1149件中 11 - 20件表示
  • 1965年のロードレース世界選手権

    1965年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    一方、小排気量クラスにおける4ストロークのホンダと、2ストロークのヤマハ、スズキとの技術競争にはますます拍車がかかっていた。ヤマハは125ccの2気筒を水冷化し、シーズン終盤には125ccの2気筒を2段重ねにした250ccV型4気筒のマシンを投入。スズキも250cc水冷スクエア4に続いて125ccのマシンを水冷化、50ccクラスには水冷2気筒のマシンを走らせた。対するホンダは前年の250cc6気筒に加えて、この年の2月には125cc5気筒マシンの開発をスタートさせ、最終戦で実戦に投入している。また、以前から最高峰クラスへの参戦を噂されていたホンダは、やはりこの年の2月から350ccモデルをベースにした500ccマシンの開発を始めていた。1965年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1966年のロードレース世界選手権

    1966年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    この年は、から始まったホンダのロードレース選手権での活動がひとつのピークを迎えたシーズンである。以前から噂されていたホンダの500ccクラス参戦がこの年ついに現実となり、初めて全てのクラスにワークスマシンを送り込んだ。大排気量クラスではMVアグスタの3気筒が、中小排気量クラスではヤマハやスズキの2ストローク勢がライバルとなったホンダは、チームの中心的存在だったジム・レッドマンが怪我でシーズンを棒に振るというアクシデントがあったものの、MVアグスタから移籍したマイク・ヘイルウッドがレッドマンの後を引き継いで軽量級のエースライダーであるルイジ・タベリとともに活躍し、3つのライダース・タイトルに加えて5クラス全てでマニュファクチャラーズ・タイトルを獲得するという快挙を成し遂げた。そしてこのシーズン終了後、ホンダは当初の目的を達成したとして50ccクラスと125ccクラスからの撤退を発表したのである。1966年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1967年のロードレース世界選手権

    1967年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    前年、5クラス全てでマニュファクチャラーズ・タイトルを獲得するという快挙を成し遂げたホンダは、技術開発という目的を達成したとしてこの年から50ccクラスと125ccクラスへのワークス参戦を取り止めた。同時にチームの中心的存在であったジム・レッドマンと軽量クラスのエースであったルイジ・タベリも昨シーズン限りで引退し、マイク・ヘイルウッドとラルフ・ブライアンズの2人がチームを牽引することになった。500ccクラスではヘイルウッドがMVアグスタのジャコモ・アゴスチーニと互いに一歩も譲らないタイトル争いをシーズンの最後まで繰り広げ、250ccクラスでもヘイルウッドとブライアンズはヤマハのフィル・リード、ビル・アイビーとの熾烈な戦いが繰り広げられた。ホンダがいなくなった125ccクラスはヤマハとスズキの日本製2ストローク同士の争いとなり、50ccクラスはライバルのいなくなったスズキが完全に支配した。1967年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • HY戦争

    HY戦争から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    1978年にはスズキも参入して市場をさらに活性化した。これら新しいカテゴリーのオートバイを利用したのは主に主婦層だったが、副次的に中年男性層にオートバイブームを巻き起こした。危険な乗り物・暴走族の乗り物というイメージが付きまとうオートバイへの距離を、お洒落に乗りこなす妻の姿や、大型自動二輪車免許交付において中年層に対しては比較的簡単に認められた点などが後押しして縮めた。こうしてオートバイ生産は活況を呈し、1976年には130万台、1977年には160万台、1978年には198万台と、ファミリーバイクを中心に順調な伸びを示した。HY戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 1963年のロードレース世界選手権

    1963年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    このクラスでは、前年型からほとんど変更されていないホンダの4ストローク4気筒に乗るジム・レッドマンと、パワーに劣るものの軽量さを武器とするモト・モリーニの4ストローク単気筒に乗るタルクィニオ・プロヴィーニとの熾烈なタイトル争いがシーズンを通して続けられ、第8戦まででプロヴィーニが4勝を挙げて2位が1回に3位が2回、レッドマンは3勝で2位と3位が2回ずつと全くの互角で最終戦の日本GPを迎えた。スズキのエルンスト・デグナーが転倒して炎上、重傷を負うというアクシデントでスタートしたレースはレッドマンがヤマハの伊藤史朗との大接戦を0.1秒差で制して優勝、対するプロヴィーニは体調不良もあって4位に終わり、ホンダとレッドマンがマニュファクチャラーズ・タイトルとライダーズ・タイトルをともに2ポイント差で獲得した。1963年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 山本篤 (陸上選手)

    山本篤 (陸上選手)から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    2008年、スズキ株式会社に入社。日本代表となった北京パラリンピックでは、100mで5位に入賞、走り幅跳びで銀メダルを獲得し、日本パラリンピック陸上界の「義足アスリート」としては初のメダリストとなった。北京大会の後、将来は指導者になることも視野に、大阪体育大学大学院体育学博士課程に進み運動力学を研究。自らの動作を科学的に分析して走りを修正し、義足に改良を加えながらさらに自己が持つ日本記録を更新し続けた。山本篤 (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

  • ヨロズ

    ヨロズから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    株式会社ヨロズ(Yorozu Corporation )は、神奈川県横浜市に本社を置く、自動車サスペンション部品の大手メーカー。主要取引先は、日産自動車、ゼネラルモーターズ、本田技研工業、マツダ、スズキ、いすゞ自動車、トヨタ自動車、ダイハツ工業、三菱自動車工業、フォルクスワーゲンなど。ヨロズ フレッシュアイペディアより)

  • ジヤトコ

    ジヤトコから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    当初は日産自動車の一部門であったが、AT関連の特許問題回避のため、1970年(昭和45年)にフォード、東洋工業(現・マツダ)との合弁会社となり、1981年(昭和56年)にフォード資本、1999年(平成11年)にマツダ資本がそれぞれ撤退し、2002年(平成14年)の業務提携で三菱自動車工業とスズキが2割ほどの株式を保有することとなった。ジヤトコ フレッシュアイペディアより)

  • 軽自動車

    軽自動車から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    1955年、鈴木自動車工業(現:スズキ)が「スズキ・スズライト」を発売、軽規格内でも国民車構想に充分に合致する本格四輪乗用車の製造が可能であることが証明されたが、販売価格は42万円と未だ価格面では庶民の手には届きにくいものであった。当時の平均月収は数万円程度であり、庶民の足となりえる原動機付きの乗り物はホンダ・カブFに代表される自転車後付エンジン(広義のモペッド)か原動機付自転車、250cc程度までの小型オートバイ(軽二輪)、高くてもダイハツ・ミゼットに代表される販売価格20万円台の軽三輪自動車までが精々という時代背景であった。軽自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 西部警察

    西部警察から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    鈴木自動車工業(後のスズキ西部警察 フレッシュアイペディアより)

1149件中 11 - 20件表示