1149件中 21 - 30件表示
  • 日産・NV100クリッパー

    日産・NV100クリッパーから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    NV100クリッパー (エヌブイイチマルマルクリッパー、NV100 CLIPPER) は、日産自動車が販売しているセミキャブオーバー型軽ライトバン。初代は三菱自動車工業から、2代目はスズキからそれぞれOEM供給を受ける車種である。日産・NV100クリッパー フレッシュアイペディアより)

  • 本田技研工業

    本田技研工業から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    一時期三ない運動により大打撃を受けたが、スズキ、ヤマハ、カワサキといった大手二輪車メーカーらとともに「三ない運動を推進している地域ほど二輪車事故が多発している」と反論を展開するとともに、徳島県内の私立高校と協力して二輪車講習を鈴鹿サーキットで行うなど高校生の交通安全教育に力を注ぎ成果をあげた。本田技研工業 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    5日 - 【四輪自動車】世界ラリー選手権第4戦 ポルトガルはセバスチャン・ローブ(フランス|シトロエン)が4連勝。併催のプロダクションカー世界ラリー選手権は地元のアーミンド・アラウージョ(三菱)が初優勝。ジュニア世界ラリー選手権はミハエル・コシューツコ(チェコ|スズキ)が今季初優勝した。2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 浜松市

    浜松市から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    1909年 - 鈴木道雄、静岡県浜名郡天神町村で鈴木式織機製作所(現在のスズキ)を創業。浜松市 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のロードレース世界選手権

    1974年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    この年はまた、スズキが日本のメーカーとしてはヤマハに続いてワークス活動を再開し、後にグランプリで一時代を築くことになるワークスマシン、RG500をデビューさせたシーズンでもあった。先にデビューしていたヤマハのYZR500がデイトナ200用のYZR750と共通のシャーシを持ち並列4気筒エンジンだったのに対し、RG500は2ストロークという点こそYZRと同じだったものの、スクエア4気筒のエンジンレイアウトを採用した「軽量・コンパクト」をコンセプトとしたマシンだった。そしてスズキがこのマシンを託したのが、ベテランのジャック・フィンドレイと前年スズキのサポートを受けてFIMフォーミュラ750選手権タイトルを獲得するなど波に乗っていたバリー・シーンである。1974年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のロードレース世界選手権

    1975年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    アゴスチーニと入れ替わるように500ccクラスの新たなヒーローとなったのが、スズキのバリー・シーンである。この年の3月、アメリカのデイトナ200マイルレースのフリープラクティス中、デイトナ名物のバンクで270km/h以上のスピードでのクラッシュという大事故に見舞われたシーンは大腿骨の複雑骨折や背骨の圧迫骨折など、ライダー生命を危ぶまれるほどの重傷を負う。ところがシーンはこの事故から3ヶ月後のオーストリアGPの予選に出場するという驚異的な回復振りを見せた。そして第6戦ダッチTT、アゴスチーニとデッドヒートを繰り広げたシーンは最終ラップの最終コーナーでアゴスチーニをかわしてトップでゴールするという劇的な500ccクラス初勝利を飾り、アッセンの十数万人の観客を熱狂させたのである。1975年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1968年のロードレース世界選手権

    1968年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    シーズン開幕前の2月、ホンダはこの年のグランプリにワークスチームを送り込まないことを発表し、スズキもホンダの後を追うようにグランプリからの撤退を発表した。前年、ホンダのマシンでタイトルを獲得したマイク・ヘイルウッドに対してホンダはマシンを貸し与えることを提案し、古巣のMVアグスタも再びヘイルウッドを迎え入れる意思を示したがヘイルウッドはグランプリから身を引くことを選んだため、250ccクラスと350ccクラスはチャンピオン不在のシーズンとなった。一方、スズキは50ccクラスのディフェンディングチャンピオンであるハンス=ゲオルグ・アンシャイトに対し、前年型のワークスマシンを使用することを許した。1968年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のロードレース世界選手権

    1971年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    前年活躍したカワサキの3気筒H1Rに加え、この年はH1Rと同様にロードモデルをベースにしたスズキの2気筒市販マシンTR500が速さを見せた。MVアグスタが出場しなかった第9戦アルスターGPではTR500を駆るジャック・フィンドレイが2ストロークエンジンの500cc初勝利となる優勝を飾り、同じくMVアグスタが欠場した最終戦スペインGPではH1Rのデイブ・シモンズが勝利している。1971年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • every-body

    every-bodyから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    前作から引き続き、自身出演のスズキ シボレー・MW「新・立体駐車場」篇のCMソング。every-body フレッシュアイペディアより)

  • 市川友香

    市川友香から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    2008年:全日本モトクロス選手権「Team SUZUKIレースクイーン」市川友香 フレッシュアイペディアより)

1149件中 21 - 30件表示