1149件中 91 - 100件表示
  • ホンダ・カブ

    ホンダ・カブから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    しかし戦前からの内燃機関研究者で日本での2ストロークエンジンの権威であった富塚清は、デザインと販促策が売れ行きに寄与した事実や東京にサービス講習所を開設して販売店側の技術合宿訓練ができるよう図った同社の取り組みを評価するものの「さかりは1年か1年半でやがて下行の一途となり、かえって宣伝がジミだったBS(ブリヂストン)・トヨモーター・スズキのほうが、自転車補助エンジンにおいては比較的長い人気を保持することになった」と述べ、F型の製品としての完成度への疑念ならびに当時の本田技研工業が2ストロークエンジンに対して取り組みが安易であったとする以下の批評や問題点を自身の著書で指摘した。ホンダ・カブ フレッシュアイペディアより)

  • K-mix RADIOKIDS

    K-mix RADIOKIDSから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    SUZUKI presents NAGASE TAG-TUNE DRIVING」(TOKYO FM制作)を内包(17:50 - 18:00)。K-mix RADIOKIDS フレッシュアイペディアより)

  • シボレー

    シボレーから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    その後第二次世界大戦や1950年代の黄金期を経て、長らくGMのブランド階層の最底辺に位置しながら、ごく真っ当な基本設計と時流を的確に捉えたスタイル戦略でアメリカナンバーワンブランドの地位を保っていた。1970年代に入ると、石油ショックの影響を受けて小型、軽量化を余儀なくされ、以後、ドイツのオペルや日本のいすゞやスズキ、さらにはトヨタと連携して行く。シボレー フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    2015年より、スズキとオフィシャル・パートナー契約を締結したことにより、ホームユニホームとサードユニホームのズボンに、スズキのロゴが掲出されることとなった。ズボンへのスポンサーロゴ掲出は球団史上初の取り組みとなる。また、サードユニフォームの名称が過去2年間の「燃竜」から「昇竜」に改められ、ホームゲームの4試合で着用する。ドラゴンズブルーとホームユニホームの白地を組み合わせたデザイン。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    バレンティーノ・ロッシはマルケ州ウルビーノで生まれる。家族は彼が子供の頃にタヴッリアに移り住む。父親のグラツィアーノ・ロッシはかつてスズキで活躍したグランプリレーサーで、ロッシは非常に幼くしてモータースポーツを始めた。初めて熱中したのはカートであった。これは母親のステファニアがロッシの身を案じたため、グラツィアーノがバイクの代用品として購入した物であった。しかしながら、絶えずより速くありたいと思う一家は、ロッシの将来計画を再び設計した。グラツィアーノは5歳の息子のために、60ccのカートに代えて100ccのナショナルカートを与えた。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • 無段変速機

    無段変速機から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    スズキと愛知機械工業が共同開発した無段変速機。無段変速機 フレッシュアイペディアより)

  • 日産自動車

    日産自動車から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    2002年 - スズキより、軽自動車「MRワゴン」のOEM供給を受け、「モコ」として発売開始。軽自動車市場へ参入を果たし、ゴーンが「日産リバイバルプラン」の目標達成を宣言した。また、フェアレディZが2年ぶりに復活する。日産自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本とハンガリーの関係

    日本とハンガリーの関係から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    戦後、両国は外交権を喪失し、その後も東側諸国となったハンガリーはソビエト連邦の外交政策に追随せざるを得ず、また日本側も1956年の日ソ共同宣言締結に先立つハンガリー動乱で成立したカーダール・ヤーノシュ政権を非難する西側に加わっていたため、両国間の国交はなかなか復活しなかった。しかし、直接対立する外交問題はなく、ハンガリー側からの働きかけもあって、1959年8月29日にチェコスロバキア(当時)のプラハで国交回復文書が調印され、即日発効した。1960年に再び相互に公使館を開設し、1964年6月に大使館に昇格した。両国には1920年代に相互に友好協会が設立されていたが、1971年に改めて日本ハンガリー友好協会が設立されたが、イデオロギー対立もあり、ハンガリー側の反応は冷淡でありこの動きは一旦頓挫している。なお、この協会に関わっていた今岡十一郎により、1973年に日本初の本格辞典とされる『ハンガリー語辞典』が刊行された。同年の今岡の死後、1975年に別の人々によってハンガリー友好協会が再建され、ようやく両国の交流は軌道に乗った。ハンガリーにおける日本との民間の友好協会は1987年に再設立された。議会間の交流としては、1973年に日本の参議院、翌1974年には衆議院に日本・ハンガリー友好議員連盟が発足した。ハンガリー国会においても、ハンガリー・日本友好議員連盟に相当する「国際国会連合日本グループ」に30名が加盟している。1989年にハンガリーの体制が転換すると両国間の関係は活発となり、1990年1月には日本の内閣総理大臣として初めて海部俊樹首相がハンガリーを訪問した。1991年には日本のスズキがハンガリーに進出し(後述)、1993年には大阪外国語大学に日本の大学で初となるハンガリー語学科が設置された。2002年には今上天皇と皇后がハンガリーを国賓として訪問している。2009年には、外交関係開設140周年・外交関係再開50周年を記念して多くの行事が開催された。日本とハンガリーの関係 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱自動車工業

    三菱自動車工業から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    土曜プレミアム(2016年4月-) - 同業のダイハツ工業とスズキも提供。ゴールデン洋画劇場時代を含めると約29年ぶりの復帰。三菱自動車工業 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱・ミニキャブ

    三菱・ミニキャブから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    2014年2月にフルモデルチェンジによりスズキの製造する車種のOEMとなり、併せて、タウンボックスもOEMモデルとして復活・フルモデルチェンジされた。これにより、自社製造を継続する電気自動車(i MiEV及びミニキャブMiEV)を除く三菱の軽自動車のラインナップは、7代目となったミニキャブの他に、eKワゴン(3代目)/eKカスタム、eKスペース、タウンボックス(2代目)の計4車種(eKワゴン(3代目)・eKカスタムを1車種としてカウントする)となった。三菱・ミニキャブ フレッシュアイペディアより)

1149件中 91 - 100件表示