845件中 41 - 50件表示
  • フォルクスワーゲン

    フォルクスワーゲンから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    2009年12月にはスズキとの包括的提携を発表し、VW側はスズキの発行済株式の19.9%を取得する一方で、スズキ側もVW株を「VWがスズキ株式の取得に投じた金額の2分の1を限度として」取得するほか、ハイブリッド車等の開発でも提携することとなったが、2011年9月にスズキ側より提携解消が発表された。フォルクスワーゲン フレッシュアイペディアより)

  • マックス・ビアッジ

    マックス・ビアッジから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    翌シーズンに向けて、ワークスホンダのシートはルーキーのダニ・ペドロサに奪われたため、ビアッジはスポンサーのキャメルを後ろ盾にホンダサテライト、カワサキ、スズキと交渉をおこなった。さらに2006年1月にはミッドランドF1のテスト走行をおこなったが、結局どのチームとも合意には至らず、1年間の休養を選択することとなった。マックス・ビアッジ フレッシュアイペディアより)

  • 妖精作戦

    妖精作戦から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    自動車部員で、カワサキ750SS(7台の寄せ集め)が愛車。2巻では35馬力にデチューンしたエンジンを載せたスズキRH250に乗っている。妖精作戦 フレッシュアイペディアより)

  • きたろう

    きたろうから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    きたろうと言う芸名は以前、漫画『ゲゲゲの鬼太郎』の主人公・鬼太郎のような長髪でチャンチャンコを着ていて、非常によく似ていたため芸名に使ったとのこと(ごきげんようより)。その名前を勝手に拝借したため、原作者の水木しげるが怒っているに違いないと思い、謝罪に行ったが、結構あっさり許しを得たため、現在は水木公認で堂々と使っている。1998年に放送されたスズキのコマーシャルでは『ゲゲゲの鬼太郎』の主題歌の替え歌を歌っていた。きたろう フレッシュアイペディアより)

  • セントラルファイナンス

    セントラルファイナンスから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    2002年 - CFネットキャッシング開始。スズキ株式会社と提携し、「スズキカード」を発行。セントラルファイナンス フレッシュアイペディアより)

  • 輸入車 (日本)

    輸入車 (日本)から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    GM大宇 - マティス(オートレックス経由)、シボレー・オプトラ(ラセッティ)(スズキ経由)輸入車 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • スバル・360

    スバル・360から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    比較的まっとうな成績を収めたのは、自動織機メーカーから2輪車業界に進出していた鈴木自動車工業(現・スズキ)で、1955年に前輪駆動の360cc車「スズキ・スズライト」を開発した。これは実質西ドイツ・ボルクヴァルトのミニカー、「ロイトLP400(Lloyd LP400)」を軽自動車規格に縮小したような設計で、外観も酷似していた。乗用車・ライトバン・ピックアップトラックの3タイプがあり、乗用車タイプは名目上は大人4人が乗車できたが、実際は後部座席は子供が精一杯の広さだった。乗用車・ピックアップの販売は不振で、1957年には後部を折り畳み式1座とした3人乗りのライトバン仕様のみとなった。このライトバン仕様「スズライト」も商業的に大きな成功は収められず、スズキの軽自動車生産が軌道に乗るのは改良型の「スズライト・フロンテ」に移行した1962年以降であった。スバル・360 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    特に主力製品の軽自動車では、トップメーカーであるスズキとの激しいシェア争いを展開している。2006年はスズキが軽自動車減産(普通車増産)の戦略をとり、2007年からその方向性を明確にしたことで、1973年から2006年まで34年連続トップのスズキを抜いて初めて首位に立った。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • 新春スポーツスペシャル箱根駅伝

    新春スポーツスペシャル箱根駅伝から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    第79回(2003年)までは大会車両提供と番組スポンサーを三菱自動車工業が担当していたが、一連の不祥事(三菱リコール隠し)でスポンサーを降りたために第80回(2004年)から大会車両は本田技研工業に変わった。しかし、第80回(2004年)の番組スポンサーは三菱自動車のままであるというねじれ現象が起きた。第81回(2005年)からはホンダとトヨタ自動車も加わり、ねじれは解消された。第82回(2006年)以降、自動車メーカーについてのメインは名実ともにホンダになったが、第86回(2010年)はホンダは車両提供のみで番組スポンサーからは降板した(三菱は1分に縮小され、トヨタはサブで引き続きスポンサーについている)。ちなみに、このほかの番組スポンサー(第88回(2012年))としては日本生命・ダイワハウス・NTTドコモ・サミー・三井住友VISAカード・三井不動産レジデンシャル・ミズノ・SUZUKI・JRA日本中央競馬会・Google・サンスター・三菱地所レジデンスなどがいる。新春スポーツスペシャル箱根駅伝 フレッシュアイペディアより)

  • 風になりたい (Samba.Novo)

    風になりたい (Samba.Novo)から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    1995年にシングル発売された「風になりたい」をリアレンジしたもの。この楽曲はアルバム未収録のためこのシングルでのみ聞くことができる。CDエクストラ仕様として、「J-Phone エンジョルノ」のCM60秒ヴァージョンを収録。2008年1月24日よりOAのスズキ8人乗りミニバン「ランディ」のCMソングにも採用された。風になりたい (Samba.Novo) フレッシュアイペディアより)

845件中 41 - 50件表示

「スズキ」のニューストピックワード