前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
845件中 1 - 10件表示
  • ロードレース世界選手権の沿革

    ロードレース世界選手権の沿革から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    スズキの鈴木俊三専務(後の2代目社長)がバイク業界の視察団長としてヨーロッパを視察する。ロードレース世界選手権の沿革 フレッシュアイペディアより)

  • ロードレース世界選手権の歴史

    ロードレース世界選手権の歴史から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    - スズキの鈴木俊三がバイク業界視察団長としてヨーロッパを視察。ロードレース世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本オートバイ耐久ロードレース

    全日本オートバイ耐久ロードレースから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    それでも当時の日本ではほぼ唯一の本格的なオートバイレースであり、ホンダ、ヤマハ、スズキといった後にロードレース世界選手権で活躍するメーカーがその技術を磨いて世界レベルに追いつくきっかけとなった。また、北野元、高橋国光、伊藤史朗ら、後にロードレース世界選手権や4輪レースで活躍する多くの選手を輩出した。全日本オートバイ耐久ロードレース フレッシュアイペディアより)

  • 1964年のロードレース世界選手権

    1964年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    この年は500cc・350ccの大排気量クラスがシーズンを通して一方的な展開となったのに対し、250cc以下の小排気量クラスではパワフルだが重い4ストロークのホンダと、ヤマハ・スズキ・MZ・クライドラーといった2ストローク勢との争いがシーズン終盤まで続けられた。軽快な2ストロークマシンに対抗するためにホンダの多気筒化戦略はますます拍車がかかり、シーズン終盤には遂に250cc6気筒のマシンが投入されている。1964年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・GSX-R

    スズキ・GSX-Rから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    GSX-R(ジーエスエックス-アール)とは、スズキが製造しているオートバイのシリーズである。スズキ・GSX-R フレッシュアイペディアより)

  • ヨロズ

    ヨロズから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    株式会社ヨロズ(Yorozu Corporation )は、神奈川県横浜市に本社を置く、自動車サスペンション部品の大手メーカー。主要取引先は、日産自動車、ゼネラルモーターズ、本田技研工業、マツダ、スズキ、いすゞ自動車、トヨタ自動車、ダイハツ工業、三菱自動車工業、フォルクスワーゲンなど。ヨロズ フレッシュアイペディアより)

  • 1965年のロードレース世界選手権

    1965年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    一方、小排気量クラスにおける4ストロークのホンダと、2ストロークのヤマハ、スズキとの技術競争にはますます拍車がかかっていた。ヤマハは125ccの2気筒を水冷化し、シーズン終盤には125ccの2気筒を2段重ねにした250ccV型4気筒のマシンを投入。スズキも250cc水冷スクエア4に続いて125ccのマシンを水冷化、50ccクラスには水冷2気筒のマシンを走らせた。対するホンダは前年の250cc6気筒に加えて、この年の2月には125cc5気筒マシンの開発をスタートさせ、最終戦で実戦に投入している。また、以前から最高峰クラスへの参戦を噂されていたホンダは、やはりこの年の2月から350ccモデルをベースにした500ccマシンの開発を始めていた。1965年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1966年のロードレース世界選手権

    1966年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    この年は、から始まったホンダのロードレース選手権での活動がひとつのピークを迎えたシーズンである。以前から噂されていたホンダの500ccクラス参戦がこの年ついに現実となり、初めて全てのクラスにワークスマシンを送り込んだ。大排気量クラスではMVアグスタの3気筒が、中小排気量クラスではヤマハやスズキの2ストローク勢がライバルとなったホンダは、チームの中心的存在だったジム・レッドマンが怪我でシーズンを棒に振るというアクシデントがあったものの、MVアグスタから移籍したマイク・ヘイルウッドがレッドマンの後を引き継いで軽量級のエースライダーであるルイジ・タベリとともに活躍し、3つのライダース・タイトルに加えて5クラス全てでマニュファクチャラーズ・タイトルを獲得するという快挙を成し遂げた。そしてこのシーズン終了後、ホンダは当初の目的を達成したとして50ccクラスと125ccクラスからの撤退を発表したのである。1966年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1969年のロードレース世界選手権

    1969年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    この大掛かりなレギュレーション変更により、一世を風靡した日本メーカーのワークスマシンの多くがグランプリに出場することはできなくなり、シーズンをもってワークス活動を停止したホンダ、スズキに続いてヤマハもこの年からワークスチームを送らないことを決定した。代わってヨーロッパの小さなファクトリーのマシンを駆るライダーたちには大きなチャンスが生まれることになった。一方、ヤマハやカワサキは新レギュレーションに適合した市販マシンをリリースして多くの力のあるプライベーターたちに歓迎された。1969年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1967年のロードレース世界選手権

    1967年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    前年、5クラス全てでマニュファクチャラーズ・タイトルを獲得するという快挙を成し遂げたホンダは、技術開発という目的を達成したとしてこの年から50ccクラスと125ccクラスへのワークス参戦を取り止めた。同時にチームの中心的存在であったジム・レッドマンと軽量クラスのエースであったルイジ・タベリも昨シーズン限りで引退し、マイク・ヘイルウッドとラルフ・ブライアンズの2人がチームを牽引することになった。500ccクラスではヘイルウッドがMVアグスタのジャコモ・アゴスチーニと互いに一歩も譲らないタイトル争いをシーズンの最後まで繰り広げ、250ccクラスでもヘイルウッドとブライアンズはヤマハのフィル・リード、ビル・アイビーとの熾烈な戦いが繰り広げられた。ホンダがいなくなった125ccクラスはヤマハとスズキの日本製2ストローク同士の争いとなり、50ccクラスはライバルのいなくなったスズキが完全に支配した。1967年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
845件中 1 - 10件表示

「スズキ」のニューストピックワード