189件中 91 - 100件表示
  • スズメ

    スズメから見たコーカサス

    P. montanus. transcaucasicus (Buturlin, 1906) - コーカサス南部(グルジアの黒海沿岸からイラン北部)。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見たホオジロ

    全長は約14-15cmで、体重は18-27g。ホオジロより小さく、シジュウカラぐらいの大きさ。日本では鳥の大きさ等を比較する場合の基準となる「ものさし鳥」と呼ばれる基本種となる(他に ムクドリ、キジバト、ハシブトガラスなど)。翼長6.7-7.4cm、尾長4.3-4.9cm。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見た

    食性は雑食性で、イネ科を中心とした植物の種子やを食べる。また、都市部に生息するスズメはサクラの花の蜜、パン屑・菓子屑や生ゴミまで、何でも食料にする。このような雑食性が、都市部での繁殖を可能にした理由の1つと考えられている。繁殖期には子育てのために虫を好んで捕獲する。夏から秋にかけては稲に対する食害も起こす。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見た漂鳥

    生息地は、都市、農村、里などの人の居住域付近であり、一年中見られる留鳥または漂鳥である。典型的なシナントロープで、人間が住み始めた集落にはスズメも居着き、逆に人間が離れ集落が無人になるとスズメも見られなくなるという傾向がある。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見たコシアカツバメ

    自然にあるもので営巣する場合、木の洞(きのうろ)や、さらに樹木の枝の茂みに球形の巣を作ることもある。ツバメなど他の鳥の古巣を利用することもあり、造巣中のコシアカツバメの巣を奪って使った観察記録もある。まれにスズメバチの古巣を利用した例も報告されている。また、トビやクマタカなど猛禽類の巣の下部裏側に営巣することもあり、これは猛禽類の近くに外敵が来ないことを利用していると考えられる。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見たノスリ

    都市部では、猫、カラスおよび小型の猛禽類(例えばチョウゲンボウ)などが捕食者になっている。農村部ではこれらに加え、中型以上の猛禽類(例えばノスリ、オオタカ、フクロウ)も捕食者になる。かつては、ヒトも影響力の大きな捕食者であった。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見た南千島

    北海道から沖縄まで見られる。北海道、南千島、本州、粟島、佐渡、隠岐、見島、四国、九州、対馬、五島列島、屋久島、伊豆諸島、奄美大島、琉球諸島、大東諸島では留鳥であり、舳倉島、男女群島、種子島には旅鳥として、またトカラ列島にもまれに認められる。ただし、いくつかの離島には分布していない。例えば、本州から1,000 kmほどある小笠原諸島には生息していないが、これは分散の機会がないからだと思われる。本州から最も距離があるのに分布しているのは、沖縄本島から400 kmほどの南大東島、北大東島である。一方で、舳倉島など能登半島から50 kmほどだが留鳥として分布していない所もあるので、分布は単純に本州からの距離だけで決まるわけではないようである。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見たハシブトガラス

    全長は約14-15cmで、体重は18-27g。ホオジロより小さく、シジュウカラぐらいの大きさ。日本では鳥の大きさ等を比較する場合の基準となる「ものさし鳥」と呼ばれる基本種となる(他に ムクドリ、キジバト、ハシブトガラスなど)。翼長6.7-7.4cm、尾長4.3-4.9cm。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見たパキスタン

    P. montanus. dilutus (Richmond, 1896) - トランスカスピアからパキスタン西部、ゴビ砂漠、中国西部(新疆)。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見たスズメガ科

    昆虫ではガの仲間「スズメガ(鳥類とは別にベニスズメとも呼称)」の標準和名は「ガ」を省略するため「-スズメ」となる。フクラスズメというガもいるが、これはスズメガ科ではなくヤガ科である。他にスズメバチなどがあり、スズメという呼称が付いたガと同様に、他のガやハチより大きいという形容からスズメが冠されている。スズメ フレッシュアイペディアより)

189件中 91 - 100件表示

「スズメ」のニューストピックワード