241件中 131 - 140件表示
  • にゃんこい!

    にゃんこい!から見たスズメスズメ

    アニメ版オリジナルの猫。意中の猫を振り向かせるため、潤平にスズメを狩れるように鍛えてもらうことを依頼する。にゃんこい! フレッシュアイペディアより)

  • icsca

    icscaから見たスズメスズメ

    2014年(平成26年)12月1日より発売された、仙台市交通局を発行元とする仙台圏エリアのIC乗車券。伊達家の水玉模様陣羽織と杜の都から、緑色の水玉模様があしらわれたカードデザインとなっている。また、伊達家の家紋である「竹に雀」と軽快に移動できるイメージから、キャラクターにはスズメが採用された。カードデザイン及びカードキャラクターは、いずれも仙台市在住の画家・菅野麻衣子が手掛けた。icsca フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパコマドリ

    ヨーロッパコマドリから見たスズメスズメ

    マザー・グースの一節で、ミソサザイと結婚したヨーロッパコマドリがスズメに殺され、鳥たちに葬式を挙げてもらう童謡である。邦題は「誰が殺したクック・ロビン」等いくつかある。ヨーロッパコマドリ フレッシュアイペディアより)

  • すずめ踊り

    すずめ踊りから見たスズメスズメ

    『すずめ踊り』の名称の語源について、「踊る姿が餌をついばむスズメに似ていることから」とか、「伊達家の家紋の1つ「竹に雀」にスズメが描かれていることから名付けられた」などの説は、この頃に新たに作られたものと考えられる。すずめ踊り フレッシュアイペディアより)

  • 8時だョ!全員集合のコント

    8時だョ!全員集合のコントから見たスズメスズメ

    俳句クイズで小泉今日子が「すずめの子 そこのけそこのけ あぶないよ」、加藤が「すずめの子 そこのけそこのけ あそこのけ」、志村が「すずめの子 そこのけそこのけ ちぢれっ毛」と言う。正解は「すずめの子 そこのけそこのけ お馬が通る」(小林一茶の俳句)である。8時だョ!全員集合のコント フレッシュアイペディアより)

  • 低危険種

    低危険種から見たスズメスズメ

    2006年の時点で、低危険種に分類された動物は14033種(アオガエル科の新種1種を含む)で、それに加えて101の亜種がリストアップされている。また植物は約1500分類群(1410種、55亜種、35変種)が低危険種とされている。また、アブラツノザメの2つの亜集団が低危険種とされている。菌類と原生生物については、2006年現在4種が保全状況を評価されているが、低危険種にカテゴライズされた種はない。なお、2008年のIUCNレッドリストにおいては、更に多い17675の分類群(評価が行われた分類群の39%)が低危険種に分類されている。スズメ、カワラバト、ハツカネズミなど身近な種が低危険種と評価されているほかに、ヒトもこのカテゴリに該当する。低危険種 フレッシュアイペディアより)

  • とりきっさ!

    とりきっさ!から見たスズメスズメ

    ハーピーのような姿をした羽手種のスズメのトリビトの女の子。ショートヘア。メイド服を身に纏う、喫茶店「とりきっさ」のウェイトレス。とりきっさ! フレッシュアイペディアより)

  • スパロー (ミサイル)

    スパロー (ミサイル)から見たスズメスズメ

    スパロー(Sparrow)は、レイセオン社製の中射程空対空ミサイル。アメリカ軍における制式名はAIM-7で、誘導にはセミアクティブ・レーダー・ホーミング(SARH)誘導方式を採用しており、視程外射程(BVR)が可能である。なお、スパローとはスズメ、もしくはスズメ科に属する鳥類全般の意。スパロー (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • ガフの部屋

    ガフの部屋から見たスズメスズメ

    この世に生まれてくるすべての子供達は、この部屋で魂を授かり生まれてくる。スズメはこのガフの部屋から降りてくる魂を見ることができるとされ、スズメのさえずりは子供が誕生する前兆である。また、魂がガフの部屋からなくなると、魂を持たない子供が生まれスズメは鳴くのをやめてしまう。そのため、スズメがさえずるのをやめるのは世界の破滅の前兆とされる。ガフの部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 盗蜜

    盗蜜から見たスズメスズメ

    サクラの花蜜を吸う野鳥のうち、メジロやヒヨドリは顔を花粉で黄色く染め花粉を運ぶ送粉者であるが、スズメは花の根元を嘴でちぎり蜜のみを吸う盗蜜者である。盗蜜 フレッシュアイペディアより)

241件中 131 - 140件表示

「スズメ」のニューストピックワード

  • 顧客への供給は6月にドンと落ち込み、そこから徐々に回復していく