210件中 11 - 20件表示
  • 西出大三

    西出大三から見たスズメ

    西出は元来彫刻家であったため、その造型技術を活かし、馬・牛・犬・・鶏などの動物や鳥類を彫刻し、これらに截金を施す作風を得意とした。さらに岩絵具による彩色や砂子(すなご)・野毛(のげ)といった金箔の装飾技法を併用して、より繊細で華やかな作品を生み出している。西出大三 フレッシュアイペディアより)

  • 安達巌

    安達巌から見たスズメ

    1948年にのひなを飼うために捕まえようと、変電所の鉄塔に登ったところ、つかんだ高圧電線により感電し両手を失うことになった。翌年、母の死亡を経験するが12歳の1951年に始めて筆をくわえて絵を描いた。世界身体障害芸術家協会、口と足で描く芸術家協会などの会員となり、インターナショナルハンディキャップアーティスト展では1983年、1986年に2回世界一に輝いており、1996年にはクリスマス絵画展部門で世界一となった。安達巌 フレッシュアイペディアより)

  • 神羅万象チョコ 神獄の章

    神羅万象チョコ 神獄の章から見たスズメ

    南域に出現した下級羅震鬼。人間が収穫した作物を食い荒らした上に、燃え盛る尻尾で焼却してしまう「畑荒らし」の張本人である。108匹の羅震鬼の1匹。鳴き声は「ボーチュン」。モデルは神羅万象チョコ 神獄の章 フレッシュアイペディアより)

  • スズメ科 (Sibley)

    スズメ科 (Sibley)から見たスズメスズメ

    File:Passer (Naumann).jpg|イエスズメ、スズメスズメ科 (Sibley) フレッシュアイペディアより)

  • コイル切手

    コイル切手から見たスズメスズメ

    1997年4月10日からは一部の局には、販売時に額面を自動販売機で印字する、新方式のコイル切手(メータースタンプではない)が登場した。この切手の図案は、50円、80円、90円、130円用のスズメと稲と椿を描いたものと、速達料金の270円用の、スズメとモミジと椿を描いたものの二種がある。なお130円切手であるが、同年12月1日、対応していた定形外50グラムまでの料金が、120円に引き下げられた為、販売が中止された。実質8ヶ月しか販売されなかった上、事前に販売打ち切りが周知されていなかったため、切手収集家が十分にストックを確保できなかった。このため流通量が限られ、近年では異例なまでに市価が高くなっている。そのほか、職員のセットミスで額面10円が印字されたエラー切手や、プログラムの誤りから低額面用の台紙に額面270円が印字されたエラー切手も存在している。コイル切手 フレッシュアイペディアより)

  • 益鳥

    益鳥から見たスズメスズメ

    稲の害虫も捕食するため。ただし、稲自体も捕食する為、駆除対象になる事もあるが、過剰な駆除は逆に害虫による被害をふやすことになる。一例として、中国で大規模な駆除が行われたものの、害虫の増加で駆除対象から外された経緯がある。スズメ(駆除・移入)も参照。益鳥 フレッシュアイペディアより)

  • ARMORED CORE TOWER CITY BLADE

    ARMORED CORE TOWER CITY BLADEから見たスズメスズメ

    ザラマンダー:ドイツの小型ジェット戦闘機、ハインケルHe162の通称(正式にはシュパッツであり、スズメの意)ARMORED CORE TOWER CITY BLADE フレッシュアイペディアより)

  • 集英社WEB文芸RENZABURO

    集英社WEB文芸RENZABUROから見たスズメスズメ

    マスコットとして読書が趣味のかわうそ・レンザブローをメインに据え、脇役としてオコジョ侍、ぶた侍、モグラ侍、すずめ侍、カエル侍、にわとり親子侍、うずら侍らを配置し、それぞれ好みの小説のジャンルが異なるという設定。集英社WEB文芸RENZABURO フレッシュアイペディアより)

  • ガフの部屋

    ガフの部屋から見たスズメスズメ

    この世に生まれてくるすべての子供達は、この部屋で魂を授かり生まれてくる。スズメはこのガフの部屋から降りてくる魂を見ることができるとされ、スズメのさえずりは子供が誕生する前兆である。また、魂がガフの部屋からなくなると、魂を持たない子供が生まれスズメは鳴くのをやめてしまう。そのため、スズメがさえずるのをやめるのは世界の破滅の前兆とされる。ガフの部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 留鳥

    留鳥から見たスズメスズメ

    留鳥(りゅうちょう)は、年間を通して同じ場所に生息し、季節による移動をしない鳥。ただし、同じ個体が同じ場所にいるわけではなく、繁殖した個体が他へ移動した後に、他で繁殖した個体が飛来している可能性もある。例えば、一般に移動をしないと考えられているスズメの場合、新潟県で足環をつけられた個体が、岡山県で回収されたことがある。留鳥 フレッシュアイペディアより)

210件中 11 - 20件表示

「スズメ」のニューストピックワード