845件中 11 - 20件表示
  • 長安汽車

    長安汽車から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    その後、1984年にスズキと提携を開始し、1993年にはスズキと合同で、長安鈴木汽車を設立した。その後、2001年にはフォードと合弁で長安福特汽車を設立した。長安汽車 フレッシュアイペディアより)

  • 1963年のロードレース世界選手権

    1963年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    このクラスでは、前年型からほとんど変更されていないホンダの4ストローク4気筒に乗るジム・レッドマンと、パワーに劣るものの軽量さを武器とするモト・モリーニの4ストローク単気筒に乗るタルクィニオ・プロヴィーニとの熾烈なタイトル争いがシーズンを通して続けられ、第8戦まででプロヴィーニが4勝を挙げて2位が1回に3位が2回、レッドマンは3勝で2位と3位が2回ずつと全くの互角で最終戦の日本GPを迎えた。スズキのエルンスト・デグナーが転倒して炎上、重傷を負うというアクシデントでスタートしたレースはレッドマンがヤマハの伊藤史朗との大接戦を0.1秒差で制して優勝、対するプロヴィーニは体調不良もあって4位に終わり、ホンダとレッドマンがマニュファクチャラーズ・タイトルとライダーズ・タイトルをともに2ポイント差で獲得した。1963年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ばくおん!!

    ばくおん!!から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    羽音の同級生。高校入学後、念願の普通自動二輪免許を取得。幼いころから強い愛着を持っていたスズキ・GSX400Sカタナを父から譲り受けた。ツインテールかつ身長に似合わぬ巨乳をもったアグレッシブな少女。恩紗と同じくバイク、特にスズキに対しては相当な思い入れがあり、超がつくほどのスズキ好き。しばしばスズキをからかう恩紗とはムキになって言い争うが、基本的にバイク好き同士気が合う(スズキの話題を除いて)。意地っ張りな性格のため孤立しやすく、第17話の時点においてもバイク部には正式に入部していない。幼少期の事故で、猛暑で焼け付いていたスズキ・カプチーノのボンネットにお尻をぶつけてしまい、スズキのエンブレムの火傷跡がある。名前の由来はスズキと、カタナ乗りが主人公として知られる東本昌平のキリン (漫画)。ばくおん!! フレッシュアイペディアより)

  • シボレー

    シボレーから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    その後第二次世界大戦や1950年代の黄金期を経て、長らくGMのブランド階層の最底辺に位置しながら、ごく真っ当な基本設計と時流を的確に捉えたスタイル戦略でアメリカナンバーワンブランドの地位を保っていた。1970年代に入ると、石油ショックの影響を受けて小型、軽量化を余儀なくされ、以後、ドイツのオペルや日本のいすゞやスズキ、さらにはトヨタと連携して行く。シボレー フレッシュアイペディアより)

  • 浜松市

    浜松市から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    浜松市は工業都市であり、スズキやヤマハといった国内屈指の大企業も本社を構え、製造品出荷額は2兆円を超える。浜松の工業の大半は小規模工場で、その多くは繊維、楽器、自動車・オートバイに関連する大企業の下請け工場である。近年、ホンダやスズキなどの工場再編計画で下請け企業にとって厳しい状況である。浜松市 フレッシュアイペディアより)

  • 成田自動車教習所

    成田自動車教習所から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    普通自動二輪車(小型限定) - HONDA CB125T (MT)、スズキ アドレスV125 (AT)成田自動車教習所 フレッシュアイペディアより)

  • 1962年のロードレース世界選手権

    1962年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    前年、圧倒的な強さで小排気量クラスを制したホンダはこの年から350ccクラスと50ccクラスにもチャレンジを開始し、350ccクラスでは参戦初年度にして125ccや250ccクラスと同様の成功を収めることに成功した。一方、新設された50ccクラスではホンダに加えて西ドイツのモペッドメーカーであるクライドラー、そして日本のスズキという3メーカーの争いとなり、ホンダの4ストロークはクライドラーやスズキの2ストロークの後塵を拝することになった。前年、前々年と他のマシンと一緒に走るのが精一杯だったスズキは前年に東ドイツから西ドイツへの亡命を果たした元MZのエースライダー、エルンスト・デグナーと契約し、デグナーによってもたらされたノウハウによってスズキのマシンはシーズンオフの間に一気に一線級の速さを獲得したのである。また、クライドラーのマシンは50ccという小さなエンジンの出力を無駄なく使い切るために手と足を使った12段変速という他に類を見ないギアボックスを持っていた。あくまでも4ストロークに拘るホンダは軽量・高出力の2ストローク勢に対抗するためにシーズン中には2気筒の50ccエンジンの開発に着手し、これ以降より高回転・高出力を目指して多気筒化とギアボックスの多段化への道を進むことになる。なお、前年グランプリデビューを飾ったヤマハは、日本国内での新型モデルの商業的な失敗を理由にこの年のグランプリ参戦を見合わせている。1962年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ULTIMATE WHEELS

    ULTIMATE WHEELSから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    表題曲「ULTIMATE WHEELS」は、2010年12月25日からオンエアされている。メンバー総出演のSUZUKI「新型ソリオ」TVCMのタイアップソングである。ULTIMATE WHEELS フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・バージェス

    ジェレミー・バージェスから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    若い頃にアメリカの伝説的なチーフエンジニアであるジョージ・ブコマノビッチとアーヴ・カネモトの元で技術を学び、フレディー・スペンサーが500ccクラスのタイトルを獲得したにはチームのメカニックを務めていた。バージェスが担当したマシンはランディ・マモラのスズキ、ロン・ハスラム、フレディ・スペンサー、ミック・ドゥーハン、バレンティーノ・ロッシのホンダ、そしてロッシと共に移籍したヤマハと各メーカーに渡る。にグランプリチームに加わって以来、バージェスがメカニックやエンジニアとして関わったマシンやライダーは2009年11月までにグランプリ通算157勝を挙げており、また表彰台フィニッシュの回数は280以上を数える。ジェレミー・バージェス フレッシュアイペディアより)

  • 共和産業

    共和産業から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    1980年(昭和55年) - スズキのサンバイザー製造開始。共和産業 フレッシュアイペディアより)

845件中 11 - 20件表示

「スズキ」のニューストピックワード