキススキ

    樹木ではブナ、クリ、ミズナラなどが自生する。また、広くススキが広がっている。広留野高原 フレッシュアイペディアより)

  • 塩塚高原

    塩塚高原から見たススキススキ

    塩塚高原は近年まで地元農家に茅肥採取地として活用されていた。良質な茅肥を守るための野焼きが現在も行われている。数少ない観光型里山の一つとも言える。塩塚はもともと愛媛での呼称で、徳島ではドウメキ山と呼ばれていたようである。春は野焼き(山焼き)、夏から秋にかけてはパラグライダー、キャンプ、ススキが、また夜遅くには満天の星空が観賞出来ることでも有名。塩塚高原 フレッシュアイペディアより)

  • 山ノ神沼

    山ノ神沼から見たススキススキ

    やすらぎゾーン - ヨシ、ススキ等の繁茂により豊かな自然環境を呈する、沼の周辺に生息する動植物の生態系を現状のまま保全する区域。山ノ神沼 フレッシュアイペディアより)

  • 京都・嵐山花灯路

    京都・嵐山花灯路から見たすすきススキ

    3.ライトアップ - 渡月橋一帯、野宮神社?大河内山荘までに広がる竹林、すすきのライトアップ。および夜間特別拝観の開催される寺院。京都・嵐山花灯路 フレッシュアイペディアより)

  • オナガササキリ

    オナガササキリから見たススキススキ

    日当りの良いススキやチガヤなどのイネ科の多年生草本が生えたところを主に住処とする。希に竹林・笹原にいる。オナガササキリ フレッシュアイペディアより)

  • 萱田

    萱田から見たススキススキ

    八千代市の中では古代の遺跡が多数発見されており、歴史が深い町である。この地は八千代市の中で最も早くヒトが住み始めた。旧石器時代は奥東京湾がここまで迫っており、当時の遺跡や貝塚が多数発掘されている。なお「萱田」の由来は、茅やススキが一面にあったことから「草田」(かやた)と呼ばれていたのが変化したもの。白幡前遺跡から「草田」と書かれた墨書土器が出土したことから発覚した。中世には荘園となった他、近世にかけて宿場町として栄えた。萱田 フレッシュアイペディアより)

  • 陣ヶ森 (高知県)

    陣ヶ森 (高知県)から見たススキススキ

    峯石原登山口から陣ヶ森頂上を経、さらに西方の川窪登山口方面にかけて、稜線伝いに約5キロのハイキングコースが整備されており、一帯は工石山陣ヶ森県立自然公園に指定されている。住宅資材の供給源として茅場の役割を果たしていた時期もあり、山頂周辺等で見られるススキやハギなどの混生する高原草地が当時の名残を留めている。さらに同コースは全国でも有数のアセビ群生地であり、特に同コース中の最高点に当たる戸矢ヶ森から西のアセビの原生林は、静岡県の天城山に匹敵するアセビ群落であるとも言われている。陣ヶ森 (高知県) フレッシュアイペディアより)

213件中 61 - 70件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード