241件中 41 - 50件表示
  • ホオダレムクドリ

    ホオダレムクドリから見たスズメスズメ

    体長50cmほど。羽の色は黒で尾羽の先端が白、クチバシの根元に赤い肉だれがあり、ホオダレムクドリの名はそこからつけられた。森に住み、木の中の虫を食べていたという。オスとメスでクチバシの形が違う奇妙な鳥として知られ、オスは普通のスズメのような短いクチバシだが、メスのクチバシは細長く下向きに曲がっている。このため、最初は別の種の鳥と考えられていたこともあった。この違いについて、オスとメスが協力してエサをとるためとする資料が多いが、別々のエサのとり方をすることで生存の可能性を高めようとしたものとする説もある。ホオダレムクドリ フレッシュアイペディアより)

  • プローブス付表

    プローブス付表から見たスズメスズメ

    passer non passar(、aとeの混同)プローブス付表 フレッシュアイペディアより)

  • 砂浴び

    砂浴びから見たスズメスズメ

    image:Spatzen beim Sandbaden.jpg|スズメ砂浴び フレッシュアイペディアより)

  • 雀の松原

    雀の松原から見たスズメスズメ

    近世魚崎の松尾綾平なる人は摂津国の皇別佐々貴山君の住んだ地として正しくは「ささいの松原」と読むべきだとし、更に『古事記』と『日本書紀』での仁徳天皇の名に含まれる「ササキ」の用字がと鷦鷯が通じて用いられ、その「ササキ」が「ササイ」に音便変化する事を挙げてこの説を補強している。雀の松原 フレッシュアイペディアより)

  • かすみ網

    かすみ網から見たスズメスズメ

    現在でも観賞用(メジロなど)や食用(ツグミ・スズメなど)といった野鳥の需要は高く、かすみ網を用いた密猟は後を絶たない。特に種類を問わず捕まえてしまうため今日では狩猟行為自体が禁じられているツグミまでもを捕らえてしまう事も在り得る訳だが逆にそれらを目的にした密猟も報告されているなど関係者の意識問題にまで言及される事もあり、登山者やハイカーからの通報を求めるためにも環境省や全国の野鳥団体では様々な啓蒙活動を行い続けている。かすみ網 フレッシュアイペディアより)

  • トウネン

    トウネンから見たスズメスズメ

    全長はスズメとほぼ同じ14?15 cm、翼開長は約29 cm。シギ科の鳥の中では小型の一種で、くちばしと足も短い。和名も「今年生まれたもの」という意味で、今年生まれた赤子のごとくからだが小さいことに由来している。トウネン フレッシュアイペディアより)

  • タイリクハクセキレイ

    タイリクハクセキレイから見たスズメスズメ

    体長は 16.5 - 21cm 程度でスズメとムクドリの中間くらいだが細身。長い尾羽を絶えず上下に振る姿が特徴的である。タイリクハクセキレイ フレッシュアイペディアより)

  • カワラヒワ

    カワラヒワから見たスズメスズメ

    体長は約 14cm 、翼開長約24cmでスズメと同大だがやや小さい。全体的に黄褐色で、太い嘴と、翼(初列風切と次列風切)に混じる黄色が特徴的である。カワラヒワ フレッシュアイペディアより)

  • エナガ

    エナガから見たスズメスズメ

    体長は約14 cm(12.5-14.5 cm)、翼開長は約16 cm。体重は5.5-9.5 g。左記体長には長い尾羽を含むので、尾羽を含めない身体はスズメ(体重約24 g)と比べるとずいぶん小さい。エナガ フレッシュアイペディアより)

  • スズメウリ

    スズメウリから見たスズメスズメ

    和名は、果実がカラスウリより小さいことからとか、果実をスズメの卵に見立てたことからとか言われる。スズメウリ フレッシュアイペディアより)

241件中 41 - 50件表示

「スズメ」のニューストピックワード

  • 顧客への供給は6月にドンと落ち込み、そこから徐々に回復していく