845件中 61 - 70件表示
  • 仮面ライダー

    仮面ライダーから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    ベースモデル:スズキT20仮面ライダー フレッシュアイペディアより)

  • 仮面ライダー (スカイライダー)

    仮面ライダー (スカイライダー)から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    撮影用のベースマシンはスズキのオフロードバイクSP370。予備も含めて3台製作され、そのうちの1台はドロリンゴのにせスカイターボとして使用されている。従来のライダーのような重いカウルや装飾物を廃したシンプルなデザインとなったため壊れにくく、ライダーブレイクのような激突シーンやガラスに突っ込むシーンも可能となる。無人でも倒れず走らせることができるようになったため、クルーザーやカブトローのようにオートバイスタントマンが片側に隠れて見せかけの自動操縦をする必要もなくなった。仮面ライダー (スカイライダー) フレッシュアイペディアより)

  • 西部警察

    西部警察から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    鈴木自動車工業(現・スズキ西部警察 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・カブ

    ホンダ・カブから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    ヤマハのメイト、スズキのバーディーなどが競合車種であるが、「カブ」はこれら類似のビジネス・バイクを含めた総称・俗称として使われることもある。ホンダ・カブ フレッシュアイペディアより)

  • ダカール・ラリー

    ダカール・ラリーから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    モト部門ではかつてはヤマハ、ホンダ、スズキがワークス・チームを編成して参戦していた。ヤマハはモト部門で1991年、1992年、1993年、1995年、1997年、1998年など9回、ホンダは5回の優勝を手にした。その後、各メーカーともワークス参戦を見送る時期が続いたが、2013年からホンダがCRF450でワークス参戦を復活させている。ダカール・ラリー フレッシュアイペディアより)

  • ガソリン直噴エンジン

    ガソリン直噴エンジンから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    2003年:ホンダが排ガス規制強化後、成層燃焼を可能にしたi-VTEC IのK20B(直列4気筒 2.0L)をストリーム・アブソルートに採用する。しかしながら、後のストリームのフルモデルチェンジによりエンジンが変更され、2007年1月時点でiVTEC Iを搭載した車種はなくなった。スズキは軽自動車初となる直噴ターボエンジンK6A型を新型ワゴンRのスポーツグレード「RR-DI」に搭載。直噴ターボでありながら10・15モード燃費 19.0km/L(2WD・4AT)で、超‐低排出ガス(U-LEV・★★★)認定と、出力はそのままに低燃費・低排出ガスを実現した。ガソリン直噴エンジン フレッシュアイペディアより)

  • ゼネラルモーターズ

    ゼネラルモーターズから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    2005年以降は、提携先の株式の処分も進められている。10月には、資本提携していた富士重工業株をトヨタ自動車へ売却、2006年にはいすゞ自動車株を売却し資本提携を解消、2006年3月には、スズキ株の大半を売却し、2008年11月18日付で資本提携を完全に解消した。こうした株式の処分は特別利益となり経営体質の改善に直結するが、一方でGMの伝統である、地域毎に多種多様な車種を生産し融通し合うという特徴(サブコンパクトカーの開発・生産はスズキやいすゞが担った)を薄めることであり、今後の商品開発力低下を危惧する見方もある。ゼネラルモーターズ フレッシュアイペディアより)

  • ビモータ

    ビモータから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    モーリが去った後の新経営陣は、高品質ながら少数生産というそれまでの方針を改め、商業的成功を目標に生産数増加を目指し、それまでのビモータとは違った路線の車種も充実させるようになった。従来通りの路線では、ヤマハとのエンジン供給契約が切れた後に、スズキとの協力関係のもとでSB6を発売し、単一車種としてはビモータ最多の販売台数を記録し、工場を拡張するほど販売が好調であった。新たな路線としては、当時人気が出始めた大型ネイキッドとしてDB3マントラを発売し、以前は参入を否定していたシングルスポーツのジャンルにもBB1スーパーモノを投入した。だがSB6とは違い、DB3とBB1は商業的には成功せずに終わった。ビモータ フレッシュアイペディアより)

  • スーパーバイク世界選手権

    スーパーバイク世界選手権から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    世界の主なオートバイメーカーがスーパースポーツカテゴリーの旗艦モデルを投入し、レースに参戦しながら技術を競い市販車にフィードバック、市場の拡大に繋げるために切磋琢磨している。2012年現在、ホンダ(CBR1000RR)、スズキ(GSX-R1000)、カワサキ(ZX-10R)、ドゥカティ(1198R)、アプリリア(RSV4 Factory)、BMW(S1000RR)の各マシンが参戦し、ヤマハは2011年シーズン(YZF-R1で参戦)をもって撤退した。スーパーバイク世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 軽トラック

    軽トラックから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    1955年:スズキ、4輪のスズライト発売。前輪駆動の乗用車・ライトバンと構造を共通としたピックアップモデルが存在した。軽トラック フレッシュアイペディアより)

845件中 61 - 70件表示

「スズキ」のニューストピックワード