1149件中 71 - 80件表示
  • 日本車

    日本車から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    韓国では、1988年に自動車の輸入が自由化されたものの、「輸入先多辺化(多角化)制度」と呼ばれる事実上の対日輸入禁止品目において自動車が指定されていたために、日本製自動車に限っては輸入・販売が禁止されていた1が、その間にも現地メーカーにより、三菱車やマツダ車、スズキ車などをはじめとした多くの車種が現地生産されていた。日本車の販売は、同制度が1998年6月をもって撤廃された後に開始された。日本車に乗ることに対する心理的な後ろめたさがあるとも言われたが、2005年以降はレクサスが輸入車販売の第1位となっている他、ホンダやインフィニティの販売も好調である2。近年は米韓自由貿易協定により、米国製日本メーカーの車も徐々に増えてきている(トヨタ・カムリ、トヨタ・シエナ、日産・アルティマなど)。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 燃料噴射装置

    燃料噴射装置から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    オートバイでは1980年代に本田技研工業が電子制御の燃料噴射装置付きエンジンを実用化し、日本国内市販車では1982年(昭和57年)に川崎重工業のZ750GP(Z750V1)に初めて採用された。2003年(平成15年)10月3日には本田技研工業が原動機付自転車用49 cc4ストロークエンジンエンジンを搭載した。2004年(平成16年)10月にスズキが燃料を重力落下式とし、燃料ポンプと噴射ノズルを一体化したディスチャージポンプ式49 cc4ストロークエンジンをレッツ4に搭載した。この方式では燃料ポンプと高圧に耐える燃料パイプが不要となり、コストを低減させるとともに機構の信頼性を確保した。オートバイ用として燃料噴射装置が普及するようになるとスロットル開度に対するエンジン出力上昇が急速な特性を緩和する方策をとる車種も登場した。これは1つの吸気経路に2つのバタフライバルブを直列に設け一方をアクセルワイヤーで動作。もう一方はECUで制御されたアクチュエーターモーターで動作させるツインバルブとも呼ばれる機構で、ECU制御バルブは運転手の操作に対するスロットル開度の応答を抑える働きをする。排気量が比較的大きな車種に採用される。燃料噴射装置 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・コシンスキー

    ジョン・コシンスキーから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    1993年は心機一転、ラッキーストライクスズキチームのエースとしてロードレース世界選手権250ccクラスにエントリー。光る快速を見せながらも、マシン開発の遅さに業を煮やし、オランダGPレース後、マシンをバーンナウトさせたうえに破壊し解雇されてしまう。結局カジバに移籍し、500ccクラスへ出戻りアメリカGPで1勝。翌年1994年はカジバからフルエントリーし、上位を争うもののこんどはカジバがGPを撤退してしまう。こうして、コシンスキーは速さがありながら噛みあわない状況に陥ってゆく。ジョン・コシンスキー フレッシュアイペディアより)

  • 全日本実業団対抗女子駅伝競走大会

    全日本実業団対抗女子駅伝競走大会から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    中継特別協賛 かつては西濃運輸、2009年(平成21年)までスズキ、2010年(平成22年)からは東京エレクトロン。番組題名は「(特別協賛社名)スポーツスペシャル・全日本実業団女子駅伝」(西濃運輸の場合は「カンガルー」と表記)である。特別協賛社の1社提供ではなく、他の複数スポンサーも協賛しCMを放送する。全日本実業団対抗女子駅伝競走大会 フレッシュアイペディアより)

  • 直列3気筒

    直列3気筒から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    オートバイ用ではイギリスのトライアンフが、多くの直列3気筒搭載車をラインアップしている。またBMWがK75シリーズに搭載し約10年間生産したが後継車は生産されなかった。日本メーカーの直列3気筒としては、2ストロークエンジンをスズキ(GT750、GT550、GT380)と川崎重工業(カワサキ)(マッハ、KHシリーズ)が、また4ストロークエンジンをヤマハ(GX750)が、それぞれ生産していた。2013からはヤマハ・MT-09(:en:Yamaha MT-09)に4ストローク直列3気筒が採用されている。直列3気筒 フレッシュアイペディアより)

  • ULTIMATE WHEELS

    ULTIMATE WHEELSから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    表題曲「ULTIMATE WHEELS」は、2010年12月25日からオンエアされている。メンバー総出演のSUZUKI「新型ソリオ」TVCMのタイアップソングである。ULTIMATE WHEELS フレッシュアイペディアより)

  • 牧之原市

    牧之原市から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    ほぼ全域が中部電力浜岡原子力発電所の半径20km以内(南端・旧地頭方村の一部は3km圏内)にあり、周辺地域振興対策交付金を受けている。原子力事故リスクや市内の主力企業であるスズキの動向を勘案し、2011年9月26日に市議会は「浜岡原発の永久停止を求める決議」を可決した。牧之原市 フレッシュアイペディアより)

  • 愛! wanna be with you...

    愛! wanna be with you...から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    また、通常盤にのみ収録されている「ローライダー」は前々作『東京ドライブ』に続き、スズキ「ソリオ バンディット」CMソングに起用されている。愛! wanna be with you... フレッシュアイペディアより)

  • ビモータ

    ビモータから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    モーリが去った後の新経営陣は、高品質ながら少数生産というそれまでの方針を改め、商業的成功を目標に生産数増加を目指し、それまでのビモータとは違った路線の車種も充実させるようになった。従来通りの路線では、ヤマハとのエンジン供給契約が切れた後に、スズキとの協力関係のもとでSB6を発売し、単一車種としてはビモータ最多の販売台数を記録し、工場を拡張するほど販売が好調であった。新たな路線としては、当時人気が出始めた大型ネイキッドとしてDB3マントラを発売し、以前は参入を否定していたシングルスポーツのジャンルにもBB1スーパーモノを投入した。だがSB6とは違い、DB3とBB1は商業的には成功せずに終わった。thumb|500Vデュエまた、テージ1Dなき後の技術と独自性を象徴するものとして、ビモータは1996年コローニェショーにて500Vデュエを発表し、翌1997年に発売した。ビモータ初の自社開発エンジンとなる500cc2ストロークV型2気筒を搭載して「全ビモータ製」を謳った500Vデュエは予約が殺到するほどの前評判だった。しかし、実際に発売されるとシリンダー内直噴インジェクションの技術的問題が表面化して商業的な失敗を招き、ビモータは大きな負債を抱えた。この失敗で1998年には工場はほとんど稼動しない状態に陥り、この時期にマルコーニを含めた多くのスタッフがビモータを去った。ビモータ フレッシュアイペディアより)

  • ブレーキとアクセルの踏み間違え事故

    ブレーキとアクセルの踏み間違え事故から見たスズキ (企業) スズキ (企業)

    スズキ - レーダーブレーキサポートブレーキとアクセルの踏み間違え事故 フレッシュアイペディアより)

1149件中 71 - 80件表示