172件中 61 - 70件表示
  • 西原村

    西原村から見たススキススキ

    俵山扇坂展望所・・・熊本市内やその先の有明海を一望できる。俵山周辺は、秋はススキも見頃。西原村 フレッシュアイペディアより)

  • 思川 (栃木県)

    思川 (栃木県)から見たススキススキ

    思川の上流域ではスギやヒノキが造林され、中流域ではアカマツやヤマツツジ、コナラ、下流域ではヤナギやススキが多く見られる。ほか、河川敷にはオギ、河畔林にはハリエンジュやオニグルミが見られる。動物については、絶滅危惧種としてタガメやスナヤツメなどが見られる。思川 (栃木県) フレッシュアイペディアより)

  • ホソバセセリ

    ホソバセセリから見たススキススキ

    食草は、ススキを始めとする単子葉イネ科植物。発生は年1回(暖地では年2回)、越冬態は中齢幼虫。ホソバセセリ フレッシュアイペディアより)

  • 神鍋高原

    神鍋高原から見たススキススキ

    約2万年前の火山活動でできたスコリア丘である神鍋山(標高469m)玄武岩質の溶岩流からなる。周辺には同時代に生成された風穴が多数ある。周囲約750mの噴火口は深さ約40mの擂鉢状の草原になっており、ススキの名所として知られる。北西隣の大机山、南東の太田山、ブリ山、清滝山といった単成火山とともに神鍋単成火山群を構成する。神鍋高原 フレッシュアイペディアより)

  • 只野真葛

    只野真葛から見たススキススキ

    次男/源四郎鞏卿(幼名四郎、元輔)…尾花。あや子の11歳下只野真葛 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿踊りのはじまり

    鹿踊りのはじまりから見たススキススキ

    鹿たちは手ぬぐいを生き物とみなして、警戒していたが次第に大胆となって、干上がったなめくじであろうと結論づける。 そして嘉十の残した栃団子を分けあう。 嘉十は一部始終を、すすきの陰に隠れて見ていたが、一頭づつ歌を披露して、鹿たちが輪になって巡り踊るのを見て心を奪われ、自分も鹿になったような気がして飛び出してしまう。 鹿たちは一斉に西に向かって逃げ去って、夕焼けの野原に嘉十だけが残される。 鹿踊りのはじまり フレッシュアイペディアより)

  • 新島 (鹿児島県)

    新島 (鹿児島県)から見たススキススキ

    植生は、クロマツ・ダンチク・ススキなどが多く見られ、集落内にはアコウの群落がある。新島で最初に発見された植物としてモエジマシダがある。新島 (鹿児島県) フレッシュアイペディアより)

  • カンシャコバネナガカメムシ

    カンシャコバネナガカメムシから見たススキススキ

    ススキ、マコモ、サトウキビなどに寄生し茎から吸汁する。サトウキビの農業害虫であり、植物防疫法にもとづき検疫有害動物として規制されている。カンシャコバネナガカメムシ フレッシュアイペディアより)

  • キマダラモドキ

    キマダラモドキから見たススキススキ

    食草はイネ科のススキ・カモジグサ・ヒメノガリヤス、カヤツリグサ科のカワラスゲ・カサスゲ・ヒカゲスゲ・ヒゴクサなど。越冬態は1齢幼虫。年一化性で、成虫は7月中旬から8月にかけて見られ、夕方によく活動する。花には来ない。キマダラモドキ フレッシュアイペディアより)

  • ワールドカップ公園

    ワールドカップ公園から見たススキススキ

    蘭芝島第2埋立地に造られた公園で、海抜98mの丘の上にある。蘭芝島の生態系の安定化に寄与すべく、そこかしこにススキが植えられ、チョウが放たれている。ワールドカップ公園 フレッシュアイペディアより)

172件中 61 - 70件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード