241件中 71 - 80件表示
  • 舌切り雀

    舌切り雀から見たスズメスズメ

    むかしむかしあるところに心優しいお爺さんと欲張りなお婆さんの老夫婦がいた。ある日、お爺さんは怪我をしていたを家に連れ帰って手当てをした。山に帰そうとしたが雀はお爺さんにたいそう懐き、お爺さんも雀に情が移り、名をつけて可愛がることにした。しかし、雀を愛でるお爺さんの様子をお婆さんは面白くなく思っていた。お爺さんが出掛けたある日、お婆さんが井戸端で障子の張り替えに使うために作った糊(続飯)を雀は食べてしまった。怒ったお婆さんは「悪さをしたのはこの舌か」と雀の舌をハサミで切ってしまい、どこにでも行ってしまえと外に放ってしまう。そのことを聞いたお爺さんは雀を心配して山に探しに行くと、藪の奥に雀たちのお宿があり、中からあの雀が出てきてお爺さんを招き入れてくれた。雀は、お婆さんの糊を勝手に食べてしまったことを詫び、怪我をした自分を心配して探しに来てくれたお爺さんの優しさに感謝を伝えた。そして仲間の雀たちとたいへんなご馳走を用意してくれ、歌や踊りで時が経つのを忘れるほどもてなしてくれた。帰りにはお土産として大小2つのつづらが用意されていた。お爺さんは、自分は年寄りなので小さい方のつづらで十分と伝え、小さなつづらを背負わせてもらい雀のお宿をあとにする。家に帰り中を見てみると金や銀、サンゴ、宝珠の玉や小判が詰まっていた。欲張りなお婆さんは、大きなつづらにはもっとたくさん宝物が入っているに違いないと、雀のお宿に押しかけ、大きい方を強引に受け取る。雀たちから「家に着くまでは開けてはならない」と言われたが、待ち切れずに帰り道で開けてみると中から魑魅魍魎や虫や蛇が溢れるように現れ、お婆さんは腰を抜かし気絶してしまう(魑魅魍魎に食い殺されてしまう、又は妖怪から命からがら逃げ切り改心するという説もあり。また、お婆さんは約束を守り自分からつづらを開けなかったが、手を離した瞬間に自然につづらが開いてしまったとする説もある。)。その話を聞いたお爺さんは、お婆さんに「無慈悲な行いをしたり、欲張るものではない」と諭した。舌切り雀 フレッシュアイペディアより)

  • 沼田場

    沼田場から見たスズメスズメ

    体表をきれいにする行動には、大型哺乳類の'' のほか、スズメなど鳥類の砂浴び 、ヒトの入浴にも該当する水浴び'' などがある。沼田場 フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見たスズメスズメ

    全長約12 cmで、スズメよりも小さい。翼開長は約18 cm。緑がかった背と暗褐色の羽を持ち、雌雄同色。目の周りの白い輪が特徴であり、名前の由来ともなっている(なおメジロ科に属する鳥は英名でも "White-eye" と呼ばれ、また中国語名では「繡眼鳥」と呼ばれ、やはり名前の由来となっている)。室町時代からメジロの名で知られている。昔は「繡眼児」という漢字が用いられていた。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • コゲラ

    コゲラから見たスズメスズメ

    全長15 cm(13-15 cm) で、スズメと同じくらいの大きさ。翼開長は約27 cm。体重18-26 g。日本に生息するキツツキとしては最も小さい。オスよりメスがやや大きい。灰褐色と白のまだら模様の羽色をしている。南方に分布するものほど体色が濃くなる傾向がある。雌雄の羽色の違いは後頭部にある赤い斑の有無(雄にある)程度だが、野外ではほとんど見えないため、羽色で雌雄を区別することは困難なことも多い。足には前指2本と後指2本がある。コゲラ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ピアジェ

    ジャン・ピアジェから見たスズメスズメ

    1907年、10歳で白スズメ(仏語:moineau albinos)についての観察を論文にまとめ、「ヌーシャテル博物学雑誌」に発表。1頁だけのものであったが、ヌーシャテル自然史博物館の館長のポール・ゴデーにそれを認められ、週2回は彼の元で学校の放課後非常勤の助手を勤める機会を与えられた。ゴデーは1911年に死去するが、ピアジェは、スイス、フランス、プロイセンの雑誌に軟体動物についての論文を発表。次第に生物学が認識論の諸問題を解決する糸口を持っているのではないかという考えを持つようになる。ジャン・ピアジェ フレッシュアイペディアより)

  • すずめのお宿緑地公園

    すずめのお宿緑地公園から見たすずめスズメ

    当地一帯は住宅地になる前までは農村で特に竹林が多く、目黒付近はたけのこの産地として知られていた。たけのこの生産は昭和初期ころまで続き、一帯の竹林にはすずめが多く飛び交い、いつしか「すずめのお宿」と呼ばれるようになった。やがて付近が宅地へと変わっていき、たけのこの生産も見られなくなってきた。そのような中地元の一住民の遺志により、没後自身の所有地が寄付されることになった。目黒区により公園として整備され「すずめのお宿緑地公園」として1981年4月1日に開園した。すずめのお宿緑地公園 フレッシュアイペディアより)

  • くーまん

    くーまんから見たスズメ

    歌がとても上手な。その歌声はくーまんも聴き入ってしまうほど。くーまん フレッシュアイペディアより)

  • ARMORED CORE TOWER CITY BLADE

    ARMORED CORE TOWER CITY BLADEから見たスズメスズメ

    ザラマンダー:ドイツの小型ジェット戦闘機、ハインケルHe162の通称(正式にはシュパッツであり、スズメの意)ARMORED CORE TOWER CITY BLADE フレッシュアイペディアより)

  • ドリトル先生と緑のカナリア

    ドリトル先生と緑のカナリアから見たスズメスズメ

    ピピネラの波瀾万丈な半生にすっかり感心させられた先生はロンドン興行の目玉としてピピネラ自身を主演とする「カナリア・オペラ」を思い立ち、このオペラは好評の内に閉幕するが、サーカス団の解散後はピピネラと出会った当初に約束した通り、先生の家があるパドルビーへ帰る前にピピネラの元の飼い主である窓ふき屋の行方を捜すことになった。先生はまず、ピピネラと犬のジップを連れてウィンドルミアを訪れる。そこで風車小屋を訪れた後、ロージーおばさんを訪ねてそこで飼われていたオウムから窓ふき屋がロンドンへ行ったらしいとの情報を得る。先生は早速、スズメのチープサイドに窓ふき屋の特徴を伝えて捜索を依頼し、翌日にはそれらしき男性が貧民病院に収容されているとの情報がもたらされた。ドリトル先生と緑のカナリア フレッシュアイペディアより)

  • チュンチュンワールド

    チュンチュンワールドから見たスズメスズメ

    1994年に放送された楽曲で、スズメをテーマにした児童向け体操。ミュージックビデオはアニメパートと実写パートの両方が存在し、実写パートでは、「体操のお兄さん」的な役として池谷幸雄、また人気タレントの今田耕司と東野幸治がスズメの着ぐるみ姿で出演している。なお池谷・今田・東野の『みんなのうた』出演は、今のところこれが唯一。チュンチュンワールド フレッシュアイペディアより)

241件中 71 - 80件表示

「スズメ」のニューストピックワード

  • 顧客への供給は6月にドンと落ち込み、そこから徐々に回復していく