241件中 111 - 120件表示
  • 膜電位感受性色素

    膜電位感受性色素から見たスズメスズメ

    ・Hodge (1892)は、スズメ、ハト、ツバメの生体染色を施した脊髄神経節を連続的に電気刺激して、刺激前後の神経細胞、細胞核、液胞の形や、さらにそれらの色素 (osmic acid) による染まり具合を光学顕微鏡で詳細に観察し比較している。膜電位感受性色素 フレッシュアイペディアより)

  • ハインケル

    ハインケルから見たスズメスズメ

    第二次世界大戦末期に量産に至った唯一のハインケル社製ジェット機がHe 162である。愛称はフォルクスイエーガー(Volksjäger)、国民戦闘機を意味する。または、シュパッツ(Spatz)とも呼ばれる。意味はスズメである。別名はザラマンダー(Saramander)、火トカゲの意である。シュパッツよりもこちらの名称の方が一般的である。単発単座の軽戦闘機で、国民戦闘機の名称どおり比較的経験の浅い少年兵などでも乗りこなせることを設計目標とした。原型機は1944年12月6日に初飛行した。しかし、急いで開発・実用化したためにかなり特異な設計となり、熟練したパイロットでなければ操縦が困難であったという。ドイツ降伏までに200機前後が完成し、最初にして唯一の飛行隊が1945年3?4月ごろに実働状態に入った。終戦までにRAFのホーカー タイフーンを含む2機撃墜の戦果(非公式)を記録している。ハインケル フレッシュアイペディアより)

  • 院政期文化

    院政期文化から見たスズメ

    大阪府河内長野市の金剛寺所蔵の『野辺雀蒔絵手箱』は12世紀の作で、重要文化財に指定されている。親が子に餌を与えるすがたは、宋画における定形の図様を借用しているとの指摘があり、また、野辺に雑草を描くのも北宋の影響とみられる。院政期文化 フレッシュアイペディアより)

  • 主竜類

    主竜類から見たスズメスズメ

    ファイル:Tree_Sparrow_August_2007_Osaka_Japan.jpg|スズメ主竜類 フレッシュアイペディアより)

  • エディット・ピアフ

    エディット・ピアフから見たスズメスズメ

    1935年にエディットはナイトクラブのオーナー、ルイ・ルプレー(Louis Leplée)によって見出され、彼の店で歌を歌うようになる。そのナイトクラブは上流、下流両階層の客達が出入りしていた。ルプレーは彼女が極端な神経質だったにもかかわらず、店への出演を説得した。エディットの身長は142cmにすぎず、その小柄な体からルプレーは彼女に、後の芸名となる「小さなスズメ」(La Môme Piaf)の愛称を与えた。彼女の最初のレコードはこの年に録音された。ほどなくルプレーは殺害され、ピアフはその共犯者であると告発されるが、無罪とされた。エディット・ピアフ フレッシュアイペディアより)

  • エディット・ピアフ

    エディット・ピアフから見たスズメ

    ピアフはベルヴィル街72の路上で生まれたという伝説があるが、出生証明書によればベルヴィルのトゥノン病院(fr)で誕生したというのが事実である。エディットという名はドイツ軍に処刑されたイギリス人看護婦イーディス・キャヴェル(Edith Cavell)にちなんでいる(キャヴェルが処刑されたのはこの年の10月でパリでも大きな話題となっていた)。ちなみにパリジャンの俗語でを意味するピアフが彼女のニックネームになるのは20年後のことである。エディット・ピアフ フレッシュアイペディアより)

  • ムリェト島

    ムリェト島から見たスズメスズメ

    第2の被害はマングースの増加である。中世、ヘビの数を減らす目的で島に持ち込まれた(島は明らかに完全に荒らされた)。マングースがヘビ駆除を行う間に、彼らは島に生息する野生の鳥類の生態を冒した(鳥の卵を捕食した)。今日まで、島はスズメのような生け垣に住む鳥類が目立っている。ムリェト島 フレッシュアイペディアより)

  • 豊城入彦命

    豊城入彦命から見たスズメ

    『日本書紀』によると、崇神天皇48年に天皇は豊城命(豊城入彦命)と活目尊(いくめのみこと、後の垂仁天皇)に勅して、共に慈愛のある子でありどちらを後継者とするか決めがたいため、それぞれの見る夢で判断すると伝えた。豊城命は「御諸山(みもろやま:三輪山)に登り、東に向かって槍(ほこ)や刀を振り回す夢を見た」と答え、活目尊は「御諸山に登り、四方に縄を張ってを追い払う夢を見た」と答えた。その結果、弟の活目尊は領土の確保と農耕の振興を考えているとして位を継がせることとし、豊城命は東に向かい武器を振るったので東国を治めさせるために派遣されたという。豊城入彦命 フレッシュアイペディアより)

  • 矢橋船

    矢橋船から見たスズメ

    浪人が、なぜか刀を見せることを拒否したせいで大立ち回りになってしまい、弾みで、鞘が乗り合わせていた鳥刺しのかごに刺さって、中のたちが一斉に飛び出してしまう。矢橋船 フレッシュアイペディアより)

  • 小烏丸 (落語)

    小烏丸 (落語)から見たスズメスズメ

    鍼医が勝五郎を切ろうと小烏丸を鞘から抜くと、スズメが集まってきた。小烏丸は竹光であった。小烏丸 (落語) フレッシュアイペディアより)

241件中 111 - 120件表示

「スズメ」のニューストピックワード

  • 顧客への供給は6月にドンと落ち込み、そこから徐々に回復していく