213件中 81 - 90件表示
  • ヤマキマダラヒカゲ

    ヤマキマダラヒカゲから見たススキススキ

    幼虫は、イネ科の笹類やススキなどを食草とする。幼虫の頭部にはツノに似た突起が2つあり、耳に見立てるとネコの顔のように見える (ジャノメチョウ類の幼虫の特徴であるが、5齢幼虫にもなるとこの突起はほとんど目立たなくなる) 。ヤマキマダラヒカゲ フレッシュアイペディアより)

  • 若草山

    若草山から見たススキススキ

    太平洋戦争後は、長らく1月15日の成人の日に行なわれていたが、ハッピーマンデー制度導入に伴い、2000年?2008年は成人の日(第2月曜日)の前日(日曜日)に変更になった。しかしそれでは日程がわかりにくく、以前より時期が早くなってススキやシバなどの枯れ方が不足して燃えにくい上、年によっては消防出初式の時期に近くなってしまい(山焼きには多くの消防団員の手が必要となる。民間人である消防団員の大量動員は休日であることが必要。)1月の第3土曜日(最も早い場合は15日になる)への変更が計画された。ところが、花火の打上の時間帯が大学入試センター試験の英語ヒアリングと重なることで、大学関係者からの抗議を受けたため、もう一週間後ろにずらし2009年?2015年は1月の第4土曜日に実施されている。なお正式日が天候不順の場合は、翌週あたりに順延されている。若草山 フレッシュアイペディアより)

  • 二河川 (広島県)

    二河川 (広島県)から見たススキススキ

    植生 : 流域の8割をアカマツが占めている。他、アカメガシワ・ササ・ススキなどが点在している。水生としてはツルヨシやコカナダモが確認されている。二河川 (広島県) フレッシュアイペディアより)

  • 台ヶ岳

    台ヶ岳から見たススキススキ

    ススキの名所として有名な仙石原すすき草原の南側にそびえるお椀型の山で、周辺の山々とともに富士箱根伊豆国立公園に指定されている。台ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • 株

    から見たススキススキ

    例えばチューリップのような植物は一本の花茎とそれを取り巻く葉が出るだけである。しかし、ススキの場合は、茎の根元から側面に根を出して立ち上がり、その根元からは根が出る。それを繰り返す結果、多数の茎が根元で集まった状態になる。このように多数の茎が一つの根元によった状態を株と言う。茎の根元から側面に新芽を出すのは、草本ではごく普通に見られるものであるから、このような姿になる植物は多い。 フレッシュアイペディアより)

  • アグリハン島

    アグリハン島から見たススキススキ

    海岸の近くはヤシ類をはじめとする熱帯林が発達している。島の上部はススキ等の草で覆われている。周囲の海は海岸から急勾配で深くなり、珊瑚礁は存在しない。アグリハン島 フレッシュアイペディアより)

  • 真赭

    真赭から見たススキススキ

    天然の辰砂の色のことを言う。日常ではあまり見かけないが、詩人などには有名で、芒(ススキ)を表す言葉で「真赭の芒」「真赭の糸」(穂が赤ずんだ芒のこと)などといった秋の季語になっている。真赭 フレッシュアイペディアより)

  • 悪魔払い

    悪魔払いから見たススキススキ

    沖縄や鹿児島県では、グシチと呼ばれるススキやその葉を束ねたり重ねて形を整えて悪魔払いの呪具とする。シマクラサー(悪疫払いの儀式)に家の決められた場に飾って魔除けとする他、祈願を終えた女性神役が、グシチで村の家々の壁や子供を叩くことで悪魔払いをする。悪魔払い フレッシュアイペディアより)

  • 砥峰高原

    砥峰高原から見たススキススキ

    砥峰高原(とのみねこうげん)は兵庫県神崎郡神河町にある高原。山野草の宝庫、ススキの大群生地として知られている。砥峰高原 フレッシュアイペディアより)

  • 曽爾高原

    曽爾高原から見たススキススキ

    倶留尊山(標高1038メートル)と亀山(標高849メートル)の西斜面から麓に広がる高原で、平坦地の標高は約700メートル、面積は約38ヘクタール。春になると山焼きが行われ、秋には「お亀池」という湿地帯を除いて一面がすすきに覆われる。曽爾高原 フレッシュアイペディアより)

213件中 81 - 90件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード