241件中 21 - 30件表示
  • 送り雀

    送り雀から見たスズメスズメ

    の名の通り、鳥の姿だとされるが、その姿を見た者は誰もいない。前述のアオジが送り雀の正体ともいうが、夜に飛ぶためにアオジとは違うとの指摘もある。また、これと似た妖怪に「夜雀」があり、奈良では夜雀が送り雀と同一視されることもある。送り雀 フレッシュアイペディアより)

  • カラ類

    カラ類から見たスズメスズメ

    シジュウカラ科のシジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、コガラ、などをいう。ゴジュウカラ、エナガを含めることもある。大きさはほぼスズメ大で、梢の間を活発に動き回る。コガラやヒガラなどは山地で見られ、シジュウカラは市街地でも見られる。カラ類 フレッシュアイペディアより)

  • ソウシチョウ

    ソウシチョウから見たスズメスズメ

    全長がスズメと同じくらいの14-15 cmほど。。背面の羽毛は暗緑色。眉斑から頬は薄い黄色、咽頭部の羽毛は黄色で胸部は濃いオレンジ色、翼に黄色と濃い赤の斑紋がある。ソウシチョウ フレッシュアイペディアより)

  • ムネアカタヒバリ

    ムネアカタヒバリから見たスズメスズメ

    全長約16cm。スズメと同じくらいの大きさで、雌雄同色である。成鳥夏羽は頭部と胸部が赤橙色か橙褐色であることで、他のタヒバリ類と区別できる。背は灰褐色で黒褐色の縦斑がある。冬羽は頬がやや赤みを帯びた褐色になる他、頭部と胸が淡い褐色になる。ムネアカタヒバリ フレッシュアイペディアより)

  • 有田川 (大分県)

    有田川 (大分県)から見たスズメスズメ

    魚類では、絶滅危惧IB類(環境省レッドリスト)のオヤニラミが確認されていほか、カワムツ、オイカワ、ウグイ、カマツカ、ドンコ等が生息している。また、鳥類では、カワセミや準絶滅危惧(環境省レッドリスト)のハイタカが確認されているほか、ツバメ、スズメ、ムクドリ、カワラヒワが多く見られる。有田川 (大分県) フレッシュアイペディアより)

  • 求来里川

    求来里川から見たスズメスズメ

    魚類では、絶滅危惧IB類(環境省レッドリスト)のオヤニラミが確認されているほか、カワムツ、ドンコ、ギンブナ等が生息している。また、鳥類では、ツバメ、スズメ、ムクドリ、カワラヒワが多く見られる。求来里川 フレッシュアイペディアより)

  • 留鳥

    留鳥から見たスズメスズメ

    留鳥(りゅうちょう)は、年間を通して同じ場所に生息し、季節による移動をしない鳥の総称。ただし、同じ個体が同じ場所にいるわけではなく、繁殖した個体が他へ移動した後に、他で繁殖した個体が飛来している可能性もある。例えば、一般に移動をしないと考えられているスズメの場合、新潟県で足環をつけられた個体が、岡山県で回収されたことがある。留鳥 フレッシュアイペディアより)

  • 室蘭やきとり

    室蘭やきとりから見たスズメスズメ

    昭和初期、食糧増産のために室蘭では農家が豚を飼うようになった。1933年頃に室蘭市の輪西では豚肉の串焼きの屋台が営業していた。屋台主の一人が1937年になどの野鳥の串焼きを売り出す「鳥よし」という店を開店したが、当初から、豚の精肉とモツを使用した串焼きを提供しており、これが「室蘭やきとり」の元祖であるとされている。1939年、日中戦争で大量に必要となった軍靴を豚皮で作るため、養豚が奨励され、豚皮と肉以外は地元で食べてもよいことになったことから、豚のもつ料理を出す店が増えた。室蘭やきとり フレッシュアイペディアより)

  • 鷺とり

    鷺とりから見たスズメスズメ

    「そういう考えでは駄目だ!」と隠居が叱ると、男は「自分は金儲けの手段を持っており、一時は鳥屋に売りさばくための『スズメとり』をやっていた」という。男によると、その方法は以下のようなものであった。鷺とり フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県立宝塚西谷の森公園

    兵庫県立宝塚西谷の森公園から見たスズメスズメ

    公園内には保与谷池をはじめ、森林が公園全体に植えつけられている。生い茂った森林ではカワセミ・スズメなどを見る事が出来る。麓には川が流れており、多くの魚が生息している。また、田畑が点在しており、農業体験も出来る。兵庫県立宝塚西谷の森公園 フレッシュアイペディアより)

241件中 21 - 30件表示

「スズメ」のニューストピックワード

  • 顧客への供給は6月にドンと落ち込み、そこから徐々に回復していく