172件中 71 - 80件表示
  • コキマダラセセリ

    コキマダラセセリから見たススキススキ

    食草はススキをはじめとする各種イネ科植物、他クマザサ(タケ科)・ホシモンスゲ(カヤツリグサ科)など。年1化で成虫は6月から8月半ば頃にかけて見られ、花などを訪れる。越冬態は2齢幼虫。コキマダラセセリ フレッシュアイペディアより)

  • 悪魔払い

    悪魔払いから見たススキススキ

    沖縄や鹿児島県では、グシチと呼ばれるススキやその葉を束ねたり重ねて形を整えて悪魔払いの呪具とする。シマクラサー(悪疫払いの儀式)に家の決められた場に飾って魔除けとする他、祈願を終えた女性神役が、グシチで村の家々の壁や子供を叩くことで悪魔払いをする。悪魔払い フレッシュアイペディアより)

  • ススキノキ科

    ススキノキ科から見たススキススキ

    ススキノキ科 (Xanthorrhoeaceae) は単子葉植物の科。従来の分類では、オーストラリアに産しススキのような細い葉をつける樹木または草からなる。ススキノキ科 フレッシュアイペディアより)

  • 鷹峯

    鷹峯から見たススキススキ

    大文字山(左大文字)の北方に位置し、当地西方に連なる丘陵をいう。東から鷹峯(鷹ケ峰、たかがみね)、鷲峯(鷲ケ峰、わしがみね)、天峯(天ケ峰、てんがみね)と称する。古文書に複数記載されるなど、かねてより多くの人に親しまれてきた。花札の8月の絵札でおなじみの「」は、この鷹峯の山を模したものとされる。鷹峯 フレッシュアイペディアより)

  • ため池

    ため池から見たススキススキ

    堤は耕作を禁じたり草刈りや野焼きを行うことによって大きな草木の生育を阻む等、強度を維持するための管理が行われる。そのため日当りが良くなり、日光を好む植物がよく生える。ワレモコウ・キキョウ・リンドウ・オミナエシなどはこのような場所によく生育したもので、秋の七草も多くはこのような場所に見られる。しかし放置された池や改修間もない皿池の堤では帰化植物や背の高いササやススキ、繁殖力の高いクズなどが生え手入れが行われないと次第に単調なものになっていく。ため池 フレッシュアイペディアより)

  • 星の瞳のシルエット

    星の瞳のシルエットから見たススキススキ

    名前の通り、すすきが生い茂る原っぱで、香澄がすすき野原の男の子と出会った、思い出の場所。香澄の祖母が近くに住んでいた関係で時たま遊びに来ていた。最終回では不動産会社が買収、マンション分譲地になる予定を智史が告げる。星の瞳のシルエット フレッシュアイペディアより)

  • 砥峰高原

    砥峰高原から見たススキススキ

    砥峰高原(とのみねこうげん)は兵庫県神崎郡神河町にある高原。山野草の宝庫、ススキの大群生地として知られている。砥峰高原 フレッシュアイペディアより)

  • 生物季節観測

    生物季節観測から見たススキススキ

    植物ウメ、ツバキ、タンポポ、サクラ、ヤマツツジ、ノダフジ、ヤマハギ、アジサイ、サルスベリ、ススキ、イチョウ、カエデ生物季節観測 フレッシュアイペディアより)

  • 行徳

    行徳から見たススキススキ

    唯一開発から取り残された江戸川放水路西岸の妙典地区は宅地もまばらで、茫洋としたススキやアシが生い茂る原が目立っていた。平成12年(2000年)に土地区画整理事業が完成して大規模マンションやショッピングセンターが建ち並ぶようになり、これに合わせて同年、東西線妙典駅が開業した。行徳 フレッシュアイペディアより)

  • キマダラセセリ

    キマダラセセリから見たススキススキ

    食草はススキ、アシボソ(イネ科)、アズマネザサ(タケ科)など。成虫は年2?3回発生するが寒冷地では年1化。6月から9月にかけて見られるが、発生の谷となる7月?8月初めは少ない。越冬態は幼虫。キマダラセセリ フレッシュアイペディアより)

172件中 71 - 80件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード