1149件中 31 - 40件表示
  • スズキ・アヴェニス

    スズキ・アヴェニスから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    スズキ・アヴェニス(AVENIS)はスズキのスクータータイプのオートバイである。スズキ・アヴェニス フレッシュアイペディアより)

  • 風になりたい (Samba.Novo)

    風になりたい (Samba.Novo)から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    1995年にシングル発売された「風になりたい」をリアレンジしたもの。この楽曲はアルバム未収録のためこのシングルでのみ聞くことができる。CDエクストラ仕様として、「J-フォン エンジョルノ」のCM60秒ヴァージョンを収録。2008年1月24日よりOAのスズキ8人乗りミニバン「ランディ」のCMソングにも採用された。風になりたい (Samba.Novo) フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・バージェス

    ジェレミー・バージェスから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    若い頃にアメリカの著名なチーフエンジニアであるジョージ・ブコマノビッチとアーヴ・カネモトの元で技術を学び、フレディー・スペンサーが500ccクラスのタイトルを獲得したにはチームのメカニックを務めていた。バージェスが担当したマシンはランディ・マモラのスズキ、ロン・ハスラム、フレディ・スペンサー、ミック・ドゥーハン、バレンティーノ・ロッシのホンダ、そしてロッシと共に移籍したヤマハと各メーカーに渡る。にグランプリチームに加わって以来、バージェスがメカニックやエンジニアとして関わったマシンやライダーは2009年11月までにグランプリ通算157勝を挙げており、また表彰台フィニッシュの回数は280以上を数える。ジェレミー・バージェス フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・MotoGP

    スズキ・MotoGPから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    スズキ・MotoGP ( Suzuki MotoGP ) は、ロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦しているスズキのワークス・レーシングチームである。スズキ・MotoGP フレッシュアイペディアより)

  • オートカラーアウォード

    オートカラーアウォードから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    キャンディピンクメタリック×ホワイト2トーンルーフ(ext)/ピュアホワイト×ダークグレー(int)/ハスラー(スズキオートカラーアウォード フレッシュアイペディアより)

  • ウォルター・ウルフ・レーシング

    ウォルター・ウルフ・レーシングから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    スズキとの関係も深く、1980年代半ばから後半までに2輪ではウォルターウルフカラーのスクーターやロードバイクが幾つか市販されていた。ウォルター・ウルフ・レーシング フレッシュアイペディアより)

  • マックス・ビアッジ

    マックス・ビアッジから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    翌シーズンに向けて、ワークスホンダのシートはルーキーのダニ・ペドロサに奪われたため、ビアッジはスポンサーのキャメルを後ろ盾にホンダサテライト、カワサキ、スズキと交渉をおこなった。さらに2006年1月にはミッドランドF1のテスト走行をおこなったが、結局どのチームとも合意には至らず、1年間の休養を選択することとなった。マックス・ビアッジ フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のロードレース世界選手権

    1976年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    前年、ジャコモ・アゴスチーニの手によって500ccクラスタイトルを獲得したヤマハだが、オイルショックの影響によってこの年のワークス活動を休止した。そして前年ついに長年守り続けたタイトルを失ったMVアグスタも、経営状態の悪化を理由にチームを解散した。一方のスズキは、チームの運営はイギリスなどのヨーロッパ現地法人に任せて日本の本社からはアドバイザーを送り込む形にし、負担を減らすとともに日本での開発ペースを上げられるように大幅に体制を変更した。同時にスズキは前年型のワークスマシンをベースにした市販マシン(名称はワークスマシンと同じRG500だった)をリリースし、ヤマハやMVアグスタの撤退によって乗るマシンを失ったアゴスチーニやフィル・リードをはじめとする多くのライダーがこぞってこの市販RGを購入した結果、この年の500ccクラスはランキング上位の大半をスズキのマシンに乗るライダーが占めることとなった。1976年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のロードレース世界選手権

    1977年のロードレース世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    ヤマハ、スズキに続き、日本のカワサキがこの年からグランプリに復帰してきた。すでにこの頃アメリカのレースや耐久レースで一定の活躍していたカワサキは、1975年にはタンデムツインという特異なエンジンレイアウトの250ccロードレーサーをアメリカのAMAレースにデビューさせており、このKR250が充分な戦闘力を持つまでに熟成されたと見ていよいよこの年のグランプリ250ccクラスに打って出たのである。マシントラブルに悩まされて安定した戦績は残せなかったもののデビューレースでポールポジションを獲得した上に早くも2勝を挙げるなどKR250は参戦初年度から速さを発揮し、更にこの年にはKR350の開発もスタートさせていたカワサキは翌年から中排気量クラスを席巻することになる。1977年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・マモラ

    ランディ・マモラから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    ランディ マモラ (Randy Mamola, 1959年11月10日 - ) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼ生まれのモーターサイクル・ロードレースライダー。当時、500ccクラスに参戦していた4メーカー(ホンダ、ヤマハ、スズキ、カジバ)全てのワークスマシンを走らせた経験を持つ。ランディ・マモラ フレッシュアイペディアより)

1149件中 31 - 40件表示