241件中 61 - 70件表示
  • 益鳥

    益鳥から見たスズメスズメ

    稲の害虫も捕食するため。ただし、稲自体も捕食する為、駆除対象になる事もあるが、過剰な駆除は逆に害虫による被害をふやすことになる。一例として、中国で大規模な駆除が行われたものの、害虫の増加で駆除対象から外された経緯がある。スズメ(駆除・移入)も参照。益鳥 フレッシュアイペディアより)

  • ジョウビタキ

    ジョウビタキから見たスズメスズメ

    体長は13.5-15.5 cm、体重13-20 g。スズメよりわずかに小さい。オスは頭上が白く、目の周りが黒いのが特徴である。メスは頭が淡褐色でオスとは簡単に見分けられる。胸から腹、尾にかけてはオスメスとも橙色をしている。翼は黒褐色だが中ほどに白くて細長い斑点があり、ここで近縁種と区別することができる。ジョウビタキ フレッシュアイペディアより)

  • シメ

    シメから見たスズメスズメ

    全長約18cmで、スズメより大きく、ヒバリほどの大きさである。シメ フレッシュアイペディアより)

  • ベニマシコ

    ベニマシコから見たスズメスズメ

    全長約15 cm、翼開長約21 cm。ほぼスズメと同寸。ベニマシコ フレッシュアイペディアより)

  • ニュウナイスズメ

    ニュウナイスズメから見たスズメスズメ

    ニュウナイスズメ(入内雀、学名:Passer rutilans)は、スズメ科スズメ属に分類される鳥類の1種。民家近くに生息するスズメとは対照的に、林や森などを好む。黄雀(こうじゃく、おうじゃく、きすずめ)ともいう。ニュウナイスズメ フレッシュアイペディアより)

  • ドリトル先生と秘密の湖

    ドリトル先生と秘密の湖から見たスズメスズメ

    月から帰還したドリトル先生は、地球の動植物に比べて極めて長い寿命を持つ月の植物に不老長寿を実現する鍵が秘められているのではないかと考えて研究を重ねていたが思ったような成果は挙げられず、遂に研究の断念を表明する。それに前後して、助手のトミー・スタビンズはロンドンのセント・ポール大聖堂に住むスズメのチープサイドからかつて先生が西アフリカのファンティポ王国で郵政大臣に任命されていた時にノアの大洪水を生き延びたと自称するリクガメ・ドロンコを訪ねて“秘密の湖”ジュンガニーカ湖に小島を作った時の思い出話を聞かされ、気分転換を兼ねて先生を航海に連れ出すことを画策する。ドリトル先生と秘密の湖 フレッシュアイペディアより)

  • スズメノエンドウ

    スズメノエンドウから見たスズメスズメ

    和名は、カラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)より小型であることから「スズメ」を当てた。スズメノエンドウ フレッシュアイペディアより)

  • 前田新造

    前田新造から見たスズメスズメ

    1985年より、「資生堂」を冠さない新ブランドの企画に携わる。「自分で作る自分だけの化粧品」をコンセプトとするブランド「イプサ」を起ち上げ、翌年設立された「株式会社イプサ」に前田も出向した。「資生堂には戻らない、イプサに骨をうずめる覚悟」だったが、イプサの業績は低迷し事業計画を下回る結果しか残せなかった。来客が少なく立ったままのイプサの美容部員に対し、資生堂の役員から「電線にスズメが止まってチーチー鳴いているみたいだ」と厳しい批判がなされるようになった。前田新造 フレッシュアイペディアより)

  • 李王世子暗殺未遂事件

    李王世子暗殺未遂事件から見たスズメスズメ

    朝鮮独立運動家の徐相漢は、この結婚を「朝鮮独立の障害」と考え、李王世子夫妻暗殺を計画した。そして「空気銃でを取る火薬を作る」と称し、硝酸カリウムや硫黄を集めて火薬を製造した。李王世子暗殺未遂事件 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山水了軒

    和歌山水了軒から見たスズメスズメ

    紀淡海峡産のチャリコと呼ばれる小鯛を酢でしめたものを寿司飯とあわせた寿司。姿がに似ていることから「雀寿司」と呼ばれている。盛り付け方や個数が異なる商品が何種類かある。和歌山水了軒 フレッシュアイペディアより)

241件中 61 - 70件表示

「スズメ」のニューストピックワード

  • 顧客への供給は6月にドンと落ち込み、そこから徐々に回復していく