845件中 21 - 30件表示
  • スズキ・MotoGP

    スズキ・MotoGPから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    スズキ・MotoGP ( Suzuki MotoGP ) は、リズラ・スズキMotoGPの名前でロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦していたスズキのワークス・レーシングチームである。スズキ・MotoGP フレッシュアイペディアより)

  • 1968年のロードレース世界選手権

    1968年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    シーズン開幕前の2月、ホンダはこの年のグランプリにワークスチームを送り込まないことを発表し、スズキもホンダの後を追うようにグランプリからの撤退を発表した。前年、ホンダのマシンでタイトルを獲得したマイク・ヘイルウッドに対してホンダはマシンを貸し与えることを提案し、古巣のMVアグスタも再びヘイルウッドを迎え入れる意思を示したがヘイルウッドはグランプリから身を引くことを選んだため、250ccクラスと350ccクラスはチャンピオン不在のシーズンとなった。一方、スズキは50ccクラスのディフェンディングチャンピオンであるハンス=ゲオルグ・アンシャイトに対し、前年型のワークスマシンを使用することを許した。1968年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のロードレース世界選手権

    1971年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    前年活躍したカワサキの3気筒H1Rに加え、この年はH1Rと同様にロードモデルをベースにしたスズキの2気筒市販マシンTR500が速さを見せた。MVアグスタが出場しなかった第9戦アルスターGPではTR500を駆るジャック・フィンドレイが2ストロークエンジンの500cc初勝利となる優勝を飾り、同じくMVアグスタが欠場した最終戦スペインGPではH1Rのデイブ・シモンズが勝利している。1971年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のロードレース世界選手権

    1974年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    この年はまた、スズキが日本のメーカーとしてはヤマハに続いてワークス活動を再開し、後にグランプリで一時代を築くことになるワークスマシン、RG500をデビューさせたシーズンでもあった。先にデビューしていたヤマハのYZR500がデイトナ200用のYZR750と共通のシャーシを持ち並列4気筒エンジンだったのに対し、RG500は2ストロークという点こそYZRと同じだったものの、スクエア4気筒のエンジンレイアウトを採用した「軽量・コンパクト」をコンセプトとしたマシンだった。そしてスズキがこのマシンを託したのが、ベテランのジャック・フィンドレイと前年スズキのサポートを受けてFIMフォーミュラ750選手権タイトルを獲得するなど波に乗っていたバリー・シーンである。1974年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のロードレース世界選手権

    1975年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    アゴスチーニと入れ替わるように500ccクラスの新たなヒーローとなったのが、スズキのバリー・シーンである。この年の3月、アメリカのデイトナ200マイルレースのフリープラクティス中、デイトナ名物のバンクで270km/h以上のスピードでのクラッシュという大事故に見舞われたシーンは大腿骨の複雑骨折や背骨の圧迫骨折など、ライダー生命を危ぶまれるほどの重傷を負う。ところがシーンはこの事故から3ヶ月後のオーストリアGPの予選に出場するという驚異的な回復振りを見せた。そして第6戦ダッチTT、アゴスチーニとデッドヒートを繰り広げたシーンは最終ラップの最終コーナーでアゴスチーニをかわしてトップでゴールするという劇的な500ccクラス初勝利を飾り、アッセンの十数万人の観客を熱狂させたのである。1975年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のロードレース世界選手権

    1976年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    前年、ジャコモ・アゴスチーニの手によって500ccクラスタイトルを獲得したヤマハだが、オイルショックの影響によってこの年のワークス活動を休止した。そして前年ついに長年守り続けたタイトルを失ったMVアグスタも、経営状態の悪化を理由にチームを解散した。一方のスズキは、チームの運営はイギリスなどのヨーロッパ現地法人に任せて日本の本社からはアドバイザーを送り込む形にし、負担を減らすとともに日本での開発ペースを上げられるように大幅に体制を変更した。同時にスズキは前年型のワークスマシンをベースにした市販マシン(名称はワークスマシンと同じRG500だった)をリリースし、ヤマハやMVアグスタの撤退によって乗るマシンを失ったアゴスチーニやフィル・リードをはじめとする多くのライダーがこぞってこの市販RGを購入した結果、この年の500ccクラスはランキング上位の大半をスズキのマシンに乗るライダーが占めることとなった。1976年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のロードレース世界選手権

    1977年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    ヤマハ、スズキに続き、日本のカワサキがこの年からグランプリに復帰してきた。すでにこの頃アメリカのレースや耐久レースで一定の活躍していたカワサキは、1975年にはタンデムツインという特異なエンジンレイアウトの250ccロードレーサーをアメリカのAMAレースにデビューさせており、このKR250が充分な戦闘力を持つまでに熟成されたと見ていよいよこの年のグランプリ250ccクラスに打って出たのである。マシントラブルに悩まされて安定した戦績は残せなかったもののデビューレースでポールポジションを獲得した上に早くも2勝を挙げるなどKR250は参戦初年度から速さを発揮し、更にこの年にはKR350の開発もスタートさせていたカワサキは翌年から中排気量クラスを席巻することになる。1977年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ自販福島

    スズキ自販福島から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    スズキ自販福島(スズキじはんふくしま、英文社名:SUZUKI JIHAN FUKUSHIMA CORPORATION Inc.. )は、スズキの福島県内における中核販売会社である。スズキ自販福島 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ部品秋田

    スズキ部品秋田から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    株式会社スズキ部品秋田(スズキぶひんあきた)は、スズキの二輪車・四輪車用の部品を製造している会社。本社を秋田県南秋田郡井川町に置く。スズキ部品秋田 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・スズライト

    スズキ・スズライトから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    スズキ・スズライトは、日本の自動車会社の鈴木自動車工業(現・スズキ)が開発した軽自動車であり、同社が初めて生産した市販型4輪自動車である。スズキ・スズライト フレッシュアイペディアより)

845件中 21 - 30件表示

「スズキ」のニューストピックワード