210件中 41 - 50件表示
  • ホオダレムクドリ

    ホオダレムクドリから見たスズメスズメ

    体長50cmほど。羽の色は黒で尾羽の先端が白、クチバシの根元に赤い肉だれがあり、ホオダレムクドリの名はそこからつけられた。森に住み、木の中の虫を食べていたという。オスとメスでクチバシの形が違う奇妙な鳥として知られ、オスは普通のスズメのような短いクチバシだが、メスのクチバシは細長く下向きに曲がっている。このため、最初は別の種の鳥と考えられていたこともあった。この違いについて、オスとメスが協力してエサをとるためとする資料が多いが、別々のエサのとり方をすることで生存の可能性を高めようとしたものとする説もある。ホオダレムクドリ フレッシュアイペディアより)

  • すずめ踊り

    すずめ踊りから見たスズメスズメ

    石垣を造ったことで城の構造についての軍事機密を知ってしまった堺石工衆は故郷に帰ることを禁じられ、仙台城下町の石切町(現在の仙台市青葉区八幡)にそのまま住み続けることになり、即興であったこの踊りを伝承し、毎年、隣接する大崎八幡宮の祭礼に奉納してきた。この踊りは、踊る姿が餌をついばむスズメに似ていることから『すずめ踊り』と呼ばれるようになる(以下、これを『正調すずめ踊り』と書く)。すずめ踊り フレッシュアイペディアより)

  • 雀刺し

    雀刺しから見たスズメスズメ

    名前の由来は、▲6八角または▲7九角が1三の地点を狙う格好が、ちょうどを捕らえるときに槍を斜めに構える姿に似ているから、と言われている(既に江戸時代から存在する「鳥刺し」と言う戦法と似ていることから、それをもじって命名したとする説もある)。雀刺し フレッシュアイペディアより)

  • SABE

    SABEから見たスズメスズメ

    主に成人向け漫画雑誌で活躍していたほか、2007年頃はワニマガジン社発行の「robot」で『雀ロボが行く〜!!』、講談社発行の「月刊アフタヌーン」で『世界の孫』などを執筆していた。エロ漫画での作風は、フェティッシュな題材のギャグ漫画である。とりわけ女性用体育着のブルマーを偏愛しており、その手のネタが多い。「月刊アフタヌーン」などの一般誌では一変して動物ネタが多い。『雀ロボが行く〜!!』では体育着姿のお姉さんも出て来るがを主人公とし、『世界の孫』ではイカが活躍している。また成人向け漫画、一般誌に共通して、主にカンフーを中心とした格闘描写が多い。SABE フレッシュアイペディアより)

  • セントルイス郡 (ミズーリ州)

    セントルイス郡 (ミズーリ州)から見たスズメスズメ

    オジロジカやコヨーテなど個体数の増えている大型哺乳類は次第に都市化されてきている。トウブハイイロリス、ワタオウサギなど齧歯動物類は豊富である。またフクロウネズミ、ビーバー、マスクラット、アライグマ、スカンクもいる。大型鳥類では野生七面鳥、カナダガン、マガモに加え、ヒメコンドルやアカオノスリのような猛禽類、ダイサギやオオアオサギなど水鳥もいる。冬季にはハクトウワシがミシシッピ川のチェイン・オブ・ロックス橋周辺で見られる。セントルイス郡は渡り鳥が通るミシシッピ飛行路にあり、アメリカ東部で見られる小型の鳥の種類も多い。外来種のスズメは、北アメリカではセントルイス周辺に限られている。セントルイス郡 (ミズーリ州) フレッシュアイペディアより)

  • フクラスズメ

    フクラスズメから見たスズメスズメ

    和名は、スズメが羽毛を逆立てて冬の寒さに耐える様を「ふくらすずめ」と呼び、丸っこくて毛に覆われたこのガに当てはめたものである。「スズメ」とあるが、鳥類でもスズメガ科でもない。フクラスズメ フレッシュアイペディアより)

  • 藤原実方

    藤原実方から見たスズメスズメ

    死後、賀茂川の橋の下に実方の亡霊が出没するとの噂が流れたとされる。また、死後、蔵人頭になれないまま陸奥守として亡くなった怨念によりスズメへ転生し、殿上の間に置いてある台盤の上の物を食べたという(入内雀)。藤原実方 フレッシュアイペディアより)

  • ロックマンMANIAX

    ロックマンMANIAXから見たスズメスズメ

    ハシレ・スズメロス - スズメ型レプリロイドロックマンMANIAX フレッシュアイペディアより)

  • ショウジョウトンボ

    ショウジョウトンボから見たスズメスズメ

    羽化直後は黄色がかって羽もキラキラで初々しい。飛翔は弱々しく、午前中の最初の飛行でツバメやスズメの餌食になることが多く観察できる。飛翔後の晩は、巣立った池の周囲の開けた草地の地面から10cm内外の高さの草の上に水平に止まっていることが多く、見つけやすい。草陰等に露を避けるようにぶら下がって止まっているのではない。概ね2?3日で姿を消す。ショウジョウトンボ フレッシュアイペディアより)

  • 矢橋船

    矢橋船から見たスズメ

    浪人が、なぜか刀を見せることを拒否したせいで大立ち回りになってしまい、弾みで、鞘が乗り合わせていた鳥刺しのかごに刺さって、中のたちが一斉に飛び出してしまう。矢橋船 フレッシュアイペディアより)

210件中 41 - 50件表示

「スズメ」のニューストピックワード