241件中 31 - 40件表示
  • 小雀町

    小雀町から見たスズメスズメ

    1889年(明治22年)に田谷・長尾台・金井の各村と合併、長尾村となる。1915年(大正4年)に、長尾村のうち旧小雀村部分が俣野村、富士見村と合併し大正村となり、他が豊田村と合併。1939年(昭和14年)4月1日に横浜市戸塚区に編入され、戸塚区小雀町が新設された。地名は鳥類のスズメ、または稲積に由来すると考えられている。小雀町 フレッシュアイペディアより)

  • コウミスズメ

    コウミスズメから見たスズメスズメ

    体長15cmほど。ウミスズメ科では最小の種類で、スズメより少し大きい程度である。くちばし、首、尾羽が短く全体的に丸っこい体型をしている。くちばしは先端だけが赤い。目の後ろに細くて白い飾り羽があり、頭から背中は灰黒色の羽毛に覆われる。足は灰色である。冬羽では腹が白いが、夏羽では腹が白と灰黒色のまだら模様となり、くちばしの上に白髪のような細かい羽毛が現れる。シラヒゲウミスズメに似るが、シラヒゲウミスズメは腹まで灰黒色で、頭部に冠羽と長い飾り羽があることで区別する。オスメスとも同じ羽色で、外見から性別を判別することはできない。コウミスズメ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカヒバリシギ

    アメリカヒバリシギから見たスズメスズメ

    体長約12cm。世界のシギ類の中で最も小さい種類で、スズメよりやや小さい。雌雄同色。成鳥夏羽は、頭から背、翼が淡い茶褐色で、顔の眉斑は不明瞭である。喉から下の体の下面は白色。冬羽では、体の上面が灰褐色になり、頭部などに黒褐色の縦斑がはいる。嘴は黒色で、足は黄緑色である。アメリカヒバリシギ フレッシュアイペディアより)

  • コイル切手

    コイル切手から見たスズメスズメ

    1997年4月10日からは一部の局には、販売時に額面を自動販売機で印字する、新方式のコイル切手(メータースタンプではない)が登場した。この切手の図案は、50円、80円、90円、130円用のスズメと稲と椿を描いたものと、速達料金の270円用の、スズメとモミジと椿を描いたものの二種がある。なお130円切手であるが、同年12月1日、対応していた定形外50グラムまでの料金が、120円に引き下げられた為、販売が中止された。実質8ヶ月しか販売されなかった上、事前に販売打ち切りが周知されていなかったため、切手収集家が十分にストックを確保できなかった。このため流通量が限られ、近年では異例なまでに市価が高くなっている。そのほか、職員のセットミスで額面10円が印字されたエラー切手や、プログラムの誤りから低額面用の台紙に額面270円が印字されたエラー切手も存在している。コイル切手 フレッシュアイペディアより)

  • ドリトル先生の郵便局

    ドリトル先生の郵便局から見たスズメスズメ

    スピーディ・ザ・スキマーを始めとするツバメは街の通りなど細かい地域を回る仕事には不適であることから、ロンドンよりスズメのチープサイドが呼び寄せられてスズメなどの小鳥が国内郵便を担うことになり、郵便受けやドアノッカーなど民家の扉に小鳥が郵便物を配達しやすいよう様々な工夫が採り入れられた。また、チープサイドの強い希望で非キリスト教国ながらクリスマスを祝う風習が始められる。ドリトル先生の郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • こむぎいろの天使 雀と少年

    こむぎいろの天使 雀と少年から見たスズメスズメ

    小学生のサブは、親に捨てられた巣に残された2羽のスズメ、ムサシ、コジローを世話する。コジローは巣を襲ったヘビに飲まれてしまう。サブはムサシを巣から出して面倒をみ、学校にも連れて行って授業中にこっそりと餌をやる。教室の中に飛び出したムサシに驚く同級生たちだったが、サブが餌の容器を叩くと戻ってきて餌を食べる様子を羨ましがる。だがサブの家族は、ムサシを自然に帰すべきだと言う。とうとうサブはムサシを山に放し、ムサシの鳴き声を聞きながら家へ戻った。こむぎいろの天使 雀と少年 フレッシュアイペディアより)

  • スズメノテッポウ

    スズメノテッポウから見たスズメスズメ

    名前は「スズメの鉄砲」で、穂が真っすぐなところを鉄砲に見立てたものと言われる。スズメノテッポウ フレッシュアイペディアより)

  • 集英社WEB文芸RENZABURO

    集英社WEB文芸RENZABUROから見たスズメスズメ

    マスコットとして読書が趣味のかわうそ・レンザブローをメインに据え、脇役としてオコジョ侍、ぶた侍、モグラ侍、すずめ侍、カエル侍、にわとり親子侍、うずら侍らを配置し、それぞれ好みの小説のジャンルが異なるという設定。集英社WEB文芸RENZABURO フレッシュアイペディアより)

  • コアカゲラ

    コアカゲラから見たスズメスズメ

    体長約16cm。スズメよりやや大きい程度の小型のキツツキである。コアカゲラ フレッシュアイペディアより)

  • 孔子鳥

    孔子鳥から見たスズメスズメ

    孔子鳥(こうしちょう)(学名:Confuciusornis、コンフシウソルニス)は、中生代白亜紀前期の中国の地層から発見されたである。大きさはスズメより少し大きいくらいである。(ジュラ紀後期との説もある)孔子鳥 フレッシュアイペディアより)

241件中 31 - 40件表示

「スズメ」のニューストピックワード

  • 顧客への供給は6月にドンと落ち込み、そこから徐々に回復していく