1149件中 81 - 90件表示
  • スズキ自販福島

    スズキ自販福島から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    スズキ自販福島(スズキじはんふくしま、英文社名:SUZUKI JIHAN FUKUSHIMA CORPORATION Inc.. )は、スズキの福島県内における中核販売会社である。スズキ自販福島 フレッシュアイペディアより)

  • T'BONE

    T'BONEから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    2011年12月男児出産、2012年3月30日番組卒業。事務所移籍後はスズキワゴンRスティングレーなどTVCM中心に復帰。T'BONE フレッシュアイペディアより)

  • 石崎チャベ太郎

    石崎チャベ太郎から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    スズキ「エブリィワゴン」(読売テレビ、2005年)石崎チャベ太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡エフエム放送

    静岡エフエム放送から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    SUZUKI presents NAGASETAG-TUNE DRIVING - 長瀬智也静岡エフエム放送 フレッシュアイペディアより)

  • スバル・360

    スバル・360から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    比較的まっとうな成績を収めたのは、自動織機メーカーから2輪車業界に進出していた鈴木自動車工業(現・スズキ)で、1955年に前輪駆動の360cc車「スズキ・スズライト」を開発した。これは実質西ドイツ・ボルクヴァルトのミニカー、「ロイトLP400(Lloyd LP400)」を軽自動車規格に縮小したような設計で、外観も酷似していた。乗用車・ライトバン・ピックアップトラックの3タイプがあり、乗用車タイプは名目上は大人4人が乗車できたが、実際は後部座席は子供が精一杯の広さだった。乗用車・ピックアップの販売は不振で、1957年には後部を折り畳み式1座とした3人乗りのライトバン仕様のみとなった。このライトバン仕様「スズライト」も商業的に大きな成功は収められず、スズキの軽自動車生産が軌道に乗るのは改良型の「スズライト・フロンテ」に移行した1962年以降であった。スバル・360 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・スズライト

    スズキ・スズライトから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    スズキ・スズライトは、日本の自動車会社の鈴木自動車工業(現・スズキ)が開発し1955年に発売した軽自動車であり、同社が初めて生産した市販型4輪自動車である。スズキ・スズライト フレッシュアイペディアより)

  • 湖西市

    湖西市から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    白須賀地区は東海道白須賀宿の宿場町として江戸時代以前には栄えていた。現在は衰退したが、国道1号潮見バイパスの開通と道の駅の完成、更には2013年6月に全線開通した豊橋東バイパスの起点且つ県境付近に位置する豊橋東ICの完成でやや活気が戻っている。スズキの湖西工場があるのもこの地区であり、ここから軽自動車や乗用車等が生産されている。また、旧国道1号(潮見バイパスが開通する1996年までは国道1号、それ以降は国道42号)沿いに大衆食堂が軒を連ね、トラック運転手を中心に根強い人気がある。遠州灘に面する温暖な気候と豊かな土地を生かして古くからキャベツやジャガイモ、メロン等農業が盛んである。遠州灘沿岸ではサーフィンや釣りも盛んである。また、浜名湖カントリークラブでのゴルフも行われている。湖西市 フレッシュアイペディアより)

  • ガソリン直噴エンジン

    ガソリン直噴エンジンから見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    スズキは軽自動車初となる直噴ターボエンジンK6A型をワゴンRのスポーツグレード「RR-DI」に搭載。10・15モード燃費 19.0km/L(2WD・4AT)および超‐低排出ガス(U-LEV・★★★)認定と、直噴ターボで出力はそのままに低燃費・低排出ガスを実現した。ガソリン直噴エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 2ストローク機関

    2ストローク機関から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    その為、西ヨーロッパおよび日本の普通自動車及び小型自動車では4ストロークエンジンの性能が向上してきた1960年代後半にはほとんど姿を消しており、排気量が小さな日本の軽自動車においても、自動車排出ガス規制が日本国内で開始(昭和48年排出ガス規制)された1973年(昭和48年)ごろより、360ccの4ストロークエンジンへの移行が始まり、日本版マスキー法と呼ばれた1975年の昭和50年排出ガス規制(識別符号A-またはH-)、1976年の昭和51年排出ガス規制(識別符号C-、商用のみH-)の頃には、ダイハツとスズキを除く全メーカーが550ccの4ストロークエンジンへの移行を完了した。マスキー法の規制値を完全達成した1978年の昭和53年排出ガス規制(識別符号E-)以降は、スズキのみが規制に適合した車両を製造していた。2ストローク機関 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・NS500

    ホンダ・NS500から見たスズキ (企業)スズキ (企業)

    1967年を最後にグランプリから撤退していたホンダは、1979年から500ccクラスに復帰するに当たって当時主流であった2ストロークエンジンのマシンではなく、オーバルピストン4ストロークエンジンのNR500という前例の無い実験的なマシンを送り込んでいた。しかし、あまりにも斬新なNR500の開発は思うように進まず、グランプリで勝利するどころか完走もままならず1ポイントも獲得できないという状況が続いていた。当時はいわゆるHY戦争の真っ最中であり、ヤマハやスズキといったライバルに勝つどころかまともに勝負することすらできないという惨敗ぶりに社の内外から非難が集中した。中でもレースの成績が販売成績に直結するヨーロッパの現地法人や関係者からの突き上げは特に厳しかった。そしてついに、朝霞研究所内のレース専任部隊であるNRブロックのブロックリーダーでありホンダの取締役でもあった入交昭一郎は、新たな「すぐに勝てる」2ストロークマシンを開発することを決定した。新型マシンの開発には社内に新たな開発チームを立ち上げるのではなく、NRブロックの中にNR500開発チームとは別に新型マシン開発チームが編成された。車両開発総責任者(LPL)にはNR500のLPLでもあった福井威夫が任命され、1981年1月に2ストローク500ccGPマシンの開発が正式にスタートしたのである。ホンダ・NS500 フレッシュアイペディアより)

1149件中 81 - 90件表示