241件中 101 - 110件表示
  • カブラの冬

    カブラの冬から見たスズメスズメ

    人々も配給などに頼りながらも、前述のKパンを始め、各種の代替食の開発・食用や庭や公園などを畑として耕す「クラインガルデン」の流行、お金持ちの間では密商と称される闇商人から秘かに買う(当時、まだ闇市が形成される状態ではなかった)などの対応を取った。だが、1916年にはジャガイモの大凶作があって配給が完全に滞り、ついにはパンやジャガイモに代わってルタバガ(カブラ)が主食になり、町ではカラスやスズメの肉が売られる有様になった。すなわち「カブラの冬」の到来である。しかも、折しもスペイン風邪の流行がドイツでも襲い、飢えと病気によって多くの人々が死ぬことになる。大戦終結後、ドイツの帝国保健庁は1915年から18年までにドイツ全域で(兵士を除いて)76万2千人が餓死したとする統計を発表している。カブラの冬 フレッシュアイペディアより)

  • オールドスクール (入れ墨)

    オールドスクール (入れ墨)から見たスズメスズメ

    Swallow and sparrow tattoos - ツバメ(Swallow tattoo)、スズメオールドスクール (入れ墨) フレッシュアイペディアより)

  • フクラスズメ

    フクラスズメから見たスズメスズメ

    和名は、スズメが羽毛を逆立てて冬の寒さに耐える様を「ふくらすずめ」と呼び、丸っこくて毛に覆われた様子をこのガに当てはめたものである。「スズメ」とあるが、スズメガ科ではない。フクラスズメ フレッシュアイペディアより)

  • ウソ

    ウソから見たスズメスズメ

    全長は15-16 cm、翼開長は約26 cm。体重は21-34g。体はスズメよりやや大きく、頭の上と尾、翼の大部分は黒色、背中は灰青色。くちばしは太く短く黒い。雄の頬、喉は淡桃色をしているが、雌にはこの淡桃色の部分はない。雄は照鷽(てりうそ)、雌は雨鷽(あめうそ)と呼ばれる。ウソ フレッシュアイペディアより)

  • イスカ

    イスカから見たスズメスズメ

    全長17-18.5cm。体重30-50g。スズメよりはやや大きく、翼長およそ9.5cm。雄は翼と尾羽は黒褐色で、ほかは暗赤色。雌は額から背がオリーブ緑色で、体下面は黄色がかった白色、羽は黒灰色である。イスカ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカチョウゲンボウ

    アメリカチョウゲンボウから見たスズメスズメ

    アメリカ合衆国では、オオタカ(アラスカ州のみ)、カタアカノスリ、アカオノスリと並んで鷹狩の初心者が扱うのを許されている猛禽であるが、大型の猛禽と比べて代謝が早く、体格が華奢で、0.1グラム単位での体重管理を必要とするため、扱いはやや難しい。対象となる獲物は主に昆虫類、スズメ(主に移入種のイエスズメ)、ホシムクドリ、オオクロムクドリモドキなどである。アメリカチョウゲンボウ フレッシュアイペディアより)

  • セキセイインコ

    セキセイインコから見たスズメスズメ

    成鳥の体長は18-23cmほどで、スズメより少し大きい。野生個体の成鳥は頭部が黄色で、頭上から後頭部にかけて細かい黒の横しま模様が入るのが一般的。頬に背中と翼は黄色の縁取りがある黒い羽毛が生えるものが多い。胸から腹、腰までは黄緑色の羽毛に覆われ、尾羽は緑または青いものも多い。和名は日本に最初に来たセキセイインコの背が黄色と青だったことに由来する。あるいはコセイインコ(小青鸚哥)、ホンセイインコ(本青鸚哥)といった、緑色を基調とするため「青鸚哥」と名づけられたグループがあるため、背中に黄色と黒の縞を持つ本種は、分類上は異なるものの「背黄青鸚哥」と名づけられた、という説もある。セキセイインコ フレッシュアイペディアより)

  • 夜雀

    夜雀から見たスズメスズメ

    名前が示すようにスズメのように「チッ、チッ、チッ」と鳴き声をあげながら夜に現れる妖怪で、山道を歩いている人の前後について来るという。夜雀 フレッシュアイペディアより)

  • カシュプ (警備艦)

    カシュプ (警備艦)から見たスズメスズメ

    カシュプには、一通りの武装が取り揃えられた。対水上用・対空用には、両用砲AK-176M1 基が搭載された。防空ミサイルには、1124型の搭載した9K33M「オサーM」より簡単な9K32M「シュチュシャワ2M」(:「」は「矢」)が選択された。但し、発射機は4連装のものが2 基と、1124型の連装発射機1 基という内容より向上されていた。これを補助する対空機関砲として、陸上用対空砲として多用されたZU-23-2の艦載型ZU-23-2M「ヴルベル1」(:「」は「」)が搭載された。対潜水艦用兵器としては、対潜ロケット弾の12連装発射機RBU-6000「シミェルチ2」が2 基、対潜魚雷を発射できる533 mm連装魚雷発射管DTA-53-620が2 基搭載された。カシュプ (警備艦) フレッシュアイペディアより)

  • 二ヶ領用水

    二ヶ領用水から見たスズメスズメ

    魚類はおもにコイの姿が見られるが、コサギなどが頻繁に訪れていることから、彼等の捕食対象となる小魚類も相応に住んでいると推察される。鳥類では、スズメ、ドバト、ハクセキレイおよびカルガモの姿が一年中観察され、沿川に植えられた木や畑などと相まって、野鳥の生活を支えている。二ヶ領用水 フレッシュアイペディアより)

241件中 101 - 110件表示

「スズメ」のニューストピックワード

  • 顧客への供給は6月にドンと落ち込み、そこから徐々に回復していく