189件中 11 - 20件表示
  • スズメ

    スズメから見たハチ

    昆虫ではガの仲間「スズメガ(鳥類とは別にベニスズメとも呼称)」の標準和名は「ガ」を省略するため「-スズメ」となる。フクラスズメというガもいるが、これはスズメガ科ではなくヤガ科である。他にスズメバチなどがあり、スズメという呼称が付いたガと同様に、他のガやハチより大きいという形容からスズメが冠されている。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見たネズミ

    中国においては1955年当時、大躍進政策の一環として行われた「四害追放運動」において、ネズミ、ハエ、カとともにスズメを撲滅させるという計画が実施され、大規模な人海戦術で、年に11億羽以上も捕獲したといわれている。1960年にはスズメは対象から外され、代わってナンキンムシが加えられた。スズメが外された理由は中国側が発表していないので良く分かっていないが、一説には、スズメを駆除したことで農作物の害虫が増え、全国的に凶作となったためともいわれている。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見たボルネオ島

    西はポルトガルから東は日本までユーラシア大陸の広い範囲に分布する。ただし北はあまり寒い地方にはおらず、北緯でいえば60数度が北限である。またインドにはほとんどいない。ボルネオ島、スマトラ島、ジャワ島などの熱帯または亜熱帯の地域にも分布域がある。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見た伊豆諸島

    北海道から沖縄まで見られる。北海道、南千島、本州、粟島、佐渡、隠岐、見島、四国、九州、対馬、五島列島、屋久島、伊豆諸島、奄美大島、琉球諸島、大東諸島では留鳥であり、舳倉島、男女群島、種子島には旅鳥として、またトカラ列島にもまれに認められる。ただし、いくつかの離島には分布していない。例えば、本州から1,000 kmほどある小笠原諸島には生息していないが、これは分散の機会がないからだと思われる。本州から最も距離があるのに分布しているのは、沖縄本島から400 kmほどの南大東島、北大東島である。一方で、舳倉島など能登半島から50 kmほどだが留鳥として分布していない所もあるので、分布は単純に本州からの距離だけで決まるわけではないようである。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見たかかし

    春先は苗の害虫を食べる益鳥として扱われ、秋には稲の籾米(もみごめ)を食害する害鳥となり、古来からスズメを追い払うため、「スズメ追い」「鳥追い」などという風習が各地にあり、それに関する民謡、民話なども伝えられている。かかしもスズメ追いの道具として作られたものである。害鳥としてスズメを追い払う行為が行われる一方、スズメの恩返しなどの報恩譚では親しみを持って描かれてきた。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見た大潟村

    巣の材料として、イネ科の植物などの繊維状のものを用いるので、営巣時期にはそれらをくわえて飛ぶ様が見られる。巣の大きさや形状は営巣場所の穴の形や隙間によって変わる。巣に人間などの外敵が近付くと「ヂヂヂヂヂヂ」と短く高い声で警告されるが、この場合、卵の有無は問わず、ある程度完成した巣であると警告を行うとされる。毎日1個の卵を産み、1つの巣に産む卵の数は4-8個とされ、5-6卵が75%を占める。2010年には、秋田県大潟村で、9卵が産みこまれていた例が報告されている。卵は灰白色で、紫褐色や灰色、黒褐色の斑があり鈍端側に多い。卵の大きさは1.7-2.25cm × 1.3-1.55cm。雌雄が抱卵し11-12日で孵化する(抱卵日数は12-14日)。ヒナは晩成性で12-14日で巣立つ。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見たカール・フォン・リンネ

    P. montanus. montanus (Linnaeus, 1758) 基亜種 - ヨーロッパからアフリカ北部、モンゴル北部、満州、オホーツク海。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見たジャワ島

    西はポルトガルから東は日本までユーラシア大陸の広い範囲に分布する。ただし北はあまり寒い地方にはおらず、北緯でいえば60数度が北限である。またインドにはほとんどいない。ボルネオ島、スマトラ島、ジャワ島などの熱帯または亜熱帯の地域にも分布域がある。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見たナンキンムシ

    中国においては1955年当時、大躍進政策の一環として行われた「四害追放運動」において、ネズミ、ハエ、カとともにスズメを撲滅させるという計画が実施され、大規模な人海戦術で、年に11億羽以上も捕獲したといわれている。1960年にはスズメは対象から外され、代わってナンキンムシが加えられた。スズメが外された理由は中国側が発表していないので良く分かっていないが、一説には、スズメを駆除したことで農作物の害虫が増え、全国的に凶作となったためともいわれている。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見た鳥インフルエンザ

    スズメは鳥獣保護法で狩猟鳥に指定されており、焼き鳥等に食用もされてきた。特に京都伏見稲荷では門前の名物になっている。しかし、現在は需要の低下、狩猟者の高齢化により、およびスズメの個体数減少により捕獲されるスズメの数は減ってきている。一時、中国、韓国から食用のスズメが輸入されていたが、鳥インフルエンザ対策のために現在ではほとんど輸入されていない。スズメ フレッシュアイペディアより)

189件中 11 - 20件表示

「スズメ」のニューストピックワード