73件中 21 - 30件表示
  • ススキ

    ススキから見た旧暦

    花札では、八月、すなわち旧暦8月、新暦の感覚で秋に相当する時節に用いられている。ススキ フレッシュアイペディアより)

  • ススキ

    ススキから見た風習

    沖縄地方には、ススキの葉を環のように結んで魔除けとする風習がある。ススキ フレッシュアイペディアより)

  • ススキ

    ススキから見た草本

    野原に生息し、ごく普通に見られる多年生草本である。ススキ フレッシュアイペディアより)

  • ススキ

    ススキから見たお守り

    沖縄地方には、ススキの葉を環のように結んで魔除けとする風習がある。ススキ フレッシュアイペディアより)

  • ススキ

    ススキから見た秋の七草

    ススキ(芒、薄、)とは、イネ科ススキ属の植物。尾花ともいい秋の七草の一つ。また茅(かや。「萱」とも書く)と呼ばれる有用植物の主要な一種。ススキ フレッシュアイペディアより)

  • ススキ

    ススキから見た現世

    また、江戸時代中期の俳人・与謝蕪村は「狐火の 燃えつくばかり 枯尾花」と詠んでいるが、こちらは、夜の野原にて風に揺らめく枯尾花の情景を、怪しく燃え盛るこの世のものならぬ狐火に譬えた俳句である。ススキ フレッシュアイペディアより)

  • ススキ

    ススキから見たフジバカマ

    日本語では、ススキの穂は、それを動物の尾に見立てて尾花(おばな)と呼ぶことがあり、ススキ自体もそのように呼ばれることがある。この「尾花」はススキおよびススキの穂を意味する古名であり、奈良時代初期の歌人・山上憶良が『万葉集』(巻八 1538)にて「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また 藤袴 朝顔の花」と詠んだように、古来、秋の七草の一つに数えられている。ススキ フレッシュアイペディアより)

  • ススキ

    ススキから見たアカマツ

    植物遷移の上から見れば、ススキ草原は草原としてはほぼ最後の段階に当たる。ススキは株が大きくなるには時間がかかるので、初期の草原では姿が見られないが、次第に背が高くなり、全体を覆うようになる。ススキ草原を放置すれば、アカマツなどの先駆者(パイオニア)的な樹木が侵入して、次第に森林へと変化していく。後述の茅場の場合、草刈りや火入れを定期的に行うことで、ススキ草原の状態を維持していたものである。ススキ フレッシュアイペディアより)

  • ススキ

    ススキから見た

    また、馬の毛色で尾花栗毛(おばなくりげ)というのは、栗毛馬や栃栗毛馬であることに加えて鬣(たてがみ)や尾の長毛が白色のものを指す。この白毛は遠目には金色に輝いて見えるため、その特徴を秋のススキの穂になぞられて呼ばれたものである。ススキ フレッシュアイペディアより)

  • ススキ

    ススキから見たクズ

    日本語では、ススキの穂は、それを動物の尾に見立てて尾花(おばな)と呼ぶことがあり、ススキ自体もそのように呼ばれることがある。この「尾花」はススキおよびススキの穂を意味する古名であり、奈良時代初期の歌人・山上憶良が『万葉集』(巻八 1538)にて「萩の花 尾花 花 撫子の花 女郎花 また 藤袴 朝顔の花」と詠んだように、古来、秋の七草の一つに数えられている。ススキ フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示

「ススキの情報」のニューストピックワード