165件中 51 - 60件表示
  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見た静岡銀行

    取引銀行は、三菱東京UFJ銀行、静岡銀行、りそな銀行である。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見た三菱東京UFJ銀行

    取引銀行は、三菱東京UFJ銀行、静岡銀行、りそな銀行である。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見た日産・モコ

    OEM供給をしている日産自動車との提携を開始し、2002年4月MRワゴンを日産「モコ」、2007年1月から2010年1月までアルトを日産「ピノ」、2009年12月よりパレットを日産「ルークス」として供給。その一方で日産セレナをスズキ「ランディ」として供給を受けている。また、北米市場においては2008年末から日産・フロンティアをイクエーターとしてOEM供給を受けて発売されている。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見たスズキ・ソリオ

    その一方でジムニーやキャリイの各2サイクルエンジンを1980年代中半頃まで使用し続けたり、Keiは登場から11年間程発売され、ジムニーは登場から10年程経過した車種でありながら改良を重ねつつ生産・発売し続けたり、ソリオ(旧・ワゴンR+ → ワゴンRソリオ)は2010年にフルモデルチェンジされるまで11年間も生産・販売し、ワゴンRは3代続いてキープコンセプトであるなど、案外保守的な面もある。しかし、初代ワゴンRのスタイルが登場したその軽トールワゴンというコンセプトは当時は非常に革新的で、軽トールワゴンという新たなジャンルを開拓した。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見たスズキ・イクエーター

    OEM供給をしている日産自動車との提携を開始し、2002年4月MRワゴンを日産「モコ」、2007年1月から2010年1月までアルトを日産「ピノ」、2009年12月よりパレットを日産「ルークス」として供給。その一方で日産セレナをスズキ「ランディ」として供給を受けている。また、北米市場においては2008年末から日産・フロンティアをイクエーターとしてOEM供給を受けて発売されている。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見たスズキ・ジムニー

    その一方でジムニーやキャリイの各2サイクルエンジンを1980年代中半頃まで使用し続けたり、Keiは登場から11年間程発売され、ジムニーは登場から10年程経過した車種でありながら改良を重ねつつ生産・発売し続けたり、ソリオ(旧・ワゴンR+ → ワゴンRソリオ)は2010年にフルモデルチェンジされるまで11年間も生産・販売し、ワゴンRは3代続いてキープコンセプトであるなど、案外保守的な面もある。しかし、初代ワゴンRのスタイルが登場したその軽トールワゴンというコンセプトは当時は非常に革新的で、軽トールワゴンという新たなジャンルを開拓した。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見たマツダ・スクラム

    磐田工場(静岡県磐田市) - エブリイ/エブリイワゴン/キャリイ/マツダ・スクラム、ジムニー/マツダ・AZ-オフロード、エスクード等スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見た日産・セレナ

    OEM供給をしている日産自動車との提携を開始し、2002年4月MRワゴンを日産「モコ」、2007年1月から2010年1月までアルトを日産「ピノ」、2009年12月よりパレットを日産「ルークス」として供給。その一方で日産セレナをスズキ「ランディ」として供給を受けている。また、北米市場においては2008年末から日産・フロンティアをイクエーターとしてOEM供給を受けて発売されている。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見たスズキ・ランディ

    OEM供給をしている日産自動車との提携を開始し、2002年4月MRワゴンを日産「モコ」、2007年1月から2010年1月までアルトを日産「ピノ」、2009年12月よりパレットを日産「ルークス」として供給。その一方で日産セレナをスズキ「ランディ」として供給を受けている。また、北米市場においては2008年末から日産・フロンティアをイクエーターとしてOEM供給を受けて発売されている。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見たスズキ・Kei

    その一方でジムニーやキャリイの各2サイクルエンジンを1980年代中半頃まで使用し続けたり、Keiは登場から11年間程発売され、ジムニーは登場から10年程経過した車種でありながら改良を重ねつつ生産・発売し続けたり、ソリオ(旧・ワゴンR+ → ワゴンRソリオ)は2010年にフルモデルチェンジされるまで11年間も生産・販売し、ワゴンRは3代続いてキープコンセプトであるなど、案外保守的な面もある。しかし、初代ワゴンRのスタイルが登場したその軽トールワゴンというコンセプトは当時は非常に革新的で、軽トールワゴンという新たなジャンルを開拓した。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

165件中 51 - 60件表示

「スズキ」のニューストピックワード