213件中 71 - 80件表示
  • マツムシ

    マツムシから見たススキススキ

    成虫は8月中旬から11月下旬にかけて出現する。平地から低山帯の乾き気味の日当たりの良い草地に生息し、主にススキが占有する河川敷、海岸線、高速道路沿い、線路沿いなどで生活する。体色は枯れ葉や枯れ草の色に合わせた保護色であるが、生活は主に生きた植物の上である。マツムシ フレッシュアイペディアより)

  • 神々の黄昏 オリンポス・ウォーズ

    神々の黄昏 オリンポス・ウォーズから見たススキススキ

    気がつくと佐田はススキ野原にいた。彼は足名椎(アシナヅチ)・手名椎(テナヅチ)夫妻と娘の櫛名田姫と出会い、八岐の大蛇から守ってほしいと懇願される。自然と自身を須佐之男命と名乗り、思い出す神話の物語通りに大蛇との戦いに挑むが、激しい頭痛と眩暈に意識をなくす。次に気がつくと、彼は、エチオピア王女アンドロメダに襲いかかる海魔との戦いの場におり、自然とペルセウスだと名乗っていた。海魔を斃したところで再び眩暈とともに櫛名田姫のいる世界へ戻される。疲れとともに眠り、目覚めると目の前にはアンドロメダがいる。佐田は、彼女との婚礼の席に乱入してきた者をメデューサの首で石化させた。神々の黄昏 オリンポス・ウォーズ フレッシュアイペディアより)

  • 新島 (鹿児島県)

    新島 (鹿児島県)から見たススキススキ

    植生は、クロマツ・ダンチク・ススキなどが多く見られ、集落内にはアコウの群落がある。新島で最初に発見された植物としてモエジマシダがある。新島 (鹿児島県) フレッシュアイペディアより)

  • タケカレハ

    タケカレハから見たススキススキ

    タケ、ササ、ススキ、アシなどを食草とする。タケカレハ フレッシュアイペディアより)

  • 十ヶ川

    十ヶ川から見たススキススキ

    十ヶ川上流部の代表的な種には、魚類にコイやギンブナ、鳥類にアオサギやヒバリ、植物にカナムグラやクズなどがあり、下流部の代表的な種には、魚類にボラやマハゼ、鳥類にヒドリガモやケリ、植物にクズやススキなどがある。重要な種には、上流部のメダカやイシガメ、下流部のマシジミやハマアカザやチュウヒなどがある。十ヶ川・阿久比川の両河川でカダヤシやアレチウリなどの外来種が確認されているが、阿久比川で確認されているブルーギルやオオクチバスなどは十ヶ川では確認されていない。十ヶ川や阿久比川の流域にはヘイケボタルが生息しており、阿久比町はホタルの保護活動を積極的に行なっている。1989年(平成元年)、阿久比町は環境省によってふるさといきものの里100選に選出された。十ヶ川 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿踊りのはじまり

    鹿踊りのはじまりから見たススキススキ

    鹿たちは手ぬぐいを生き物とみなして、警戒していたが次第に大胆となって、干上がったなめくじであろうと結論づける。 そして嘉十の残した栃団子を分けあう。 嘉十は一部始終を、すすきの陰に隠れて見ていたが、一頭ずつ歌を披露して、鹿たちが輪になって巡り踊るのを見て心を奪われ、自分も鹿になったような気がして飛び出してしまう。 鹿たちは一斉に西に向かって逃げ去って、夕焼けの野原に嘉十だけが残される。 鹿踊りのはじまり フレッシュアイペディアより)

  • ヒメウラナミジャノメ

    ヒメウラナミジャノメから見たススキススキ

    幼虫は、イネ科のススキ、チヂミザサなどを食草とする。越冬態は幼虫。ヒメウラナミジャノメ フレッシュアイペディアより)

  • ベチバー

    ベチバーから見たススキススキ

    草は2?3mにもなり、複数がまとまって大きな株を形成するため、ススキに良く似ている。ベチバー フレッシュアイペディアより)

  • ハギ

    ハギから見たススキススキ

    山上憶良の歌「萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花(万葉集・巻八 1538)」ハギ フレッシュアイペディアより)

  • ハギ

    ハギから見たススキ

    中秋の名月に萩・を月見団子と共に月に供える風習がある。萩も薄も、昔の日本では山野に自生する身近な植物であった。ハギ フレッシュアイペディアより)

213件中 71 - 80件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード