前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1149件中 1 - 10件表示
  • ロードレース世界選手権の沿革

    ロードレース世界選手権の沿革から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    スズキの鈴木俊三専務(後の2代目社長)がバイク業界の視察団長としてヨーロッパを視察する。ロードレース世界選手権の沿革 フレッシュアイペディアより)

  • ロードレース世界選手権の歴史

    ロードレース世界選手権の歴史から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    - スズキの鈴木俊三がバイク業界視察団長としてヨーロッパを視察。ロードレース世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・カタナ

    スズキ・カタナから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    カタナとは、スズキ株式会社が販売していたオートバイの車種。ここでは主に1100S、1000S、750Sについて記述する。スズキ・カタナ フレッシュアイペディアより)

  • 1964年のロードレース世界選手権

    1964年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    この年は500cc・350ccの大排気量クラスがシーズンを通して一方的な展開となったのに対し、250cc以下の小排気量クラスではパワフルだが重い4ストロークのホンダと、ヤマハ・スズキ・MZ・クライドラーといった2ストローク勢との争いがシーズン終盤まで続けられた。軽快な2ストロークマシンに対抗するためにホンダの多気筒化戦略はますます拍車がかかり、シーズン終盤には遂に250cc6気筒のマシンが投入されている。1964年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・GSX-R

    スズキ・GSX-Rから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    GSX-R(ジーエスエックス-アール)とは、スズキが製造しているオートバイのシリーズである。スズキ・GSX-R フレッシュアイペディアより)

  • 全日本オートバイ耐久ロードレース

    全日本オートバイ耐久ロードレースから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    それでも当時の日本ではほぼ唯一の本格的なオートバイレースであり、ホンダ、ヤマハ、スズキといった後にロードレース世界選手権で活躍するメーカーがその技術を磨いて世界レベルに追いつくきっかけとなった。また、北野元、高橋国光、伊藤史朗ら、後にロードレース世界選手権や4輪レースで活躍する多くの選手を輩出した。全日本オートバイ耐久ロードレース フレッシュアイペディアより)

  • 1969年のロードレース世界選手権

    1969年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    この大掛かりなレギュレーション変更により、一世を風靡した日本メーカーのワークスマシンの多くがグランプリに出場することはできなくなり、シーズンをもってワークス活動を停止したホンダ、スズキに続いてヤマハもこの年からワークスチームを送らないことを決定した。代わってヨーロッパの小さなファクトリーのマシンを駆るライダーたちには大きなチャンスが生まれることになった。一方、ヤマハやカワサキは新レギュレーションに適合した市販マシンをリリースして多くの力のあるプライベーターたちに歓迎された。1969年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 長安汽車

    長安汽車から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    その後、1984年にスズキと提携を開始し、1993年にはスズキと合同で、長安鈴木汽車を設立した。長安汽車 フレッシュアイペディアより)

  • 成田自動車教習所

    成田自動車教習所から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    普通自動二輪車(小型限定) - HONDA CB125T (MT)、スズキ アドレスV125 (AT)成田自動車教習所 フレッシュアイペディアより)

  • 1962年のロードレース世界選手権

    1962年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    前年、圧倒的な強さで小排気量クラスを制したホンダはこの年から350ccクラスと50ccクラスにもチャレンジを開始し、350ccクラスでは参戦初年度にして125ccや250ccクラスと同様の成功を収めることに成功した。一方、新設された50ccクラスではホンダに加えて西ドイツのモペッドメーカーであるクライドラー、そして日本のスズキという3メーカーの争いとなり、ホンダの4ストロークはクライドラーやスズキの2ストロークの後塵を拝することになった。前年、前々年と他のマシンと一緒に走るのが精一杯だったスズキは前年に東ドイツから西ドイツへの亡命を果たした元MZのエースライダー、エルンスト・デグナーと契約し、デグナーによってもたらされたノウハウによってスズキのマシンはシーズンオフの間に一気に一線級の速さを獲得したのである。また、クライドラーのマシンは50ccという小さなエンジンの出力を無駄なく使い切るために手と足を使った12段変速という他に類を見ないギアボックスを持っていた。あくまでも4ストロークに拘るホンダは軽量・高出力の2ストローク勢に対抗するためにシーズン中には2気筒の50ccエンジンの開発に着手し、これ以降より高回転・高出力を目指して多気筒化とギアボックスの多段化への道を進むことになる。なお、前年グランプリデビューを飾ったヤマハは、日本国内での新型モデルの商業的な失敗を理由にこの年のグランプリ参戦を見合わせている。1962年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1149件中 1 - 10件表示