189件中 81 - 90件表示
  • スズメ

    スズメから見た円錐

    くちばしは短くて太い円錐形で、小さな餌をついばむために都合がよい構造となっている。嘴峰長は0.9-1.2cm。足は淡褐色で、跗蹠長は1.65-1.8cm。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見たキジバト

    全長は約14-15cmで、体重は18-27g。ホオジロより小さく、シジュウカラぐらいの大きさ。日本では鳥の大きさ等を比較する場合の基準となる「ものさし鳥」と呼ばれる基本種となる(他に ムクドリ、キジバト、ハシブトガラスなど)。翼長6.7-7.4cm、尾長4.3-4.9cm。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見た植物

    植物では、スズメノテッポウ、スズメノエンドウなどがあり、は小さいという形容からスズメが冠されている。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見た雀刺し

    雀刺し - 将棋の戦法。詳細はリンク先を参照。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見たフクラスズメ

    昆虫ではガの仲間「スズメガ(鳥類とは別にベニスズメとも呼称)」の標準和名は「ガ」を省略するため「-スズメ」となる。フクラスズメというガもいるが、これはスズメガ科ではなくヤガ科である。他にスズメバチなどがあり、スズメという呼称が付いたガと同様に、他のガやハチより大きいという形容からスズメが冠されている。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見た屋根

    日本では人間の生活に密着しているので、多くは瓦の下や雨樋と屋根の隙間などの屋根の軒の隙間や、この他にも人の住んでいない家や集合住宅の換気扇カバーの中や煙突、プレハブの鉄骨の隙間や穴など直径 3センチメートル または 2.5 cm × 4 cm ほどの隙間さえあれば入り込んで営巣することがある。人間が設置した巣箱も利用するが、この際は出入口の位置まで巣材を積み上げる習性がある。他に、電話線の分配ボックス、電柱トランス下のスペース、交通標識の横に伸びたパイプ等でも営巣する。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見た長江

    P. montanus. iubilaeus (Anton Reichenow, 1907) - 中国東部(遼寧から長江下流、陝西)。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見た大躍進政策

    中国においては1955年当時、大躍進政策の一環として行われた「四害追放運動」において、ネズミ、ハエ、カとともにスズメを撲滅させるという計画が実施され、大規模な人海戦術で、年に11億羽以上も捕獲したといわれている。1960年にはスズメは対象から外され、代わってナンキンムシが加えられた。スズメが外された理由は中国側が発表していないので良く分かっていないが、一説には、スズメを駆除したことで農作物の害虫が増え、全国的に凶作となったためともいわれている。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見た雨樋

    日本では人間の生活に密着しているので、多くは瓦の下や雨樋と屋根の隙間などの屋根の軒の隙間や、この他にも人の住んでいない家や集合住宅の換気扇カバーの中や煙突、プレハブの鉄骨の隙間や穴など直径 3センチメートル または 2.5 cm × 4 cm ほどの隙間さえあれば入り込んで営巣することがある。人間が設置した巣箱も利用するが、この際は出入口の位置まで巣材を積み上げる習性がある。他に、電話線の分配ボックス、電柱トランス下のスペース、交通標識の横に伸びたパイプ等でも営巣する。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見た日本

    2008年における日本本土のスズメの成鳥個体数は、約1800万羽と推定されている。ただしこの推定には誤差があるため、数千万羽の桁と考えるのが妥当と思われる。この数千万羽は成鳥個体数の推定値なので、秋冬にはこの数倍になると思われる。スズメ フレッシュアイペディアより)

189件中 81 - 90件表示

「スズメ」のニューストピックワード