前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
751件中 1 - 10件表示
  • 宮崎駿

    宮崎駿から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    株式会社スタジオジブリ取締役、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事長、三鷹市立アニメーション美術館(三鷹の森ジブリ美術館)館主。宮崎駿 フレッシュアイペディアより)

  • いずみ包

    いずみ包から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    自称日本唯一のジブリ芸人として、宮崎駿監督のソックリさん、ジブリものまね等のネタも披露している。いずみ包 フレッシュアイペディアより)

  • 山田達也 (建築家)

    山田達也 (建築家)から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    一般の住宅の設計なども手掛けているが、そのほかにスタジオジブリに関連する作品に多く携わっている。スタジオジブリの第二スタジオ、第三スタジオ、第五スタジオは、いずれも山田の設計によるものである。また、スタジオジブリ取締役でもある宮崎駿の個人アトリエと、駿の個人事務所「二馬力」が置かれている「豚屋」や「草屋」も設計した。木造家屋の勾配がある屋根を緑化する試みは珍しく、雑誌などで取り上げられている。山田達也 (建築家) フレッシュアイペディアより)

  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

    ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qから見たスタジオジブリスタジオジブリ

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(エヴァンゲリオン しんげきじょうばん:キュー / )は、2012年11月17日に公開された日本のアニメーション映画。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』全4部作の第3作目にあたる。スタジオジブリ製作の特撮短編映画『巨神兵東京に現わる 劇場版』と同時上映された。略称は「ヱヴァQ」、「エヴァQ」など。ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q フレッシュアイペディアより)

  • 川上量生

    川上量生から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    川上 量生(かわかみ のぶお、1968年9月6日 - )は、日本の実業家、映画プロデューサー。カドカワ株式会社代表取締役社長、株式会社ドワンゴ取締役CTO、株式会社Gzブレイン取締役、株式会社ブックウォーカー取締役、株式会社角川アスキー総合研究所取締役兼主席研究員、株式会社スタジオジブリ所属、株式会社カラー取締役、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事、学校法人角川ドワンゴ学園理事。川上量生 フレッシュアイペディアより)

  • 魔女の宅急便 (1989年の映画)

    魔女の宅急便 (1989年の映画)から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    『魔女の宅急便』(まじょのたっきゅうびん、英題:)は、スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画作品。監督は宮崎駿。宮崎が監督を務めたスタジオジブリの長編映画としては初の、他者の原作による作品であり、宮崎が『ハウルの動く城』の監督に就くまで15年間にわたって唯一の作品であった。主題歌には荒井由実の楽曲が採用された。魔女の宅急便 (1989年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 風の谷のナウシカ (映画)

    風の谷のナウシカ (映画)から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    アニメージュを発行する徳間書店と広告代理店の博報堂による製作委員会方式で映画化され、宮崎自身が監督・脚本を手がけた。高畑勲・鈴木敏夫・久石譲ら、のちのスタジオジブリ作品を支えるスタッフが顔を揃えている。風の谷のナウシカ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 千と千尋の神隠し

    千と千尋の神隠しから見たスタジオジブリスタジオジブリ

    『千と千尋の神隠し』(せんとちひろのかみかくし)は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。日本歴代興行収入第1位。千と千尋の神隠し フレッシュアイペディアより)

  • アニメーション映画

    アニメーション映画から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    1980年代に入ると、『風の谷のナウシカ』(1984年)が劇場公開され、この後スタジオジブリを立ち上げた高畑勲や、宮崎駿らが2年に1本程度の間隔で『天空の城ラピュタ』(1986年)、『となりのトトロ』(1988年)などのオリジナル劇場用アニメ映画を公開した。宮崎らの始めたジブリは新しいレーベルであり、彼らの才能はまだ一部のアニメファンにしか気づかれておらず、興行面ではドラえもんや東映まんがまつりなどの後塵を拝し続けた。ジブリが商業的に大成功を収め一般大衆の誰もが知るような知名度になるのは1990年代以降である。アニメーション映画 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    作家性の強さが災いし、『天使のたまご』以降3年間アニメの仕事を失う。1987年、声優・千葉繁のプロモーションビデオを自主制作する話が発展し、『うる星やつら』も担当した音響制作会社オムニバスプロモーションの製作による実写作品『紅い眼鏡/The Red Spectacles』を監督。これ以後、アニメのみならず、実写にも活動の場を広げる。1991年には『ケルベロス・サーガ』の第2作として『ケルベロス-地獄の番犬』を公開。本作のロケハンで移動中、台北へ向けて搭乗するはずだった飛行機が墜落、乗員・乗客全員死亡という惨事が起こるが、予算の都合で飛行機を諦めてクルマで移動することに変更したことで難を逃れている。『紅い眼鏡』のパンフレットには宮崎駿が自分が脚本、押井が監督するはずだったスタジオジブリのアニメ映画の企画がつぶれてしまった話が寄稿されている。押井守 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
751件中 1 - 10件表示

「スタジオジブリ」のニューストピックワード