179件中 61 - 70件表示
  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見た静岡銀行

    取引銀行は、三菱東京UFJ銀行、静岡銀行、りそな銀行である。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見たニッポン放送

    オールナイトニッポン(ニッポン放送/NRN系列・1980年代にかけてのスポンサー)スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見た日産・セレナ

    日産自動車とは2002年4月からMRワゴンを日産・モコとしてOEM供給を開始した事を皮切りに、2007年1月には6代目アルトを日産・ピノ(2010年1月まで販売)として2009年12月にはパレットを日産・ルークス(2013年3月まで販売)として、2013年12月には2代目エブリイワゴン/5代目エブリイ/12代目キャリイを2代目日産・NV100クリッパーリオ/NV100クリッパー/NT100クリッパーとしてそれぞれOEM供給を行なっている。反対に、日産自動車からミニバンの日産・セレナ(3代目以降)のOEM供給を受け、ランディとして販売されている。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見たスズキ・ソリオ

    その一方でジムニーやキャリイの各2サイクルエンジンを1980年代中半頃まで使用し続けたり、Keiは登場から11年間程発売され、ジムニーは登場から10年程(現行型となる3代目は15年程)経過した車種でありながら改良を重ねつつ生産・発売し続けたり、ソリオ(旧・ワゴンR+ → ワゴンRソリオ)は2010年にフルモデルチェンジされるまで11年間も生産・販売し、ワゴンRとスイフトは3代続いてキープコンセプトである(前者は初代から3代目、後者は2代目から現行型となる4代目)など、4輪に関しては保守的な面もある。しかし、初代ワゴンRの「居住性を確保するために背を高くした軽乗用車」というコンセプトは当時は非常に革新的で、軽トールワゴンという新たなジャンルを開拓した。またスズキの四輪車は、日産・セレナのOEM供給車であるランディを除き、全て寒冷地仕様となっている。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見た三菱・デリカD:2

    三菱自動車工業とは2011年3月から、3代目ソリオを三菱・デリカD:2として、2014年2月には2代目エブリイワゴン/5代目エブリイ/12代目キャリイを2代目タウンボックス及び7代目ミニキャブバン/ミニキャブトラックとしてそれぞれOEM供給が行われている。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見たスズキ・ジムニー

    その一方でジムニーやキャリイの各2サイクルエンジンを1980年代中半頃まで使用し続けたり、Keiは登場から11年間程発売され、ジムニーは登場から10年程(現行型となる3代目は15年程)経過した車種でありながら改良を重ねつつ生産・発売し続けたり、ソリオ(旧・ワゴンR+ → ワゴンRソリオ)は2010年にフルモデルチェンジされるまで11年間も生産・販売し、ワゴンRとスイフトは3代続いてキープコンセプトである(前者は初代から3代目、後者は2代目から現行型となる4代目)など、4輪に関しては保守的な面もある。しかし、初代ワゴンRの「居住性を確保するために背を高くした軽乗用車」というコンセプトは当時は非常に革新的で、軽トールワゴンという新たなジャンルを開拓した。またスズキの四輪車は、日産・セレナのOEM供給車であるランディを除き、全て寒冷地仕様となっている。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見た軽自動車

    戦前から自動車開発の企図を持ち、オースチン・セブンのコピー車製作などを試みていたものの、本格的な参入は1950年代初頭の自転車補助エンジンブームを機にオートバイ開発に乗り出した1952年からである。更に1955年には四輪軽自動車分野にも進出し、以後、小型オートバイと軽自動車分野をメインに、日本の小型自動車業界での地歩を築いた。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見た自動車

    スズキ株式会社()は、日本の四輪車および二輪車のメーカーである。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見たOEM

    四輪車は軽自動車や小型車などを主力としている。軽自動車の分野では、1973年から2006年までの34年間にわたり販売台数日本一を誇り、マツダや日産自動車、三菱自動車工業へのOEM供給も行っている。社団法人全国軽自動車協会連合会の発表した2006年度(2006年4月 - 2007年3月)軽四輪車新車販売台数速報によれば、長年競い合ってきたダイハツ工業に1位の座を譲った(ダイハツ61万6206台、スズキ60万5486台)、なお同社は2006年にスイフトやSX4などの小型車の強化を表明しており、生産能力確保の為には軽No.1にはこだわらず、軽生産の縮小も辞さないという姿勢を打ち出している、しかし、2014年は同年1月に発売を開始したクロスオーバーSUV型のハスラーが発売初年で10万4233台とヒット車種となったことで軽乗用車販売台数の大幅アップ(2013年比15.9%増)に貢献し、同協会による2014年の軽四輪車新車販売速報ではダイハツ工業(70万6288台)を2795台上回る70万9083台となり、8年ぶりに軽自動車年間販売台数No.1の座を奪還した。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見たオートバイ

    スズキ株式会社()は、日本の四輪車および二輪車のメーカーである。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

179件中 61 - 70件表示

「スズキ」のニューストピックワード