210件中 71 - 80件表示
  • 雀の松原

    雀の松原から見たスズメスズメ

    近世魚崎の松尾綾平なる人は摂津国の皇別佐々貴山君の住んだ地として正しくは「ささいの松原」と読むべきだとし、更に『古事記』と『日本書紀』での仁徳天皇の名に含まれる「ササキ」の用字がと鷦鷯が通じて用いられ、その「ササキ」が「ササイ」に音便変化する事を挙げてこの説を補強している。雀の松原 フレッシュアイペディアより)

  • 麻雀牌

    麻雀牌から見たスズメスズメ

    一索のデザインは、国・地域だけでなく、製造業者によっても千差万別である。一索には通常孔雀がデザインされているが、骨董品の中には鶴、といった別の鳥類がデザインされているものもあるほか、タケノコや魚がデザインされている稀少品も存在する。麻雀牌 フレッシュアイペディアより)

  • 腰折雀

    腰折雀から見たスズメ

    あるところに優しいお婆さんがいた。ある日のこと、腰の折れたを助け出し、水や米をやったりしていろいろと世話をした。そのうち、ケガも治って元気になった雀はどこかへ飛んでいった。しばらくして再びお婆さんの所を訪れた雀は、世話になったお礼といって種を置いていった。腰折雀 フレッシュアイペディアより)

  • 鷺とり

    鷺とりから見たスズメ

    「そりゃね、あたしだって、遊んでばかりいては駄目だって自覚しているんですよ。いろいろと商売を考えているんです。例えば…そう、を捕まえるとか」鷺とり フレッシュアイペディアより)

  • 川の光

    川の光から見たスズメスズメ

    木原公園に住んでいるスズメの牡の雛。人間の子供達に巣を襲われ逃げ出したが、まだ上手く飛べず、川辺に打ち上げられていた所をチッチ達と逸れたタータに助けられる。元気になってからは両親と共に度々タータ達の所へ遊びに出掛ける。川の光 フレッシュアイペディアより)

  • 眠り猫

    眠り猫から見たスズメスズメ

    日光東照宮を訪ねると様々な建物に多様な動物を見ることができる。これらの動物のほとんどは平和を象徴するものとして描かれている。奥社入口を護る「眠り猫」は、前足をしっかりと踏ん張っている事から、実は徳川家康を護るために寝ていると見せ掛け、いつでも飛びかかれる姿勢をしているともいわれているが、もう一つの教えとして(裏でが舞っていても)「猫も寝るほどの平和」を表しているのである。眠り猫 フレッシュアイペディアより)

  • ムリェト島

    ムリェト島から見たスズメスズメ

    第2の被害はマングースの増加である。中世、ヘビの数を減らす目的で島に持ち込まれた(島は明らかに完全に荒らされた)。マングースがヘビ駆除を行う間に、彼らは島に生息する野生の鳥類の生態を冒した(鳥の卵を捕食した)。今日まで、島はスズメのような生け垣に住む鳥類が目立っている。ムリェト島 フレッシュアイペディアより)

  • 院政期文化

    院政期文化から見たスズメ

    大阪府河内長野市の金剛寺所蔵の『野辺雀蒔絵手箱』は12世紀の作で、重要文化財に指定されている。親が子に餌を与えるすがたは、宋画における定形の図様を借用しているとの指摘があり、また、野辺に雑草を描くのも北宋の影響とみられる。院政期文化 フレッシュアイペディアより)

  • 弓 (武器)

    弓 (武器)から見たスズメ

    雀小弓 - 平安時代に公家の子供に与えられたもっとも小さな和弓であり、「ほどの小動物しか射抜けない」ことや「小ささを雀に例えて」このような名称になっていると諸説ある。弓 (武器) フレッシュアイペディアより)

  • エピデンドロサウルス

    エピデンドロサウルスから見たスズメスズメ

    中国で発見されたマニラプトル類に属する獣脚類で、その形態にはいくつものユニークな特徴が見られる。発見された標本は1個体分で、多くの部位が印象化石だったが、ほぼ全身を復元できる要素が残されていた。発見された化石はスズメほどの大きさの幼体のもので、成体の全長などは不明だが、獣脚類としても比較的小型のようだ。エピデンドロサウルス フレッシュアイペディアより)

210件中 71 - 80件表示

「スズメ」のニューストピックワード